進学探究の「探究」が面白い!~わたしたちはファーストペンギンになれるか?~イタリアミラノと繋ぐ!

今日の進学探究コースの「探究」の授業のテーマは、「私たちはファーストペンギン(以下FP)になれるか?」でした。

講師は現在ニューヨーク大学に在籍する菊田隆一郎さんです。菊田さんの名前をご存じの方もいるのではないかと思いますが、本日はイタリアのミラノに滞在しており、ミラノとオンラインでつなげての特別授業でした。

菊田さんは高校3年生当時、大学共通テストでの記述式問題の導入などの国の教育施設について、その導入の見送りなどを訴えた方ですね。菊田さんはネット上で自己採点の再現実験などを行い、結果的に共通テストが現在のような形になったのですね。現在はニューヨーク大学で教育学を専攻されています。

さて、FPとは、「世の中で当たり前とされているルールを最初に破り、新しいルールを打ち立てることで、社会に問いを投げる人のこと」。

菊田さんは進学探究コースの生徒とフレンドリーな雰囲気で語り掛け、最初は緊張気味だった生徒も徐々に打ち解け、活発な意見を話していました。

授業では「FP入門」として、FPの三段跳び、すなわち①「当たり前のルールを」みつける、②見つけたルールを壊す、③壊したらどうなるかを創造する、として、「鬼ごっこのFP」と題して、私たちが幼い頃から無意識に身に着けていた鬼ごっこのルールを壊し、そうすることでどのように面白いゲームできるか、などの意見を出し合いました。

その後は「聖光学院のFP」と題し、聖光学院の中に隠れる「当たり前のルール」を探そう!ということで生徒はスマホを片手に校舎内を「探検」。探した「当たり前のルール」はGoogle Formで共有し、その中で自分たちがFPになりたいと思うようなルールを選び、どのようにルールを壊せるか、壊したらどうなるか、などの意見交換を行いました。

詳しくは進学探究コースの「note」をご覧いただきたいのですが、その内容はとても興味深く、生徒も積極的に参加する姿をみて、ある意味「衝撃」を受けた時間でした!

これからも進学探究コースの取り組みに注目です!

進学探究コース「note」https://seikogakuin-hs.note.jp/

「探究2」解剖学・ストレッチ講座~スポーツ探究コース~

今日のスポーツ探究コース「探究Ⅱ」の授業は、解剖学・ストレッチ講座を行いました!

講師は尾形一磨先生。尾形先生は本校の卒業生で、在学当時は野球部に所属し、ポジションは投手でした。現在は柔道整復師でパーソナルトレーナーとして活躍、現在は2019年に福島市内でボディクト整骨院を開業されています。また、今年の1月にはプロ野球ソフトバンクで活躍する千賀投手や石川投手等の自主トレーニングに帯同するなど実績も十分です!

そんな尾形先生は「アスリートなら最低限の骨・筋肉・動き方の名前を知ろう!」とお話しされ、主要な筋肉の名前とその動き、働きなどの講義をして頂きました!また授業の終盤には実際に筋肉の部位を意識しながらのストレッチも取り入れました。

毎週続く「探究」の授業。しっかり積み重ねて、「実践」につなげていって欲しいですね。

伝説のキャプテン母校に帰る!「探究Ⅱ」で高橋晋平先生が授業!~スポーツ探究コース~

13日のスポーツ探究コースの「探究Ⅱ」の授業で、2007年度に卒業した野球部の元主将の高橋晋平氏が来校し、授業を行いました。

高橋先生は現在東北大学病院のリハビリテーション部に勤務し、NPO法人スポーツ医科学ネットワークの活動にも参加している理学療法士です。在校時は野球部に所属し、本校初の選抜出場を果たした時の主将であり、野球部内では「伝説のキャプテン」として知られています。

高橋先生は5校時に礼拝堂で「スポーツ選手のメディカル①〜スポーツリハビリについて〜」と称して講義を行っていただき、6校時は野球部の室内練習場に移動し、股関節や肩甲骨の柔軟性や、体幹などをチェック。競技スポーツをする上で、その重要性を訴えながら、強化の方法などを教授して頂きました。

高橋先生には今後も継続的に講義をして頂きます。生徒にも大好評で、授業終了後には個人的な相談も出るほど。高橋先生は、「こうやって母校に携われることは本当に光栄。今後もっと細かく指導し、後輩のために少しでもなれれば」と話されました。高橋先生はスポーツ探究コースの名物先生になっていきそうですね!今後もよろしくお願いいたします!

