スペシャルインタビュー 山本真弥×紺野まりあ 掲載!

スペシャルインタビュー

山本真弥(3年普通科進学コース 桃陵中)
福島大学行政政策学類 合格
                ×
              紺野まりあ(3年普通科進学コース 白石中)
福島県立医科大学看護学部 合格

 「目標ってやっぱり大事!」

Q どんな高校生活でしたか?

Y なかなか成績が伸びない時期もありましたが、先生や友達が力になってくれて乗り切ることができました。特に2年生の頃は苦労しましたね。勉強量に比べてなかなか成績が伸びなかった。「受験まであと1年ある」という変な余裕があったのが原因ですかね。

 特に英語の勉強には苦労しました。でも、担当の先生といろいろ話して、先生から特別にプリントなどを作ってもらったりしましたね。悩みながら進んでいきましたが、センターの1年前になると目標が定まった感じで成績が伸びていきました。

K 私の転機は2年生の夏に福島医科大のオープンキャンパスに行ったことですね。なんとしてココに行きたい!って強烈に思ったんです。オープンキャンパスの帰りには、親や担任の先生に「私、絶対ココに行く!」って宣言しましたから。その頃はまだ全然成績も足りていなかったので、先生からも「まあちょっと落ち着け」みたいな(笑)。でも、私も目標が定まってからは明らかに意識が変わったと思います。やっぱり目標って大事ですね!

 自分のペースで、自主的にできる。そこが魅力!

Q お二人は「スーパースカラシップ制度」での入学でした。

Y はい。最初特待生のお話しを頂いたときには、「まさか私が?」と思ったのですが、将来のことを考えても、また高校に入って勉強の環境もいいなと思って聖光に決めました。聖光学院のスカラシップは、自分のペースで、自主的に勉強を進めることができるのがいいですね。最初の方は勉強のやり方がよく分からなかったのですが、進めていくうちにだんだん自分にあったやり方が分かってきて、効率よく勉強を進めることができました。

K 私の場合はとにかく「特待生」ということが嬉しかったですね。中学校時代から看護師になりたかったので、そのためにはどうすればいいか。やっぱり大学に行ってちゃんと勉強したい、という想いが強くて一番いい選択肢が聖光学院だと感じました。聖光ではブロードバンド予備校の講義を受けることができるのですが、それを自分のペースで、分からない所は何回でも授業を受けられる。普通は同じ授業を何回も受けらないじゃないですか!私、多い時は7回も同じ講義を観ちゃいました(笑)。それって特権ですよね。

それと、普通に予備校とか行くと凄くお金がかかりますよね。それが無料って、凄くないですか? 

Y そうそう! 私たちの場合は授業料も減免されたし、それで予備校の授業が見放題ってすごくお得ですよね!

白石は通学圏内!仙台に行くより近いんです。

Q 紺野さんは白石ですよね?

K そうです。白石から聖光に来ることに特別な不安はなかったです。聖光っていろいろな所から生徒が集まっていますし。でも、白石の中学生だった私にとって聖光って「甲子園」のイメージしかない。はっきり言ってどこにあるのかも分からない(笑)。でも、受けてみて、通ってみて、凄くいいですよ。初めは朝が大変でしたけど、3年生になってからは始業時間が変わって今ではラクラクです。最初は始発電車だったんですが、今は7時50分白石発で、電車に乗っている時間は25分。伊達駅からは徒歩5分で、地元の学校に自転車で行くのとそんなに変わらないんじゃないかな・・・。それに仙台に行くより全然近いし、思い切り通学圏内ですよ!

明るくて、アクティブ。それが聖光学院!

Q 聖光での高校生活はどうだった?

K 聖光は凄く明るくてアクティブな感じ。クラスには全国大会を目指す運動部の生徒もいっぱいいる。みんな頑張っているんですね。だから私が頑張るのは何か!って考えさせられるんですよね。部活やっている人って時期によってはすごく疲れている時ってあるじゃないですか。じゃあ、私は? 私はあそこまで頑張っている?って思うんですね。そこはすごくいい刺激をもらっていました。

Y 私も部活やっている生徒を見て、「いいな」って思う部分もあったけど、聖光は行事も多いし、特に学院祭は楽しかったな。クラスのみんなと協力して「ポケモンGO」をもじって「聖光学院GOモンスター」を略して「学モンGO」っていうのをやったんですけど(笑)。特に3年に1回の学院祭だったので、ホントに楽しかった。

K 他にもマラソン大会や競技大会もありましたけど、楽しかったなぁ。でも10月から11月に集中するんで、春にも何かあるといいな、と思いますね。

 それと、担任の我彦先生には助けられましたね。先生は延々と私の話しを聞いてくれて。その上で適切なアドバイスをくれました。聖光の先生っていい先生多いですよ。心が折れる時もあったけど、先生たちに救われましたから。

Y そうだよね! 先生と生徒の距離感がちょうどいいというか。凄く話しやすいんですよ。

K やる気を引き出してくれるというのかな。凄く素敵な先生が多いですよ!

