離任式を行いました。

春の足音が聞こえる3月は、別れの季節でもあります。19日の終業式の日、離任式を行いました。先生方、長い間本校をお支え頂き、本当にありがとうございました。そしてお疲れさまでした。

<池上聡先生>

勤続37年、3分の1の在職期間で教務部長を務められた学校の要の先生でした。本校での思い出を下記のように語って頂きました。

 第2校舎の普通科担任だった時の事。テポドンミサイルで韓国修学旅行が代替となり各クラス企画旅行になりました。私のクラスは「首都近辺の今昔」をテーマに、古の古都鎌倉を振り出しに東京大空襲の展示、ディズニーランドと横浜ベイクルーズと全く対照的な施設等を体験しました。

靖国神社ではニュースなどが報じる喧騒さが全くなく、都民が普通に神社境内を散策する平和な風景が広がっていました。自由参拝でしたが、後日、「神社新報」がこのことを取り上げ、若い人達の訪問と参拝に大いに勇気づけられ感動したとの記事を掲載。高校生の修学旅行中の靖国訪問は初めてだったようです。旅行の企画や目的、宿泊先、しおり作り、事前学習とすべて自分たちで取り組み、今振り返ると勢いで乗り切った気がします。今回のコロナ禍での修学旅行はまさにデジャヴのような感じで見ていました。もしかして新しい修学旅行の先駆けだったのだろうか。

今後は、人生はたぶんまだまだ先が長い(と思う)。いろいろと考えながら歩いていきたいです。とお話ししてくれました。

最後に卒業生、在校生へのメッセージです

赴任してまだ間もないころ、生徒会長が自ら命を絶つという事がありました。当時生徒会顧問だった私には相当こたえる出来事で、今なお折に触れ考える時があります。みなさんには与えられた命はとにかく大切にしてほしいというのが一番のメッセージです。

またどこかでお会いできる日を!

<木村泰浩先生>

第二校舎主任、普通部長として池上先生と同様、学校の中枢的な存在の先生です。勤続36年、思い出をお聞きすると「27年前に第2校舎が完成し、ログハウスの温かな雰囲気に驚きと感動を覚えたこと。辛いこともあったけど、今ではいい思い出ですね」と語ってくれました。

木村先生は今後も常勤講師として聖光学院で教壇に立っていただきます。

卒業生、在校生へのメッセージです。

今、勉強していること、仕事で携わっていること、それがどんなに辛く苦しいことであっても、将来の自分の財産になることを忘れずに、精一杯努力してください!

<橘忠夫先生>

大学卒業後、38年間勤務して頂きました。進路指導担当して辣腕をふるい、現在の工業科で取り組む「資格」への礎を築いたのも橘先生です。多くの財産を残し、退職をお迎えになりました。

学院祭の展示や仮装行列など学校行事で生徒と一緒に取り組んだことが思い出されますね、と語る橘先生。今後は非常勤講師として電気科・情報電子科の専門教科を担当して頂きます。

卒業生・在校生へのメッセージ

生徒の皆さんは、多方面に可能性を秘めています。それを高めるために日々勉強や部活動に励んでください!

<佐々木栄悦先生>

非常勤講師時代を除くと12年間に渡り、勤務して頂きました。宗教部長として本校の根幹である宗教教育の中心としてご活躍されました。

思い出としては、特に礼拝と聖書の授業を挙げられ、とくに聖書の授業は、生徒の皆さんが活発に発言してくださるクラスがあって私自身楽しませてもらいました。たとえば、東日本大震災の年の「慰め」についての授業や、学校クリスマスでの生徒たちの制作劇が印象に残っています。授業ではありませんが、柔道部の練習試合で大崎市や米沢市に行ったことも楽しい思い出として脳裏に焼き付いています、と話してくれました。

今後は宮城県の登米教会の牧師となられるそうです。なお一層のご活躍をお祈りいたします。

<在校生・卒業生へのメッセージ>

「無知の知」を愛する。
  どういうことかと言うと、つぎの4点です。
  ①自分自身が疑問に思うことを大切にする。
  ②疑問に思ったことについて、人に聞くだけではなく
   自分自身で調べる。なるべく多様な意見を集める。
  ③自分で考える。その導きとしてかつて同じ問題を考えた人の
   答えではなく、その答えを導くに至った考え方を吟味する。
  ④自分の考えをまとめたら、いつかだれかに語ってみる。
   その不完全さ、指摘された欠点を謙虚に受け止めて
   さらに調査、研究を重ねる。
  みなさんのご活躍をお祈り申し上げます。

 

<古泉達也先生>

工業科の先生として6年間勤務されました。サッカー部の顧問でもあり、日々の指導にあたって頂きました。多くの生徒に出会えた事が一番の思い出と話す古泉先生。今後はJ3リーグ藤枝MYFCのアカデミーコーチとして指導者の道を歩まれるそうです。ご活躍をお祈りしています!