探究2「自分にとってスポーツとは」〜スポーツ探究コース〜

本日スポーツ探究コース「探究Ⅱ」の授業において、「自分にとってスポーツとは〜スポーツコースで何を探究する〜」と題する講話をお聞きしました。講師は、本校の教頭を務める根本寿実先生です。

根本先生は教頭に就任する前は、陸上競技部の監督として長年指導者として活躍、かつてはインターハイにおいて男子100m全国2位の選手を輩出した『名将』です。

根本先生は、自身の半生を振り返りながら、指導者としての経験談も交えて生徒たちに語りかけました。

スポーツの定義とは?意義とは?

「自分の人生ドラマの中にスポーツを」という言葉が印象的でした!

根本先生!大変興味深いお話でした。ありがとうございました!

 

探究2「スポーツ選手のカラダ作りとサプリメント」〜スポーツ探究コース〜

本日5.6校時のスポーツ探究コースの「探究Ⅱ」の授業において、「スポーツ選手のカラダ作りとサプリメント」と題して、講演を行いました。

株式会社DNS様をお招きし、①パフォーマンスUPのための土台造り ②食事の基本 ③サプリメントの活用 と、それぞれについてお話し頂きました。

入学から2週間が経過し、部活動も軌道に乗ってきた時期ですが、カラダ作りに関しては始まったばかり。早い時期に「カラダ」のことを学べることは大切ですね!

「探究2」初授業〜スポーツ探究コース〜

本年度から新しく創設されたスポーツ探究コースで、初めての専門授業「探究Ⅱ」の授業を行いました。

探究Ⅱは専門競技を行うこととなっていますが、今年は導入としてそれ以外にも様々な「仕掛け」を行っていきます!

今日はスポーツ探究コース長の山田喜行教諭から、スポーツとは? スポーツ三要素とは? アスリートとは? さらにスポーツ探究コースで何を学ぶのか? などの概要が話されました。

6校時には「アスリートを考える」として、本来ならばディスカッションを行いたいところですが、コロナ禍ということもあり、今日のところはレポート作成を行いました。

スポーツ探究コース1期生としてスタートを切った新コースの生徒たち。明日は各部の部長からメッセージをもらうことになっています!

スポーツ探究コースのオリエンテーションを行いました!

本日3校時に「スポーツ探究コース」のオリエンテーションを行いました。

同コースの第1期生となった約80名の生徒が第1校舎の礼拝堂に集まり、
これからどのような授業を行っていくのか、どういう生徒を育てていきたいのか、そして普段の学校生活から将来像までを生徒に伝える機会となりました。

11日に入学式を迎え、「1年生」として様々なオリエンテーションを受けてきましたが、「スポーツ探究コース」としての取り組みはこれが最初ですね!

第1期生として、皆さんが新たな「学び」を積み重ねていくことを期待しています!頑張ってください!

工業科(3年)で「課題研究」発表会!

1月25日(火)、26日(水)に工業科の3年生で「課題研究」の発表会が行われました。2日間に分けて、機械科、電気科、情報電子科の4クラスの生徒がそれぞれグループに分かれて、自らが取り組んだ課題発表を行いました。

何を目的としているのか、どんな所に注意すべきか、実際の工程でどんな苦労があったかなど、パワーポイントを使いながら発表を行いました。発表している3年生の姿をみると、それぞれ1年生の時と比べると、本当に大人になったな、と感慨深いものがあります。

素晴らしい発表の数々、授業における取組で技術も思考力も向上し、その成果が大いにみられる発表会でした。同席した2年生も、刺激になったはず。来年の取り組みに期待します!

 

にぎわいづくりプロジェクト(ダイユーエイト本社にてプレゼンテーション)

ついにこの日がやってきました。

本日は昨年から着々と準備を続けてきた、

ダイユーエイトとのパートナシップ協定事業である

「にぎわいづくりプロジェクト」

のプレゼンテーション日(1月25日)です。

本番前日(1月24日)も夜遅くまで作業に励みました。

 

 

 

 

本番当日の午前中は、国見町にある「アカリ」さんのスペースをお借りして最終の打ち合わせ。

グループ毎のプレゼンテーションに向け、本番ギリギリまで余念なく、チーム作業は続きます。

質疑応答を想定した予行練習。マイプロジェクトでの経験値がいきています。

そしていよいよ本番。

ダイユーエイト様の進行のもと、ついに高校生が考えた「にぎわいづくりプロジェクト」の発表です。

 

 

 

 

 

 

高校生の考えが、実際企業でどのように評価されるかが不安でしたが、発表した3つのプロジェクト全てに高い評価を頂きました。

今後この3つのプロジェクトを是非、形にして実現させたいという力強い言葉を頂き、生徒達の大きな自信につながりました。

そして、生徒達が一番笑顔になった瞬間。

ダイユーエイト様が生徒達のために、お土産を用意していてくださいました。

生徒達は大喜び。

最後は全員で記念撮影。

このような機会と、経験をさせていただいたダイユーエイトの皆様、本当にありがとうございました。そしてこのプロジェクトは続き、プロジェクト実施に向けて再始動します。