3年生に聞いてみよう! 合格体験記発表会

本日4校時のロングホームルームで、1年普通科進学コースを対象に、3年生の進路決定者からの体験記を聞く場が設けられました。

発表の場に立ったのは、山本真弥さん(福島大学 行政政策学類)、菅藤央心君(福島県警 刑務官)、多田仁樹君(桜美林大学 リベラルアーツ学群)、片山敬君(武蔵大学 経済学部金融学科)、佐藤航太朗君(東北学院大学 経済学部経済学科)、阿部拓巳君(秀明大学 教育学部教育学科)の6名。

司会者の質問に一人ずつ答える形式で発表会は行われ、その進路先を志した経緯、受験に向けてどのような取り組みをしてきたか、またどのような高校生活であったかなど、丁寧に分かりやすく発表してくれました。

さすが3年生、堂々と、はっきりと、自身を持って発言する姿に大きな成長を感じました!1年生はメモを取りながら、真剣な眼差しで発表に聴き入っていました!

三年生の皆さん、ありがとうございました!1年生のみなさん、素晴らしい3年生の話しをぜひ生かしてくださいね!

東北新人サッカー選手権 敗者戦

2020.1.26.SUN
いわきFCパーク
東北新人大会 敗者戦

0ー3 聖和

「進化の兆し!」
悪夢の大逆転負けから、むかえた聖和戦。
技術、戦術のレベルではなく、メンタリティーを変えることをテーマに挑んだ。
聖和はチームコンセプトがはっきりしており、自分たちに自信をもっている。
我々も先輩たちから繋いだ聖光スタイルを全面に押し出し、闘った。
前半の立ち上がりから、アグレッシブに闘い、互角闘いを演じた。
しかし、先制点を与えると連続失点し、3点を与えてしまう。
ズルズルやられる雰囲気だったが、昨日とは違った。
自分たちで、流れを変えるような試みがあった。進化している。
後半は、前線からのハイプレスが機能し、聖和ゴールに迫っていった。
最終的には、後半は失点0。
やる程度の成果は認められた。
進化の兆しがあった。

今大会に参加し、多くの収穫があった。
また、東北トップレベルも体感できた。
ここからが、スタートである。
今後、強くなるために何ができるのか?
突き詰めていきたい。
大会を通じて、多くのサポーターの皆さんに応援頂きました。
心から感謝致します。
ありがとうございました。

東北新人サッカー選手権 1回戦

2020.1.25.Sat
新舞子フットボール場
東北新人大会 1回戦

2ー4 専大北上

「自滅!」
いい準備と自信に満ち溢れ、ピッチに入った選手たち。
すばらしいゲーム展開であった。
前半27分粘り強い守備から得意のロングカウンターで先制。
後半2分に佐々木陽平の高校サッカートップレベルの25mのシュートが決まり、引き離す。
そこからが、経験値の低いチームの弱さ。
そして、失点の原因は自分たちにある。
要は自滅。
危険な地域で安易にボールを奪われ失点。
無駄なファウルからの失点で同点。ミドルサードで不用意なドリブルからボールを奪われカウンターを打たれて失点。
逆転される。
たった5分で3失点。
そして、終了間際に追加点を許し4失点。
なかなか、経験のない負けかた。すべては今の実力である。
技術、戦術どうこうの問題ではない。
宿舎に戻り、90分のミーティング。
夕食後にも、選手間ミーティング。
この敗戦がいつの日か、活かされるゲームであってほしいし、成長につながることを期待している。

明日は宮城県チャンピオンの聖和。
胸を借りるつもりで、全力で挑む❗

本日も遠方より、足を運んで頂いた多くのサポーターの皆さん、応援ありがとうございました。

強化大会

1/19 NCVふくしまアリーナで、県北地区強化大会が行われました。

聖光学院の結果

予選リーグ 1勝2敗(3位)

聖光 2-3 成蹊A

聖光 3-1 福島B

聖光 2-3 東B

順位決定リーグ(3位リーグ)

聖光 3-0 小高産業B

聖光 2-3 小高産業A

聖光 0-3 松工A

1勝2敗(3位)

今年に入ってから、確実に上達していると感じました。

試合中の流れが変わる1本を相手に与え、自分の流れに

持ち込めていない状況が見受けられました。

自分からの積極的な

ミスのため、訓練すれば改善されるのが明確です。

頑張れ聖光学院卓球部!

 

野球部前主将清水正義君が表彰!

昨年の夏甲子園出場にチームを導いた野球部前主将清水正義君が、日本学生野球協会の優秀選手として表彰されました。

清水君は表彰式で、「大変名誉ある賞を頂き光栄。チームメイトや支えて頂いた皆様のおかげで受賞できた。聖光学院での3年間の教えを胸に、大学でも頑張りたい」と話しました。

清水君は卒業後、大阪体育大学に進学し、野球を継続する予定で、今もグランドで練習に参加し続けています。

清水君、おめでとうございます❗

課題研究報告会

一昨日、昨日、機械科3年生の『課題研究報告会』を行いました。課題研究とは、物作りを中心に自らテーマを設定し、研究開発や製作を行う授業です。
今年のテーマは、金属廃材を利用したBBQコンロや傘立て、電流イライラ棒ゲーム、LEDを利用した水耕栽培、ロボット制御、レーザーカッター研究、木工製品ベンチや傘立て、キック一ボード製作など、工業科ならではの「ものづくり」や奇想天外な発想やアイデア、そして、長期に渡る研究のパワーポイントでプレゼンをして頂きました。
1年間の集大成を聞くことができ教員や在校生は大変感動しました。

始業式を行いました。

本日始業式を行いました。

新年が明け、全生徒が集まった学校はやはり活気がありますね。

新井秀校長は、特に卒業を迎える三年生に対し、残り少ない学校生活を有意義に過ごして欲しいと話し、説教では、聖書の言葉「涙をもって種まくものは、喜びをもって刈り取る」の一節から、祈り、希望、そして努力の大切さを説かれ、生徒に今年一年の激励を話されました。

さあ、一年の締めくくりです!皆さん頑張りましょう!

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

新しい年が明けました。皆様、「令和」初のお正月、いかがお過ごしでしょうか。

聖光学院は今年も勉強に、資格に、部活動に全力で頑張ります!

今年も宜しくお願い致します‼️