最後のミーティング

2021.3.1.Mon
聖光学院高等学校
卒業式

2020チーム最後のミーティング。

このチームの3年生にあったもの。
それは「素直さ。」

サッカーはうまいけど、線が細く、決して恵まれたフィジカルがあるわけでもない。

人数も歴代のなかでは少数。

GKがいない世代。

しかしながら、この選手たちが聖光学院の伝統を守り、継承できたこと、また昨年度同様に負けはしたものの、選手権の決勝までも導いてくれた要因は究極のスキルである「素直さ」であっと思う。

コロナがあり、インターハイが中止。リーグ戦も縮小、休校があり、練習時間も短縮された。

そんな中でも、現実をしっかりと受け止め、できることの最大限をやり遂げようと努力してくれた。
素直な姿勢があったため、いろんなことを吸収し、何に逆らうことなく、努力してくれた。

そんな3年生を本当に誇りに思う。こんな特別な年にこの選手たちと出会えたことにも感謝するし、この選手たちだから、乗り越えることができたと思う。

これから、それぞれ進路に羽ばたいていくが、この2020チームは聖光学院サッカー部の歴史のなかで熱く語られるチームだと思う。

保護者の皆様、三年間チームのためにサポート頂きありがとうございました。

「ONE SEIKO」というコンセプトのもと、すべてが一体となり、闘えたことに心より感謝致します。
今後も進化し続けるこのチームのサポーターとして、応援して頂くことをお願いしたいと思います。
本当にありがとうございました。

東北大会出場の剣道部に激励金を贈呈しました!

昨年の新人戦で東北大会の出場権を得ていた剣道部が、2月13日(土)に青森県で開催される第33回東北高等学校剣道選抜優勝大会に出場するに当たり、本日、学院、保護者会、同窓会より激励金が贈呈されました。

剣道部男子主将の金澤涼二君(須賀川第二)は、「日頃の練習の成果を発揮し、一戦一戦最高の戦いにしていきたいと語り、一方女子主将の羽田亜由美さん(北信)は、「この大会で新人戦では3位で悔しい思いをしたが、その後の積み重ねを信じて、優勝を目指して頑張りたい」と話してくれました。

剣道部、特に男子は3月に全国選抜大会に出場します。この大会で是非弾みをつけて欲しいですね!頑張ってください!

野球部前主将内山連希君が学生野球協会の表彰を受賞!

野球部の前主将内山連希君が、日本学生野球協会の優秀選手として表彰を受けました。同賞を本校の選手が受賞すのは14年連続となります。

受賞式式に臨んだ内山君は、「今年はコロナの影響でこの賞も春の選抜に選出され、夏の交流試合に出場した磐城高校の主将が受賞してもおかしくない中で、自分を選出して頂いて心から感謝しています。昨年1年間はコロナのため春の大会も行われず、その中で夏の代替大会が開かれたことで、最後まで高校野球に取り組むことができました。本当に心から感謝しています。私は、大学でマネージャーとして野球に携わっていきますが、この賞に恥じることなく、頑張っていきたいと思います」と述べ、賞状楯を受け取りました。

内山君は東都大学野球の名門東洋大学に進学することが決まっています。内山君の卒業後の活躍を、心から祈念しています。頑張ってください!

(扉の写真は福島県高野連会長 松浦冬樹氏との記念ショット)

速報!剣道部が男子団体優勝!女子は準優勝!

剣道部がやりました!

名将熊坂洋平先生が率いる剣道部が、福島県高等学校選抜優勝大会で、男子団体優勝、女子団体準優勝の見事な成績を収めました!

コロナ禍に負けず、決して順調なスタートではなかった新チームが、見事な成長を遂げ、素晴らしい成果を残しました。本当におめでとうございます!

男女ともに2月に行われる東北大会に出場、さらに男子は3月に愛知県春日井市で開催される全国選抜優勝大会に出場します。皆様、ご声援よろしくお願い致します!