卒業生・在校生へのメッセージ

生徒一人ひとりと同じ時間は過ごせませんでしたが、楽しい笑顔が増えました。自分が楽しくなければ、周りの人も楽しくはなく、幸せではありません。そんな毎日を過ごせるように、日々学びを持ち、成長していきましょう。

<横井 薫先生>

美術の先生として長年勤務して頂きました。地方雑誌の表紙を長くデザインするなど実力派の先生でした。お疲れさまでした。

<シンディ・リー>

エネルギッシュでいつも笑顔。式典には和服を着こなす親日派の先生です。
生徒に慕われ、シンディの授業はいつも笑顔があふれ、元気いっぱい。別れは辛いですが、先生のおかげで英語を身近なものと感じさせてくれた生徒も数多くいます。素晴らしい先生でした。本当にありがとうございました!

 

 

トレーニングマッチ

2021.3.18.Tue
十六沼公園
トレーニングマッチ

0ー2 第一学院

「可能性」

全国大会に出場経験のある強豪。
とにかく、熱がある。
球際の強さ、スプリントの回数、フィジカルコンタクトの強さ、何よりも勝ちたいという気持ち。
素晴らしいチームだ。

今回も勝つことはできなかったが、課題が明確にわかったことや先日のゲームからの成長を感じられる内容だった。

あすミーティングをして、トレーニングに落とし込み、週末にゲームに繋げる。

可能性しか感じない。
楽しみだ。

トレーニングマッチ

2021.3.14.Sun
矢板中央サッカー場
トレーニングマッチ
1-7 矢板中央
「実力差」
ここ4年で全国高校サッカー選手権ベスト4を3回、ベスト8を1回の強豪矢板中央との対戦。
すべてにおいて、実力の差がある。
球際の強さ、攻守切り替えの早さ、前に出ていくスピード。
何よりもゴール前の精度の高さはやはり違う。
そんな中でも、先制点を奪うことができた。
聖光らしい粘り強い守備からカウンター。
伝統的なひとつのカタチ。
しかしながら、その後は決定機を与えてしまいあえなく失点。
合計7失点。
全国常連の強豪との実力の差は大きいことを実感。
この時期にトップレベルを実感できたことに価値がある。
直近のトレーニングマッチでは無得点に終わっていたが、得点を奪うことができたことは収穫。
また、守備の時間だけでなく主導権を握る時間帯もあった。
今後につながるゲームだったと思う。
どこのチームも最初から強かったわけではない。
このようなゲームから進化していくのだ。
開幕まで、3週間。やるだけ。
そして、必ず全国の舞台に戻る。

震災から10年。野球部でも黙祷。

東日本大震災から10年、14時46分には全教職員と登校している生徒が黙祷を捧げました。野球部でも練習を中断して黙祷。

10年前の今日、同じようにグランドで練習をしている最中、あの経験したことのない激しい揺れが襲いました。津波、原発事故、ライフラインの寸断、失われた多くの命。

私たちは、あの日を忘れてはなりません。そして、語り継いでいく義務があります。

新型コロナウィルスに翻弄される今だからこそ、教育現場にいる私たちが生徒に語る意義があるのです。

あの時の衝撃、苦しみ、悲しみ。

きっとそれは今を生きる高校生にとって、今を越える力になるのだと思います。

22000人を超える死者、そして今なお避難生活を続ける4万超の方々に、心よりご冥福とお見舞いを申し上げます。

感謝

2021.3.11.Thu
十六沼公園
トレーニング

「感謝」

あれから、10年。

我々は今もここでサッカーをできている。

いまだに苦しい思いをしている方々がいるなかで、このようにサッカーをさせて頂いていることは、あたりまえではない。

あの時もそうであるが、今も、多くのサッカーファミリーや我々に関わるすべての方々に支えられている。

そのことは絶対に忘れてはならない。我々の力だけでここまでこれたわけではない。

念願だった選手権出場。
目標だったプリンスリーグ昇格。

これは、支えて頂いた皆様と力を合わせて成し遂げたものである。

これからもそんな皆様と共にこのチームの伝統を守り、継承できるように力強く歩んでいきたいと思います。

そして、必ずや支えて頂いている皆様に恩返しできるように、精進して参りたいと思います。

今後とも、よろしくお願いいたします。

トレーニングマッチ

2021.3.9.Tue
トレーニングマッチ
十六沼公園

0ー4 福島工業

「完敗」

同地区のライバル校、福島工業。
このチームとは、大事なときに必ず戦った。そして、勝った方が決勝や優勝争いをした。


このチームがあったから、我々が、この立ち位置にこれたと言っても過言ではない。

今日のゲームに限っては、完敗だった。
強さ、走ること、気持ち。
負けてはならない部分ですべて負けた。

やはり、このチームからはエネルギーをもらう。

開幕戦まであと1ヶ月。

ヤることしか、選択肢はない。

ヤるだけ❗

球春到来!