 「地域に貢献できる公務員に」

    「患者さんを笑顔にできる、そんな看護師に」

Q 将来の目標は?

Y 私は福島大学の行政学類でしっかり学んで、自分をスキルアップをさせたい。将来は公務員になりたいなと思っているのですが、しっかり地域に貢献できる人になりたい。福島大学は1年次は結構自由度が高いと聞いているので、何をやりたいかをしっかり探して、2年次からはその専門知識を学びたいですね。

K 福島医大にもいろいろな人が集まってくると思うんですよ。私はまずいろいろな人と関わって見識を高めたい。夢だった看護師に、それもスキルの高い看護師になるためにしっかり勉強したいですね。患者さんに寄り添うことのできる、患者さんを少しでも笑顔にできる看護師になります! とにかく今は大学4年間がとても楽しみです!

「聖光が好き。」 

                        母校をそう言える3年間は、素敵だと思う。

Q では最後にメッセージを!

Y 聖光って「部活」のイメージが強いですけど、やっていなくても全然大丈夫。周りは結構個性強いけど(笑)、その分楽しい。行事も多いし、クラスのみんなと交流するのは楽しかったですね。私の家は保原なんですけど、スクールバスもあるし通いやすいです。それに聖光ってキリスト教主義じゃないですか。これは他の学校にはない大きな特色ですよね。

K そうそう!ほかの学校に行った友達に、「聖書」読んだことある? 「クリスマス」ってどういうものだか知っている?なんて聞けちゃうのもメリット?(笑)かな?礼拝で聞ける話しも新鮮でいいですよ。

Y あと、いろいろな所から人が集まっているから、方言とか、価値観ってやっぱり違うんですよこれって結構面白いですよね。そこも聖光の魅力かな!

K それと、白石地区の皆さん! 聖光って県外だし、友達もできるか不安だし、ドキドキすると思うけど、そこは私立、みんな同じです。聖光の魅力って、自由度が高いところだと思うんです。学院祭の時も白石の友達が来てくれたんだけど、「うちの学校ではこんなこと出来ないよ」って言っていましたから。私は、この3年間で、本当に聖光が好きになりました!

山本さん、紺野さん、今日はありがとうございました。紺野さんの卒業が近くなってきて少し寂しい、という言葉が印象的でした。とても頑張ったお二人の、卒業後の活躍を心から祈っています!

だてなものづくりスタジオ、親子レゴロボ教室について

だてな ものづくりスタジオ

2020年2月15日(土)、福島市・伊達市・伊達郡の小学生を対象にした『だてなものづくりスタジオ』を開催します。

子どもたちが自分の考え、自分の手で作るものづくりの楽しさ、さらにはコミュニケーション能力を養ってもらうことを目的としています。“学び”や“好き”を極めることが、様々なスキルを獲得することにもつながります。地元企業、伝統工芸の職人、聖光学院高校の教員やアシスタントの生徒が、作品が完成するまで丁寧に教えますので、ぜひ御参加ください!

詳細はコチラ

 

親子レゴロボ教室
 2020年2月16日(日)、伊達市の小学生を対象にした『親子レゴ・ロボ教室』を開催します。
文部科学省委託事業「東日本大震災からの復興を担う専門人材支援事業」の一環としてレゴ・ロボット(LEGO MINDSTORMS)を使用し、地域を担う子どもたちの未来のために「自分で考え、解決する力」を育むことを目的としており、今年で5回目を迎えます。聖光学院高校の教員やアシスタントの生徒が、ロボット組み立て、プログラミングを丁寧に教えますので、ぜひ御参加ください!

大盛況!だてなものづくりスタジオ開催!

