新井秀校長説教集61~口の利けない人を癒す~

校長

2021年6月22日(火)

朝 の 説 教

- 口の利けない人を癒す-

『マタイ』9章27~34節

今日の聖書は、口の利けない人をイエス様が癒されたところです。口が利けないと言っても、自由に喋れる私たちにはすぐにはピンと来ません。そこで考えてみました。もし私が今、突然、ここで、口が利けない人間になったらどうなるのか?と。もう人前で話が出来ないのですから、私は聖光学院を辞めなくてはなりません。大好きな高校の教師を辞めなくてはなりません。また私は月2回、福島市内の教会で説教をさせて貰っていますが、声が出ないのでは説教が出来ませんから、牧師も辞めなくてはなりません。やむなく福島を去って宇都宮に戻っても、家族に話しかけることも出来ず、ただ微笑んだり、悲しそうな表情をしたり、泣いたりを繰り返すだけでしょう。手話は私も家族も出来ませんから、筆談が自分の思いを伝える唯一の方法です。何ともどかしく、辛く、悲しいことでしょう!今の私の生活は完全に終わりです。皆さんも、もし自分が突然口が利けなくなったならどうなるか?・・と想像してみてください。

口が利けないことは、いかに大変な不自由と苦痛と悲しみが伴うことか、想像するだけで恐ろしくなりました。今日の聖書に出て来るこの人も、同じ不自由と苦痛と悲しの中にずっと暮らしてきたのです。

私は小さい頃、かなりひどい「どもり」でした。緊張すると余計に言葉がスムーズに出てこないのです。両親はとても心配したようです。気が付くと、私は独り言を良く言っていました。幼いながら必死に自分のどもり・吃音を治そうとしていたのです。独り言による治療効果があったのか、少しずつ改善され、今はこうして皆さんの前で話が出来るようになったのが嘘のようです。

イエスさまの愛と力で、この人は口が利けるようになりました。ものを言い始めたのです。何と言う喜びでしょうか!皆で「おめでとう!良かったね!イエス様のお陰だね!」と歓喜の輪が出来ても良さそうなのに、周りの反応は違いました。群衆は驚嘆して、「こんなことは、今までイスラエルで起こったためしがない」と叫びました。一見まともな反応のようですが、驚くような奇跡を見なければイエス様がキリスト(救い主)だと信じられないという危険が含まれています。一方ファリサイ派の人々は、「あの男(イエス)は悪霊の頭の力で悪霊を追い出している」と語りました。何という心のひん曲がった嫉妬心の強い人たちでしょうか!口が利けるようになり、苦しみから解放されたのですから、何故素直に「良かったね!おめでとう!」と共に喜ぶことが出来ないんでしょうか?パウロは「喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい」(『ロマ』12:15)と教えています。でも、これ程実行の難しい教えはありません。自分だけが取り残されたようで、素直に他人の幸福を喜べないのです。私にもそういうところがあります。悔い改めなくてはなりません。

最後に、口が利けない人で私が知っているクリスチャンの詩人、水野源三さんについて話します。源三さんは9歳の時、集団赤痢に罹り、42度もの高熱に襲われ、脳性麻痺で首から下と言葉の自由を失ってしまいました。元気で利発だった源三少年を突然襲った病気。源三少年と家族の悲しみと苦しみは想像を越えます。でも故郷伝道に心血を注いだ宮尾隆邦牧師によって源三少年にイエス様の福音が伝えられました。1年後(13歳)には洗礼を受けクリスチャンになり、母のうめじさんの献身的な働きで、「まばたき」によって詩や俳句・短歌を作るようになりました。口が利けない源三さんは、耳が鋭敏になりました。「足音」という詩があります。

足 音

今日一日も

足音で始まる

新聞配達の足音

牛乳配達の足音

郵便配達の足音

今日一日の

霊の糧を与えてくださる

主の足音

源三さん一家は、口が利けるように癒して欲しいと、何度必死に主に祈ったことでしょう。でもそれがイエス様の答えでないと知ると、残された機能をフルに活かして、神様・イエス様の素晴らしさ、家族への愛と感謝、自然の美しさへの賛美を、多くの詩や短歌に書き残したのです。障害をイエス様と共に見事克服した一人の人間の生き方は、本当に驚くべきものだと思います。