野球部が今シーズン初の練習試合を行いました!

昨秋の敗戦から長い冬を過ごし、その成長度合いを対外的に試す絶好の機会。

現在もなお、緊急事態宣言が出されている1都3県の高校球児は、活動もままならない状況で、東京都では春季大会の1次予選が中止になる事態に。

間もなく迎える3.11も含め、この当たり前が実は奇跡である、ということを胸に、日々を悔いなく一歩一歩前に進んで欲しいですね!

野球部の皆さん、夏の甲子園出場に向けて、頑張って下さい!

※新型コロナ感染症拡大防止のため、一般の方の試合並びに練習の見学はご遠慮頂いております。何卒ご理解の程をお願い致します。

池上聡教諭最後の授業

3月5日(金)に、今年度で定年退職される池上聡教諭の「最後の授業」が行われました。授業といっても、この日は正規の授業はなし。生徒総会のために、日程変更されたのですが、本来最後になるはずだった1年普通科進学コースA組の生徒が池上先生に感謝を伝えるために招待したのです!

池上先生は長年本校に奉職し、キャリアの後半は13年間に渡って教務部長を務めたまさに学校の中核的な存在でした。多くの卒業生が池上先生から教えを受け、社会で活躍されておられると思います。

学校の中核を失う本校にとっては本当に痛い退職ですが、池上先生の築き上げた財産を受け継ぎ、さらに学校が発展するように、若い世代が発奮していかなければなりませんね!

池上先生、長い間お疲れ様でした。そして、ありがとうございました!

新潟遠征

2021.3.7.Sun
トレーニングマッチ
聖籠スポーツセンター

1ー1 新潟西

「収穫」
新潟県の強豪チーム、新潟西とのトレーニングマッチ。
先週の福島東とのゲームから、トレーニングを積み、臨んだ。
勝負への執着心、気持ちを含む、姿勢の部分では、合格点は与えられるが、ビルドアップ、バイタルのしかけ、サイドアタックに関しては、多くの課題を残した。

現段階では、戦術どうこうの前に、技術的な部分や個人戦術をあげなければ、チームとしては戦えない。

あすからのトレーニングが重要になる。
また、先週から勝負への意識、考え方の部分では高く臨んでくれたので、成長はみられたと思う。
プリンスリーグ開幕まで、ちょうど1ヶ月。

いろんな部分での収穫を獲られたことは、次に繋がるものだと思う。

最後のミーティング

2021.3.1.Mon
聖光学院高等学校
卒業式

2020チーム最後のミーティング。

このチームの3年生にあったもの。
それは「素直さ。」

サッカーはうまいけど、線が細く、決して恵まれたフィジカルがあるわけでもない。

人数も歴代のなかでは少数。

GKがいない世代。

しかしながら、この選手たちが聖光学院の伝統を守り、継承できたこと、また昨年度同様に負けはしたものの、選手権の決勝までも導いてくれた要因は究極のスキルである「素直さ」であっと思う。

コロナがあり、インターハイが中止。リーグ戦も縮小、休校があり、練習時間も短縮された。

そんな中でも、現実をしっかりと受け止め、できることの最大限をやり遂げようと努力してくれた。
素直な姿勢があったため、いろんなことを吸収し、何に逆らうことなく、努力してくれた。

そんな3年生を本当に誇りに思う。こんな特別な年にこの選手たちと出会えたことにも感謝するし、この選手たちだから、乗り越えることができたと思う。

これから、それぞれ進路に羽ばたいていくが、この2020チームは聖光学院サッカー部の歴史のなかで熱く語られるチームだと思う。

保護者の皆様、三年間チームのためにサポート頂きありがとうございました。

「ONE SEIKO」というコンセプトのもと、すべてが一体となり、闘えたことに心より感謝致します。
今後も進化し続けるこのチームのサポーターとして、応援して頂くことをお願いしたいと思います。
本当にありがとうございました。