男子バレーボール部 ブログ開始!

男子バレーボール部、ブログ始めます!

 

 

 

 

 

現在、1・2年生新チームで

7月4日~6日に行われる県総体に向けて頑張っています。

 

1年間公式戦で1勝もできない暗いトンネルの中にいた男子バレーボール部ですが

過日の行われた地区大会で奇跡のような4勝をあげ、目標であった県大会出場を勝ち取りました。

県大会では他地区のチームの胸を借り、成長の種を掴んできたいと思います。


東北ルーキーリーグ 第6節

2019.6.30.Sun
東北ルーキーリーグ 第6節
広野町サッカー場

0ー2 ふたば未来

『闘う‼️』
サッカーというスポーツは、個人競技ではない。全員でやるもの。
試合は勝ちを目指す。
現有戦力を分析し、強みと弱みを抽出し、トレーニングする。
そして、試合においては、その強みを全面に出し、弱みをみせない。
その弱みは、全員でカバーすることである。
サッカーはミスのスポーツとも言われる。
したがって、他選手のミスをカバーする人間性がなければ、チーム、ゲームは成立しない。

『闘う』とは、その人間性をもち、チームの弱みを理解し、カバーすることである。

本日、遠方にも関わらず、多くの皆様の応援頂きました。
ありがとうございました。

県北リーグ第8節

2019.6.29.Sat
県北リーグ 第8節
十六沼公園

6ー0 安達

『隙のない戦い❗』

プリンスでの初勝利の勢いから、このゲームも勢い良く、圧倒的な勝利。県北リーグにおいて、いまだ全勝。
すばらしいゲームの連続である。

しかし、我々が目指すものはここがベストではない。
したがって、このゲームの厳しい反省から成長につなげることが、プリンスに昇格することや選手権につながってくる。

イージーなミスをなくすことや攻守の切り替えの早さ、球際で圧倒することなど、まだまだ課題はある。

もっとトレーニングで激しく、熱く、湯気のでるような戦いをしてほしい。

来週トレーニングが厳しい競争になることに期待する❗

悪天候の中、プリンスに続いての連戦にも、関わらず、多くのサポーターの方々に熱い応援いただいたこと、こころより感謝致します。
ありがとうございました。

プリンスリーグ東北 第9節

2019.6.29.Sat
プリンスリーグ東北 第9節
十六沼公園

3ー2 秋田商業

『このゲームの価値とは?』

今季初勝利。見事だった。
このゲームにおいて、初スタメンが2名、出場停止とケガによりメンバー外の選手がいた。
それぞれが不慣れなポジションをやったり、初めてのスタメンの選手をカバーしなければならないという厳しい状況だった。

ゲームは先制するもすぐに追い付かれ、2点目を奪うもロングスローから同点に追い付かれる。いつもの流れかと嫌なムードになる。
しかし、今日は違った。
選手が冷静だった。
でも、熱い思いがあった。
その後、3点目を奪い、相手を引き離し、見事な勝利だった。

もちろん、勝ち点3を奪ったことには、大きな価値がある。
しかし、それ以上に出場停止で出場できない選手、ケガにより出場できない選手がいたなかでそれをみんなで補い、そして初スタメンの選手のカバーをし、慣れないポジションをやった選手をカバーをし、全員で勝ち取ったことに大きな価値があると思う。

いままで、常にいいゲームをしてきた。でも、何が足りなかった。
今日、答えが見えた。
今後、躍動する大きな価値を得た。

本日も多くのサポーターの方々に熱い応援いただいたこと、こころより感謝致します。
ありがとうございました。

さぁ、練習だ!!

期末考査前半戦終了です。バスケ部は水曜日から教室で勉強会。

本日より練習再開です。現在夏休みの予定を組んでいるのですが、

進学コース:課外授業

福祉コース:介護職員初任者研修

電気・情報電子科:第1種電気工事士補講

機械科:ボイラー取扱者技能講習

うーん・・・。日程を組むのが非常に難しいです。(汗)

上手に「文武共生」していきながら、

8月31日の大会に向けたチーム作りをしていきたいと思います。

東北制覇の剣道部に表彰伝達!

第65回東北高等学校体育大会剣道競技で見事優勝を果たした剣道部に、表彰伝達が行われました。

剣道部は予選リーグで青森商業高校、本庄高校(秋田)を圧倒すると、準々決勝では山形工業高校を3対0、準決勝では秋田の明桜高校を2対1、そして決勝戦では小牛田農林高校(宮城)をやぶり初優勝を果たしました。

既にインターハイを決めている剣道部。ぜひ「東北覇者」として胸を張って全国制覇への厚い壁を破ってきてください!期待しています!

陸上競技部が県総体県北大会で活躍!

陸上競技部が県総体の県北大会で大活躍です。
皆さん、今後もしっかり練習を積んで、県大会でも好成績を残してくださいね!

<男子三段跳び>
第1位 斎藤駿一君(3年電気科 桃陵中)
<男子1500m>
第1位 石幡 廉君(3年機械科 醸芳中)
第2位 瓜生一輝君(3年電気科 醸芳中)
<男子800m>
第1位 瓜生一輝君
第2位 小林晴樹君
<男子5000m競歩>
第2位 斎藤 学君(2年機械科 桃陵中)
<男子3000m>
第3位 武藤巧真君(1年機械科 東和中)
<男子4×400mR>
第2位 石川大輝(3年普通科福祉 白石東中) 石幡廉
村上桜介(3年普通科進学 福島第一中) 佐藤 望(3年機械科 桃陵中)
<女子円盤投げ>
第1位 安田友香(1年普通科進学 安達中)
第3位 阿部雪那(3年普通科進学 県北中)
<女子砲丸投げ>
第3位 安田友香
<女子やり投げ>
第3位 阿部来美(3年普通科進学 霊山中)
<女子走幅跳>
第3位 佐藤穂乃香(3年普通科進学 安達中)

以上、選手の皆さんおめでとうございます!また、県大会でも頑張ってください!

言葉にする勇気

新チームとなり、初の公式試合から1週間。

大会後のミーティングで新部長に、

「このチームに足りないものは?」と質問したところ、

「スタミナです。」と即答。

よく言ってくれました。

わかっていても自分が、チームが苦しくなることは、

なかなか言えないものです。

勇気を持って言ってくれた部長に報いるべく、即行動。

その日の練習からスタミナアップのメニューに変更しました。

「苦しいことをどうせやるなら笑顔でやろう。」

汗だくになりながらも、有言実行すべく、一生懸命練習に励んでいました。

9月の公式大会に向けて、新たな出発です。