新井秀校長説教集60〜断食についての問答〜

2021年6月17日(木)

朝 の 説 教

- 断食についての問答 -

『マタイ』9章14~17節

今日の聖書は、バプテスマのヨハネの弟子たちがイエス様のところにやって来て、「どうしてあなたの弟子たちは断食しないのか」と言ったところです。単に「言った」のではなく、「非難した」のです。イエス様は、当時の結婚式を例に挙げながら、彼らの非難を撃退しました。当時の結婚式は1週間続きました。

続きを読む →

校長説教集59~思い悩むな~

校長

2021年5月25日(火)
朝 の 説 教

- 思い悩むな -

『マタイ』6章25~34節

今日の聖書には「思い悩むな」という題が付けられていますが、それよりも「空の鳥・野の花」として良く知られたところです。聖書の中で最も美しい箇所です。私も大好きです。空の鳥・野の花の部分は殆ど暗唱しています。描写の美しさは、ベートーベンの交響曲第6番「田園」の第5楽章のようです。嵐が去り、森に静けさが戻って来ます。小鳥が再び囀りだし、木々から雫が落ち、日光が木々の中から差し込んでくる、あの第5楽章を思い出す美しさです。

イエス様はここで、空の鳥・野の花を例として挙げながら、人間が必要以上に自分の人生を心配することを止めなさいと言っています。人間は生きるために作物を育て、家畜を飼い、自分が食べる物を自分で育てます。でも空の鳥や野の花は、全く違います。神様から与えられたものだけで生きています。人間は、個人差はあるものの、昨日から持ち越された「過ぎ越し苦労」と、明日のことを今日から心配する「取り越し苦労」で、悩みの連続です。イエス様は、今日一日を感謝しつつ精一杯生き、後は神様の愛に委ねなさいと教えています。

19世紀のデンマークの哲学者キルケゴールは、今日の聖書箇所から『野の百合・空の鳥』という本を書きました。一部引用します。「花は黙っている。『いつ春が来るのか』と花は性急に問いはしない。花はまた言わない。『いったいつになったら雨が降るのだろうか』とか、『一体、いつになったら天気になるのであろうか』と。花は前もって『今年の夏はどうなるであろうか』と問いはしない。花はただ沈黙して待っている。花は単純である。しかし、花は決して欺かれはしない」。素晴らしい文章ですね。特に最後の「花は決して欺かれはしない」という神様・イエス様への絶対的信頼が素晴らしいです。

空の鳥や野の花は「心配ごと」とは無縁です。ただ沈黙して神様の恵みを信じて待っています。一瞬一瞬・毎日毎日を神様の恵みを受けて羽ばたき、神様から置かれた場所で花を咲かせ、実を結んでいます。空の鳥・野の花には、自分は他人からどう思われているんだろうという不安もありません。空の鳥・野の花は、神様の愛に完全に自分を委ね切っています。キルケゴールは、黙って待っている、沈黙して待っている空の鳥・野の花から、神様に信頼して生きていること、神様の声・神様の愛を聞き取る傾聴の大切さを学べと書いています。

イエス様は「何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる」と約束しています。そして「だから明日のことまで思い悩むな」と言うのです。

仏教の禅の言葉に「日日是好日」(にちにち、これ、こうにち)という教えがあります。「過去を悔いず、未来を夢見ず、積極的に今日を生きることができれば、毎日が最高の日になる」という教えです。」イエス様の教えに通じる素晴らしい教えだと思います。

最後に牧師であり詩人であった河野進先生の「花」という詩を紹介して終わります。今日の聖書の内容にとても近いと思うからです。

花は
自分の美しさに気がつかない
自分の良い香を知らない
どうして人や虫が
喜ぶのか分からない

花は自然のままに
咲くだけ
かおるだけ

校長説教集58~神と富~

2021年5月24日(月)

朝 の 説 教
- 神と富 -
今日の聖書で大切なのは、「あなたがたは、神と富とに仕えることはできない」
というイエス様のお言葉です。傍線を引いてください。或いはラインマーカーで塗ってください。以前の訳では「あなたがたは、神と富とに兼ね仕えることはできない」となっていました。私はこの訳の方で暗記しています。あたかも神様だけが善で、富(お金)は悪だと言っているようですが、違います。キリスト教は人が一所懸命働き、収入を得ることを否定しておりません。額に汗して働くことをとても良いことと教えています。