剣道部が県北大会団体で女子優勝&男子3位に!

令和2年度県北高校剣道選手権大会において、男子団体3位、そして女子団体は優勝という好成績をおさめました!

特に女子は1回戦から決勝まで1敗もせずに完全優勝!素晴らしいですね!
男子も決勝リーグで敗退するも、これまでも地区で優勝出ずとも県大会で雪辱!というパターンがありますから期待しましょう!

剣道部の皆さん、おめでとうございます!

女子バレーボール部が第3位の表彰!

第48回FTV杯争奪福島県高等学校バレーボール選抜優勝大会に臨んだ本校女子バレーボール部。昨年決勝で涙を飲んだ本校ですが、その雪辱を期して臨みましたが、郡山女子大附属に敗れ、第3位となりました。

今日の礼拝で表彰状の伝達がありましたが、悔しい思いを隠しながら、3年生で写真撮影に応じてくれました!

女子バレーボール部の皆さん、本当にお疲れ様でした。下級生が必ずや「春高」の歴史の扉を開けてくれるはずです!敗れたとはいえ、本当に素晴らしいチームでした!

サッカー部決勝で悔しい敗戦!それでも2年連続決勝進出で歴史を築く!

11月7日(土)に西部サッカー場で行われた第99回全国高等学校サッカー選手権福島県大会の決勝戦で、本校サッカー部が2年連続の決勝戦に挑みましたが、0対3で学校法人石川高校に敗れ、全国大会出場はなりませんでした。

大変残念な結果となりましたが、それでも2年連続の決勝進出は本当に凄い事。新たな「歴史」になったことは間違いがありません。

三度目の正直を目指して新チームは早くも熱気を帯びた練習に取り組んでいます!皆様、ご声援よろしくお願い致します!

速報!サッカー部が選手権大会の決勝進出決める!

第99回全国高等学校サッカー選手権大会の準決勝が西部サッカー場で開催され、聖光学院が帝京安積高を1対0で敗り、2年連続の決勝進出を決めました!

聖光学院は開始早々に挙げた1得点を最後まで死守。特に後半は相手の猛攻を受けますが粘り強く守り切り、見事な決勝進出となりました!

決勝戦は11月7日(土)に西部サッカー場で行われます。相手は尚志高校の7連覇を阻止した学法石川高校です。

皆様、ご声援宜しくお願い致します!

祝!剣道部が男女共に東北大会へ!

10月24日〜25日に行われた第54回福島県高等学校新人体育大会剣道競技において、男子は準優勝、女子は第3位となり、東北大会のアベック出場となりました。

男子は1回戦、2回戦は接戦となり本数差での勝利。準決勝も白河高校に2対1で勝って決勝に進むと、ここでも磐城桜ヶ丘高校に代表戦で敗れる大接戦。しかし、粘り強く戦って準優勝を勝ちとりました!

一方女子は1.2回戦は圧勝するも準決勝では白河高校に惜敗し第3位となりました!

男女アベックでの出場になる東北大会での活躍が期待されますね!頑張ってください!

令和2年度福島県高等学校新人体育大会弓道競技に参加しました。

10月17日(土)、いわき市立いわき弓道場で行われた福島県の弓道新人大会個人競技に参加しました。

当日は冷たい雨の降る中での競技となりましたが、特に大きな事故等なく無事に終えることができたので安心しました。

今大会は、本校から浦野恵音さんが女子個人競技に参加しました。実は昨年度の新人戦の県大会も出場する予定でしたが、台風の影響で棄権することとなってしまいました。本人としても去年出場できなかったことに対して、非常に悔しい思いをしたと思います。この悔しさをバネにして、今大会まで日々頑張っていました。
結果は予選敗退となりましたが、来年度に向けて、さらなる努力を期待したいと思います。

さて今年度の大会はすべて終わりました。今後、1年生、2年生が協力して、日常の練習を大切にし、さらなる成長ができるよう頑張ってほしいと思います。