ラグビー部が新人戦で第3位!

福島県高等学校新人体育大会ラグビー競技がいわきグリーンフィールドなどで開催され、本校ラグビー部は第3位という結果となりました。

本校は準決勝で優勝した勿来工業に敗れたものの、3位決定戦で強豪の郡山北工業高校を35対0で完勝し、第3位となりました。

これからますます力をつけ、花園出場を期待しています!

女子バレー部 新人地区大会優勝!!

12月11日から13日まで保原高校と聖光学院高校にて「令和3年度第55回福島県高等学校新人体育大会バレーボール競技県北地区大会」が開催され、優勝を収めることができました。

新人戦はこれから一年を占う大事な試合です。

来年度へ向けて、新チームの良いスタートが切れたと思います。

1月22日から開催される県大会に向けて、日々精進していきたいと思います。

数多くの方々からたくさんの応援をいただきました!
ありがとうございました!
今後とも宜しくお願い致します!

[試合結果]
(予選リーグ戦)
聖光 2–0 福島東
聖光 2–0 保原
(予選上位リーグ戦)
聖光 2–0 福島商業
聖光 2–0 福島
(決勝リーグ戦)
聖光 2–0 福島成蹊
聖光 2–0 橘

機械工作部1 部活動について

機械工作部のブログ開始から早1年半・・・。今回、2回目の投稿になります。長らくお待たせして申し訳ございませんでした。

今後は定期的にブログをアップしていきたいと思います。

 

機械工作部について少し紹介をさせていただきます。

 

活動内容ですが、模型会社の老舗である「タミヤ」さんから発売されている「ミニ四駆」を改造し、コース走行しています。

ミニ四駆とは、単三乾電池2個とモーターで走らせることができる模型です。

小学生でも組み立てることができ、モーター、タイヤ、ローラー等のパーツを別パーツに交換したり、改造することでさらにスピードアップさせることができます。

また、専用のコースがあり、タイム計測や他車と一緒に競い合うこともできます。

速く、そしてコースアウトしないマシン作りがとても難しいです。そして、ミニ四駆を通して、メカ的な知識を習得することもできます。

 

部員数は現在、2年生4名、1年生3名の合計7名で活動しています。

7名の中には、聖光学院の入学前からミニ四駆が趣味だった生徒もおります。

 

下記は部活で使用しているコースと生徒(+顧問)が製作したミニ四駆の写真です。個性豊かな(?)マシンばかりです。

 

 

剣道部が県北大会でアベック優勝!

剣道部が令和3年度県北高等学校剣道選手権大会で見事男女アベック優勝を果たしました!

男子団体では決勝リーグで福島高校を本数差で、学法福島高校を2-1で破り、女子団体は福島東・橘・福島連合に引き分けるも、安達高校、福島商業には共に5対0で圧倒するなど、貫禄のアベック優勝。

今や県屈指の強豪に成長した剣道部の今後の活躍に注目です!

新人戦 準々決勝

2021.11.29.Mon
新人戦 準々決勝
いわきグリーンフィールド

0-1 尚志

「可能性!」

この尚志を越えなければ、我々の目指すものへは到達しない。

ゲーム展開は決して劣るものではなかった。

悔しい敗戦である。

2022チームがスタートして、3試合目。

このチームには、素直さ、協調性があり、サッカーを取り組む姿勢が良い。
そして、何よりも自分たちで、いい雰囲気を作ることができる。

負けはしたが、多くの可能性を感じさせる内容だった。

今後、高いレベルで競争してほしい。

本日も平日ながら、多くのサポーターの皆様に応援頂きました。
ありがとうございました。

続きを読む →

新人戦 2回戦

2021.11.28.Sun
新人戦 2回戦
いわきグリーンフィールド

3-0 日大東北

「再昇格へ!」

県南王者を撃破。
終始、聖光のペース。

ミスがあっても、致命的にはならない。

守備への戻り、切り替えが遅くても、何とかなる。

手を抜いても、誰かがやってくれる。

そんな空気感!

我々の考えていることは、一年でプリンスに戻ること。

「再昇格」である。

ここに慣れてはいけない。

現状維持から成長はない。
厳しい反省、ミーティングからしか進化はない。

次戦は尚志。
目指すものへの距離を知る!

本日も多くのサポーターの皆さんと共に勝利を実感できたことにうれしく思います。
あすも共に戦いましょう!

続きを読む →

新人戦 1回戦

2021.11.27.Sat
新人戦 1回戦
いわきグリーンフィールド

3-1 郡山東

「初陣!」

2022チームの初陣。

大会初戦。
強風、悪コンディションのグランド。
新チームの練習は3日間。

様々、難しい状況の中、しっかりと結果を出してくれた。

すべてが手探りの状態。

選手たちは、競争、スタメン争い。
激しさを増している。

あすの対戦は、県南1位の日大東北。

胸を借りるつもり、全力で躍動する。

本日、多くのサポーターの皆さんと共に戦えたことに感謝申し上げます。
あすも一緒に戦いましょう!

 

プリンスリーグ東北 第15節

2021.11.23.Tue
プリンスリーグ東北 第15節
Jヴィレッジ

0-4 青森山田

「降格!」

5年戦い続けたこのカテゴリーからの降格が決まった。
それも日本一のチームとの対戦で。

完敗だった。

すべてを準備したが、手も足も出なかった。

ひとつの時代が終わった。

実力である。

どんなチームも最初から、強かったわけではない。

弱いところから、始まっている。

そして、強くなるためにチャレンジし続けている。
いろんなことを乗り越えている。
そして、諦めなかったから、強くなったのだ。

我々は強くなるために、次のステージでやり直す。

一年で必ず、戻る!

この日まで一緒に戦ってくれた選手たちには、感謝の気持ちでいっぱいである。

ゲームが終わった後、監督と選手から先生と生徒に戻れた気がする。

ちょっと気が楽になった。

残りの高校生活で社会に出るための人間力をさらに、身につけてほしい。

本日、降格をしてしまいましたが、ここまで多くの皆様に応援頂きました。
ありがとうございました。
今後もチームの活動を通して、少しでも恩返しが出きるように頑張っていきたいと思います。

ラグビー部は第3位!

ラグビーが第67回福島県高等学校体育大会ラグビーフットボール競技兼第101回全国高等学校ラグビーフットボール大会福島県大会において第3位となりました。

聖光学院は準々決勝で安積高校を12対8で下し、第1シード1磐城高校に挑むものの、前半から失点を重ねる苦しい展開となります。後半に12点を奪う粘りを見せますが、結局56対12で敗れてしまいました。

しかし、今年もベスト4まで進出したことは素晴らしい結果です。花園出場はなりませんでしたが、その想いは後輩に受け継がれていきます。

3年生の皆さんお疲れさまでした。そして1,2年生の皆さん、来年の花園を目指し頑張ってください!