福祉コースで普通救命講習実施!

本日3年普通科福祉コース対象に普通救命講習を行いました。1校時から3校時を利用し、伊達市消防本部の消防隊員に指導を受けました。

 

 

 

 

生徒たちも明るく、元気よく、そして真剣に取り組んでいる様子でした。福祉コースに在籍する生徒には必須のスキルといっていい救命講習。できればそういう場面に遭遇することはないと願うものですが、いつその時が来るかはわかりません。今日の講習を忘れずに、迅速に対応できるようにして下さいね。

ところで、今日の「先生」の中にこんな人が!

 

 

 

 

彼は本校の卒業生で野球部に在籍。2003年度卒業で、甲子園出場はなりませんでしたが、秋・春の県大会を制し、夏の大会では決勝戦で敗退したチームの副主将佐藤正裕氏です。佐藤さんは二塁手としてチームを牽引し、大活躍。当時はまだ県で優勝することは奇跡に近い時代。2001年初出場以来2度目を目指す時で、佐藤さんの時代の決勝での敗戦が2004年、2005年の連続出場に繋がり、現在の12連覇に辿り着いているのです。そういう意味で佐藤さんは聖光学院の礎を創った選手の一人なんですね。
母校に「先生」として戻ってきた佐藤さん。本当にありがとうございました!

12年連続「介護職員初任者研修」100%取得

命の大切さや有り難さを感じる

福祉を学ぶ中で命の大切さや生きるとは何か?感謝の意味など、自分の人生をどのように生きていくべきなのかなどを学びます。

ここでしか学べない充実した授業

福祉について学ぶほか、浴衣の着付け教室や華道、手話、救命講習など、充実した授業を学ぶことができます。

190515ST_2057

学校にいながら社会を学べる

医師や看護師、施設の経営者やケアマネージャー、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、社会福祉士など、実際に現場に携わる方が直接指導してくれる授業を受けることができます。

介護職員初任者研修12年連続100%取得

介護職員初任者研修(旧名:ヘルパー2級)の資格は、福祉コース解説以降、12年連続100%取得。超高齢社会を迎える今日の日本にとって、福祉の職種に携わる者が社会的に重宝される時代です。時代のニーズに応え地域社会に貢献できる人材を育成します。