ところで、お金を英語で何と言いますか?moneyですね。でも英語にはmammon(マモン)という言葉もあり、これは「悪の根源としての富・お金」を意味しています。イエス様が問題にしているのはこちらの方で、富やお金の誘惑で人々が悪に染まることです。確かにお金で必要なものの殆どが手に入りますが、お金では手に入らないものもあります。ノルウエーのボルグというクリスチャン詩人の詩を紹介します。

お金

食べ物はお金で買えるが、食欲は買えない
薬はお金で買えるが、健康は買えない
ベッドはお金で買えるが、睡眠は買えない
化粧品はお金で買えるが、美しさは買えない
別荘はお金で買えるが、心地よさは買えない
快楽はお金で買えるが、本当の喜びは買えない
友達はお金で得られても、友情は得られない
使用人はお金で得られるが、忠実さは得られない
静かな日々はお金で得られても、心の平安は得られない

皆さんどう思いますか?ボルグの言う通りではないでしょうか?
私は聖書の『箴言』30章の次の言葉が好きです。「神様、わたしを貧しくもせず、金持ちにもせず、わたしのために定められたパンでわたしを養ってください。飽き足りれば神様を裏切り、神など何者かと言うおそれがあります。貧し
ければ、盗みを働き、神様の名を汚しかねませんから」。私は「アーメン!全くその通りだ」と思うのです。

旧約聖書の『列王記下』5章に出て来るゲハジという人の話をします。今から約2,800年位前、アラムという国の将軍ナアマンが重い皮膚病になり、預言者エリシャに治してもらおうと、部下を連れ、たくさんの貢ぎ物をもってやって来ました。エリシャは直接面会せず、使いの者に「ヨルダン川に行って7回身を洗いなさい。そうすればあなたの体は元に戻り、清くなります」と伝えました。ナアマンは、「わたしを一体何者だと思っているのか、会いもしないのは許せない侮辱だ、自分の国にはヨルダン川より遥かにきれいな川が何本もあるのだ」と怒りましたが、部下に宥められその通りにしました。すると、たちどころに赤ん坊の皮膚のようにきれいなすべすべした肌に回復しました。感激したナアマン将軍は、持参したお土産品を是非受け取って欲しいと頼みますが、エリシャは頑として受け取りません。やむなくナアマン将軍はエリシャ先生に何度もお礼を言い、帰国の途につきました。その一部始終を見ていたエリャした。神様に仕えているエリシャ先生よりも、お金に目がくらんだのです。

でも全てをエリシャ先生に指摘され、罰としてゲハジは、ナアマン将軍に代わって重い皮膚病になってしまったという話です。今日のイエス様のお言葉、「あなたがたは、神と富とに兼ね仕えることはできない」ことを良く示した物語です。

何を第一とした人生を歩むかは、人生の大きな岐路・分かれ道です。お互い、間違った道を選ぶことのないよう、今日のイエス様のお言葉を心に刻み、従いたいと思う者であります。

校長説教集57 〜祈るときには〜

校長

2021年5月18日(火)

朝 の 説 教

- 祈るときには ー             『マタイ』6章5~15節

昨日の聖書でイエス様は、人に見てもらい褒めてもらいたいと、わざと人前で施しをする当時の指導者たちを「偽善者」と批判しました。今日も同じです。

人に注目され褒めてもらいたくて、わざと目立つ所に出て行って長々とお祈りする指導者たちを、再び「偽善者」と厳しく批判しています。

そこで今日は短い時間、キリスト教の祈りについてお話ししたいと思います。

1 祈りは神様に向ってします。だから祈りの最初に「神様!」と呼びかけます。祈りの中身は大きく二つ、一つは神様への感謝と賛美です。「神様有難うございます!」という祈りです。二番目は「~してください」というお願いです。お願いだけだと「請求書の祈り」に終わってしまい不十分です。「神様有難うございました」という「領収書の祈り」が不可欠です。祈りの最後には、必ず「イエス様のお名前によって祈ります。アーメン!」と言います。神様と私たちの間にイエス様に入っていただき、とりなしていただくためです。