伊達市や福島市の教育委員会などが後援し、本校を会場として行われた「だてなものづくりスタジオ」が、15日(土)に開催されました。20組40名の伊達市や福島市内から親子が集まり、ミニ四駆製作やこけしの絵付け、組子細工、表札づくりなどを行いました。

この企画は、(有)白井木工所・飯坂山根屋・KOIKEDESIGN様のご協力を頂き、本校の機械科教員が運営する地域貢献事業です。

参加頂いた親子は、楽しそうに会話をしながら、そして真剣な表情で親子で協力してそれぞれの作品を製作、完成した時の嬉しそうな表情は輝いていました!

参加されたある保護者は「子供の遊びというとテレビゲームなどが主流になってきている中で、親子でこのように‟モノ‟を作るという機会はなかなかなかった。とてもいい時間を過ごすことができた」と話して頂きました。

参加された皆様、そしてご協力いただいた企業の皆様、本当にありがとうございました!

<どんなことをしたの?>
ROOM 1
「君は小さなメカニックマン! 楽しくミニ四駆を作ろう」
対象:小学3年生~4年生

ROOM 2
「けずる・はかる・ほる! ”手わざ”から学ぶオリジナル表札つくり」
対象:小学3年生~6年生

ROOM 3
「伝統こけし工人から学ぶ、こけし絵付け教室」
対象:小学3年生~6年生

ROOM 4
「福島発見、組子コースター制作を体感して日本の伝統工芸
”組子細工”を体験しよう!」
対象:小学3年生~6年生

新井校長説教集19 ~使徒ヨハネの人生~

2020年2月14日(金)
朝 の 説 教
- 使徒ヨハネの人生 -
『ヨハネの手紙三』13~15

1 はじめに

今日は手紙の最後の部分です。ヨハネの思いが短い言葉に凝縮されています。手紙ではなく近い内に直接訪問したいこと、受取人のガイオや教会の仲間に平和(平安)があること、主にあって仲良く暮らすように、と書いています。ヨハネは、イエス様の弟子になったばかりはとても怒りっぽく、「雷の子」と呼ばれていましたが、今や「愛の使徒」と呼ばれる程に成長し、変えられています。イスカリオテのユダを除く11人の弟子たちは、皆、苦難と忍耐の生活を送りました。ヨハネもそうでした。しかし、パウロが「わたしたちは知っているのです。苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を産むということを。希望はわたしたちを欺くことがありません」(『ローマ』5:3-5)というように、苦難を忍耐し、最後には希望に満ち満ちた生涯を送りました。日本でも昔から「艱難汝を玉にす」と言います。人生の苦難は出来たら避けたいものですが、愛なる神様は、私たちを訓練するために苦難をお与えになるお方であります。

2 奇跡の人

見えない・聞こえない・話せない、の三重苦を克服したヘレン・ケラーのことを知っていますか?彼女の生涯を描いた戯曲があり、日本語では「奇跡の人」と訳されています。そのためか「奇跡の人」とはヘレン・ケラーのことと誤解されますが、原題は「The Miracle Worker」、直訳すれば「奇跡の働き手」であり、ヘレンを家庭教師として支え続けたアン・サリバン(サリバン先生)のことです。彼女の人生こそ「艱難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を産む」を実証する人生でした。

サリバン先生がアメリカで生まれたのは1866年、日本では江戸時代の末期です。アイルランド系移民の貧しい農家の子として生まれました。貧しさと栄養失調のために3歳の時にトラコーマに罹り失明しました。9歳で母を亡くし、弟も結核で亡くなりました。「これでもか!」という苦難の連続です。失望したアンは一切の食事を摂らずに自殺しようとしました。でも入院した病院で、バーバラ神父やクリスチャンの看護士が毎日聖書を読んでくれたことから、少しずつ心を開くようになりました。アンは14歳で盲学校に入りました。学校に訪ねてきた親切なクリスチャンの新聞記者の助けで目の手術を受け、かなり見えるようになりました。努力家のアンは、パーキンス盲学校の卒業式で、卒業生代表でスピーチを行いました。卒業後、21歳の時に電話を発明したベル氏の紹介で、当時6歳だったヘレン・ケラーの家庭教師を始めました。それ以来70歳で亡くなるまでの49年間、サリバン先生は自分の名誉も地位もかなぐり捨てて、ひたすらヘレン・ケラーをわが子のように、また妹のように愛し続け、涙と祈りの内に育て上げました。サリバン先生はいかなる時にも失望せず、挫折せず、挫けず、三重苦のヘレン・ケラーを「光を掲げる偉大な魂」にしました。このサリバン先生の献身的な努力は、全く世界の驚異でした。奇跡です!でもその背後に、ヨハネが何度も述べてきたこと「言葉や口先だけではなく、行いをもって誠実に愛し合おう」(『ヨハネの手紙一』3:18)の愛の実践があったことを忘れてはなりません。このように神様は、愛の御計画の内に我々に愛の訓練を与えるお方なのであります。

後年、ヘレン・ケラーがテンプル大学から博士号を授与された時、その隣でサリバン先生もまた博士号を授与されたのでした。神様からのご褒美ですね。「善かつ忠なる僕よ、よくやった!」という神様のお声が聞こえるようであります。

今日は3年生の登校日です!