2 祈り方は何も決まっていません。手は組んでも良いし、合掌でも良いし、膝に手を置いても構いません。目はつむっても、つむらなくても良いです。頭を垂れて祈るのも良いし、天空に向って顔を上げて祈っても構いません。跪いて祈ることは、とても素晴らしいことで、わたしも時々します。神様への絶対的信頼と服従が現れているからです。イエス様ご自身、殺される直前、うつ伏せになって祈ったお方でした。

3 祈りについての根本的な教えは詩編50編15節にあります。「悩みの日にわたしを呼べ。わたしはあなたを助ける。そしてあなたはわたしを崇めるであろう」です。第一に神様は、私たちに祈りなさいと命じています。第二に、その祈りは必ず神様に届き、最も良い回答が与えられると約束しています。第三に、その結果人々は神様を褒め称えると言っています。

4 祈る時には、神様は決して悪いようにはならさないお方だという信頼をもって祈ることが大切です。祈りは神様を変えません。祈っている人間を変えるのです。わたしたちの意のままになる神様は、「神様」ではなくなってしまいます。私たちがどう祈り願おうと、神様はご自分の御心を行うのです。私たちは「今すぐ欲しいもの」を祈りますが、神様は私たちに「本当に必要なもの」をくださる方であります。

私の父は24歳の時、東芝のバスケットボール部に所属し、試合中相手選手と激突したことが原因で、失明しました。父も家族も皆必死に視力の回復を祈りました。でも神様の答えは「NO!」でした。やがてイエス様に導かれた父が気付いたのは、神様からの「お前にやって欲しいことがあるんだ。日本の盲人に福音を伝えるために、日本の盲人の生活向上のために、私は敢えてお前を失明のままにした。私の使者になってイエス・キリストの福音を伝える者になってくれ!」という声でした。父は盲学校の英語の教師をしながら、毎土曜日自宅を開放してバイブルクラスを開き、神様の期待に応えて何と100人以上の人々を信仰に導きました。私自身、父に導かれた者の一人であります。

このように、祈りの回答は神様が決めるものであり、その回答には神様の愛と遠大な計画が秘められていることを知って欲しいのであります。お互い、日々神様に感謝し祈り願う者でありたいと、今日のイエス様の言葉から改めて教えられました。

校長説教集56〜あなたがたは地の塩である〜

2021年5月6日(木)

朝 の 説 教

- あなたがたは地の塩である ―          『マタイ』5章13節

今朝は、13節のイエス様のお言葉、「あなたがたは地の塩である」についてお話しします。塩は摂りすぎると高血圧になるため、何か悪者のように言われがちですが、人間にとってなくてはならない貴重なものです。夏の甲子園の応援は炎天下で、汗をかきます。 続きを読む →

校長説教集55~バプテスマのヨハネの教え~

2021年4月20日(火)

朝 の 説 教

- バプテスマのヨハネの教え -

『マタイによる福音書』3章1~12節

今日は、1節に出て来る「洗礼者ヨハネ」という人のことを話します。

第一に話したいのは、彼の誕生の背景です。彼の父はザカリア、母はエリサベトと言いました。エリサベトは英語ではエリザベス。クイーン・エリザベスのように女性に好んで付けられる名前です。二人にはずっと子供がありませんでした。もう高齢になっていて、二人に子供が与えられる見込みは無かったのですが、神様の一方的な恵みによって与えられた男の子でした。両親は、この子ヨハネを神様にお返ししようと、「ナジル人」として育てました。ナジル人は、神にささげられた人で、お酒を一切飲まず、髪の毛を一度も切らず、質素で禁欲的な生活を送りました。洗礼者ヨハネが、「いなごと野蜜を食べ物としていた」 続きを読む →

校長説教集54 ~ヘロデの幼児虐殺~

2021年4月16日(金)

朝 の 説 教

- ヘロデの幼児虐殺 -

『マタイによる福音書』2章16~18節

今日はとても話すのが辛い箇所です。でも話さねばなりません。16節に「ヘロデは占星術の学者たちにだまされたと知って、大いに怒った」とありますが、最初にだましたのはヘロデでした。8節でヘロデは、「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう」と言っていますが、「行って殺そう」が本心で、幼子イエスを礼拝する気持ちなど全くありませんでした。権力者は真に勝手なものです。 続きを読む →