今日は3年生の登校日です!

高校最後の卒業試験を終え、自宅学習期間であった3年生が今日登校しました。

やっぱり3年生は大人っぽいですね。

今日の流れは卒業式の練習からロングホームルーム(LHR)です。LHRでは成績発表がありますね。

卒業式の練習では、式の流れを確認し、歌の練習です。

本校はキリスト教主義の学校ですから、「仰げば尊し」等の定番ソングはなし。その代わりに讃美歌を歌うのですが、讃美歌556番「神の賜物を」は名曲です。毎年、この讃美歌が歌われる時にはすすり泣くシーンが見受けられますから・・・。しっかり練習して、厳かで素晴らしい卒業式にしましょう!


讃美歌を練習する3年生

新井校長説教集 18 ~教会というところ~

- 教会というところ-

『ヨハネの手紙三』9~12

1 はじめに
この手紙の著者は学問的には異論もあるようですが、私はイエス様の12弟子の一人のヨハネだと思っていますし、そういう前提で話をします。イエス様の12弟子の内、イスカリオテのユダはイエス様をお金で売ったことを後悔して自殺しました。他の10人は皆殉教しました。イエス様の福音を伝えたために捕らえられて殺されたのです。しかしヨハネだけは、十字架上のイエス様からの依頼通り、「それから弟子(ヨハネ)に言われた。『見なさい。あなたの母です。』そのときから、この弟子はイエスの母を日分の家に引き取った」(『ヨハネによる福音書』19:27)弟子でした。唯一長く生きた直弟子でした。
イエス様が亡くなってから暫くの時が経ち、クリスチャンが生まれ、教会が生まれました。それらの教会をヨハネは巡回して指導していたのでしょう。それらの教会の一つにディオトレフェスがいました。その教会の牧師であったのでしょう。彼は巡回指導者のヨハネに強い反感を持っていました。ヨハネから見ると彼には多くの欠点がありました。それは、①指導者になりたがっていること、②ヨハネたちを全く受け入れないこと、③悪意に満ちた言葉でヨハネたちをそしること(別な訳では「根も葉もない悪口を言いふらしている」)、④気に入らない者を教会から追い出している、ことです。ヨハネは10節で「そちらに行ったとき、彼のしていることを指摘しようと思います」と断固たる決意を語っています。
2 教会とは
2,000年前の教会がそうなら、今の教会にもディオトレフェスと同じような人がたくさんいるのでしょうか?確かに教会は「聖人君子の集まり」ではありません。むしろ「罪人の集まり」と言った方が良いかも知れません。私のような欠点の多い者が行っているのが教会です。私は教会の外でも内でも何度も「それでもあなたはクリスチャンなの!?」と批判されてきました。欠けの多い人間であること、感情をすぐあらわにすること、などからそう言われたのだと反省しています。でも教会にはディオトレフェスのような利己主義者ばかりがいる訳ではありません。素晴らしい人がたくさんいます。安心して教会の礼拝に出席してください。教会の皆さんが歓迎してくれる筈です。