校長説教集53~イエス様に出会うことの意味~ 

校長

  2021年4月14日(水)

朝 の 説 教
- イエス様に出会うことの意味 -
『マタイによる福音書』2章1~12節

イエス様がお生まれになった時、その地方の領主はヘロデという人でした。1節にヘロデとありますので、○で囲み、右側に線を引っぱり、「ヘロデ大王」と書きなさい。聖書には何人ものヘロデが出て来るので、はっきりさせるためです。次のベツレヘムとエルサレムという町の名前も、それぞれ〇で囲みなさい。ベツレヘムはイエス様が生まれた町、エルサレムは当時の首都であり、イエス様がやがて十字架で殺された町です。基本的なことです。覚えちゃいましょう。1節後半の「占星術の学者たち」も〇で囲みなさい。

今日の聖書から最初に話したいことは、何故遥か東方に住む外国の、しかも占星術の学者たちにイエスの誕生が最初に知らされたかです。東方とはアッシリアとかバビロンです。それらはユダヤ人にとっては憎むべき国です。かつて、自分たちの先祖を捕虜として捕えて行った国であり、神殿のあるエルサレムから連れ去った国です。少しも神など信じていない国です。しかも星占い。すべてを神様に聞き、神様に頼って生きて行こうとするユダヤ人にとっては、蔑んできた職業です。でも、それが神様の御心でした。ユダヤ人たちが傲慢に、「神様に何の関係もない、神様に救われる筈などない異邦人、しかも星占い」と軽蔑していた人々にこそ、神の子イエス様の誕生の予告が最初になされたのです。

次に話したいのは、イエス様に出会った人間は、どんな行動をするか、どんな人間に変えられるかについてです。彼らは星に案内されて、生れたばかりのイエス様に会うことが出来ました。その時彼らは何をしたでしょうか?次の4つです。今から言いますので、傍線を引き、①~④の番号を付けなさい。

  •  喜びに溢れた
  •  ひれ伏して幼子イエスを拝んだ
  •  持って来た宝物である黄金・乳香・没薬を贈り物として献げた
  •  別の道を通って自分たちの国へ帰って行った

ここから分かることは第一に、彼らは真剣に「救い主」を求めていたことです。だから僅かな星の動きも見逃さず、すぐに星に導かれて動き出し、遂にユダヤのベツレヘムで神の子イエス様に出会ったのです。人は真剣に、熱心に何かを求めている時にのみ、素晴らしい出会いがあることを教えてくれます。

第二は、救い主に出会うと、人は喜びに溢れるようになり、ひれ伏して拝む者に変えられ、持っている大切なものを喜んで神の前に献げる者に変えられるということです。これは今日も同じです。イエス様を私の救い主(キリスト)として心に迎え入れる時、人はこのように大きく変えられます。悲しむ者から喜ぶ者に変えられ、心から伏し拝む者に変えられ、自分の宝物を喜んで神様に献げる者に変えられるのです。これが、イエス様をキリストと信じる者の共通の変化です。

そして、今まで歩んで来た道とは180度違う、全く「別の道」を歩む者へと変えられるのです。何と素晴らしい出会いと変化でしょうか!私たちも東方の博士たちのように、イエス様に本当に出会い、新しい喜びと感謝の道を歩む者に変えていただきましょう!

校長説教集52 ~父ヨセフの苦悩と優しさ~

2021年4月13日(火)

朝 の 説 教
- 父ヨセフの苦悩と優しさ-                  『マタイによる福音書』1章18~25節

 

1 はじめに
今日学ぶ聖書は『マタイによる福音書』1章18節からです。すぐ開(ひら)けるように、1年生は聖書に栞を挟んでおきなさい。大事なところには「傍線を引きなさい」とか「~を書き込みなさい」と言いますので、必ず筆記用具を手元に置いておきなさい。2~3年生もです。また、教会の礼拝では絶対にいことですが、睡眠防止もあり、時には質問しますので、指名された生徒は「ハイ!」と大きく手を挙げ、それから答えなさい。年と共に耳が聞こえにくくなってきました。協力してください。 続きを読む →