3 作家井上ひさしとキリスト教
既に亡くなりましたが、井上ひさしという作家の話をします。彼のお父さんは裕福な家庭に生まれたのですが、共産主義者だという嫌疑で捕らえられ、拷問を受け、井上さんが5歳の時に死んでしまいました。母は自分の手だけでは育てられないと、ひさし少年と弟を仙台の養護施設に入れました。ここはカナダにあるカトリックの修道会が運営する施設でした。そこでの生活を井上さんは本や講演で語っています。
井上少年は映画が大好きでしたが小遣いがありません。考えた末、図書館に並べられていた分厚い英書を1冊盗み出し、古本屋で売り、手に入れたお金で映画を見たのでした。注意されないので、またしました。でも修道士たちは知っていたのです。普通なら呼び出して怒鳴りつけるか殴り飛ばすところですが、何も言わなかったそうです。また晩秋になると冬寒いカナダの本部から仙台の冬を乗り切るためにオーバーを新調するようにと、立派な布地が送られてきました。でも修道士たちはそれを全部売って、食べ盛りの園児のために肉・魚・牛乳・バター・野菜などを買ってしまいました。そして自分たちは相変わらずの古いオーバーを着続けたのです。
この修道士たちの行動を見た井上少年は、「何でなんだろう?」「どうしてなんだろう?」と思いました。「やっぱり聖書に従おうとする人イエス様に従おうとする人は違うな-」と感じ、やがて洗礼を受けてクリスチャンになったのです。
井上さんは養護施設から仙台一高へ進み、修道士の勧めでカトリックの大学である上智大学に進学しました。井上さんの短編には自伝的なものが多くあり、養護施設や高校でのこと、施設を出て家に帰りたかった思いなどが書かれています。是非君たちにも読んで欲しいです。

教会には素晴らしい人がたくさんいます。どうか教会の礼拝に出席してみてください。そしてイエス様に一日も早く出会って欲しいと願う者です。

初積雪!ログハウス校舎から

初?積雪!

昨年も雪が少なかった「暖冬」だったのですが、今年はさらなる「暖冬」傾向。

しかし、とうとう、積雪です!普通科進学コースのログハウス校舎からの風景もご覧の通り!

今日は朝から運動部が率先して雪かきわしてくれました。ありがとうございます!

今年初の積雪です。温暖な地域からきた一年生にとっては、見慣れぬ景色かもしれませんね。転ばないように気を付けてください!

さあ、雪景色を見ながら、今日も1日頑張りましょう‼️

今年こそ!春高目指しまずは新人戦県3位!女子バレーボール部

令和元年度福島県高等学校新人体育大会において女子バレーボール部が県3位で再スタートを切りました。昨年は惜しくも県大会の決勝戦で敗れ、今年は悲願の春高バレー出場を目指す女子バレーボール部。

課題あり、手応えありの新人戦だったようで、これからの成長に期待がもてますね! 応援しています! 頑張ってください!

一橋大学大学院合格の永見優樹君が礼拝参加&メッセージ

平成27年度普通科進学コースの永見優樹君が来校し礼拝に参加しました。

永見君は在学中は野球部に所属して3年間活動。その後は日本大学に進学しました。現役時代はベンチ入りを果たすことができませんでしたが、自分の原点は「聖光での3年間」との思いが強く、現在は何と弁護士になるべく猛勉強中。
4月からは一橋大学の法学研究科大学院への進学が決まっています。

求めに応じてマイクの前に立った永見君は、「自分は野球選手としては力がなかったが、高校3年間を心の底からやりきったと言える。だからこそ納得して次の道へ進めたし、今頑張れているのも間違いなく聖光での3年間が原点」と話し、クリスチャンでもある永見君は「人間には限界がる。しかし神様と共にそれを乗り越え歩んでいける人生は‟最強の人生”。クリスチャンでない人も多くいると思うが、聖光学院に入ったからこそ、説教などで様々な話しを聞くことでき、自らの見識を広められる」と語りました。

永見さん、これからも目標に向かって頑張ってください!今日は素晴らしいお話しをありがとうございました!

3年生に聞いてみよう! 合格体験記発表会

本日4校時のロングホームルームで、1年普通科進学コースを対象に、3年生の進路決定者からの体験記を聞く場が設けられました。

発表の場に立ったのは、山本真弥さん(福島大学 行政政策学類)、菅藤央心君(福島県警 刑務官)、多田仁樹君(桜美林大学 リベラルアーツ学群)、片山敬君(武蔵大学 経済学部金融学科)、佐藤航太朗君(東北学院大学 経済学部経済学科)、阿部拓巳君(秀明大学 教育学部教育学科)の6名。

司会者の質問に一人ずつ答える形式で発表会は行われ、その進路先を志した経緯、受験に向けてどのような取り組みをしてきたか、またどのような高校生活であったかなど、丁寧に分かりやすく発表してくれました。

さすが3年生、堂々と、はっきりと、自身を持って発言する姿に大きな成長を感じました!1年生はメモを取りながら、真剣な眼差しで発表に聴き入っていました!

三年生の皆さん、ありがとうございました!1年生のみなさん、素晴らしい3年生の話しをぜひ生かしてくださいね!