Nyankoさん来校!手話講座を開催しました!

本日5.6校時に、1・2年の普通科福祉コースを対象に「手話講座」を開催しました!

来年度から新設される「福祉探究コース」でも取り入れられる手話。今日の講座では、世の中から今必要とされている手話の実情などの講義を、群馬大学共同教育学部の金澤貴之教授、㈱プラスヴォイスの三浦宏之氏から講義を受けた後、6校時にはCLかるたに挑戦するなど、とても楽しい時間となりました。

IMG_6014

モデルで手話パフォーマーのNyanko(にゃんこ)先生による、CLかるたでは、生徒と共にとても楽しく、そして有意義な時間を過ごすことができたようです!CLかるたとは、ジェスチャーでとるカルタを指示するというもの。是非動画をご覧ください!

生徒が手話に興味を持ち、意欲的に取り組んでくれることを望んでいます!

職業理解ガイダンスを行いました!

本日は全1・2年を対象にした職業理解ガイダンスを行いました!

初めはそれぞれの教室でZOOMを使った全体会を視聴したあと、各教室などに設置された職業別のブースに移動し、それぞれの職業に関する理解を深めました!

どんな職業なのか、その職業にはどうやったら就くことができるのか、そしてそのために今できることは何なのか・・・。

公務員、教師、音楽関連、スポーツビジネス、歯科衛生士、幼児教育、リハビリ、語学、国際ビジネス、動物、デザイン、販売、営業などなど、多岐にわたる職業から選択して様々なお話しを聞くことができました!

3年生は実際の進路活動に追われる中、その後姿をみる1・2年生にとって非常にいい時期でのガイダンスになったようです!

福祉コースで国際医療福祉大学の出張講義を受講!

昨日普通科福祉コースの1.2年生を対象に、国際医療福祉大学の出張講義を受講しました。

看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士、診療放射線技師、臨床検査技師などなど、福祉に関連する様々な仕事について、大変有意義なお話しを頂きました。

福祉と聞くと「=介護」というイメージがあるかと思いますが、「福」も「祉」も、「幸福」や「しあわせ」を意味する漢字なんですね。

本日の講義で生徒たちの理解が深まり、将来の自分がどのように福祉に携わっていくかをイメージしてくれたらな、と思います!

聖光学院では来年度より学科再編を行い、「福祉コース」が「福祉探究コース」に生まれ変わります!これまで「介護」を中心に据えてきましたが、来年からはそれに加えて看護、保育、手話などを加え、より広範囲に「福祉」を学んでいきます!

校内競技大会開催!

聖光学院秋の風物詩、校内競技大会が10月28日(木)・29日(金)と二日間に渡って開催されています!

校内には生徒の元気のいい声がこだまし・・・コロナもおさまってきていますから、なんだか、学校がこんなに盛り上がったのは本当に久しぶり!そんな感じがします。

ソフトボールやバレーボール、バドミントン、卓球など、また運動が不得意な生徒もいますから、オセロ大会やeスポーツ競技も!

各クラスで作ったTシャツを着て、大いに盛り上がっています!

群馬大学・株式会社プラスヴォイスと包括的連携について、記者発表を行いました!

本日、国公立大学である群馬大学と(株)プラスヴォイスとの包括的連携について記者発表を行いました!

㈱プラスヴォイスは宮城県仙台市にある企業で、障害者福祉向上のための事業や、聾者に対する遠隔通訳サービス、代理電話サービスなどを手掛ける企業です。また、群馬大学は様々な法改正の下、国の事業として取り組んでいる手話通訳士の育成の中核的存在であり、大学としては唯一、体系的な手話通訳者の育成カリキュラムを設けている機関であり、この度全国の高等学校で初めて手話習得のカリキュラムを本校で行うこととなりました。

1・2校時目に福祉コースの生徒に対して手話の授業を行い、午前11時より包括的連携の記者発表を行いました。

記者発表には国立大学法人群馬大学共同教育学部特別支援教育講座教授の金澤貴之氏、㈱プラスヴォイス代表取締役社長の三浦宏之氏、遠隔手話オペレーターの平間麻衣氏、本校からは新井秀校長、遠藤直仁教頭、根本寿実教頭が出席しました。

聖光学院では来年から学科再編を行い、新設される福祉探究コースにおいて、継続的に手話の授業を取り入れることになります。

ますます進む新しい聖光学院船出への準備。今後も本ホームページでその取り組みをご紹介していきます!

次世代スクールプロジェクトを開催!「性別について考えてみよう」

6月22日(火)に2年普通科進学コース並びに福祉コースにおいて、次世代スクールプロジェクト「性別について考えてみよう」を実施しました。

福島県男女共生センターの櫛田みゆき様を講師にお迎えし、「性別」についてのお話しを頂きました。

男女共同参画とは?から始まった講義。男女間の格差が少ない国ランキングで日本はなんと120位。いきなりの現実に生徒も驚きの表情。

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)の人が8.9%の割合で存在すること、性別は本当に「男」と「女」しかないのか、「男らしさ」や「女らしさ」は社会的・文化的につくりだされたものではないのか、などなど櫛田先生のお話しは考えさせられる内容ばかり。

最後は櫛田先生から、「誰もが自分が生きたいように生きる権利があり、それを当たり前にしていくことがとても大切であること」、そして「自分らしさを大切に、みんなの力で誰もが生きやすい世の中に」という問いかけに、生徒達も納得の表情を浮かべていました。

普通っていったい何だろう、多様性が認められる社会とは・・・これからの社会を生きる生徒たちにとって、とても勉強になる機会でした。

櫛田先生、ありがとうございました!

恒例!弁論大会本選結果発表!

6月9日(水)に恒例の弁論大会を行いました!

コロナ禍のため、本選はDVDにあらかじめ録画したものを各クラスで視聴する形式で行われました。各弁士の熱弁が素晴らしく、しっかり準備して臨んでくれたのが嬉しいですね。

そんな中、理事長賞を受賞したのは3年普通科進学コースの酒井梨紗さん(梁川中出身)でした!

酒井さんは「その指示は適切か?」と題し、2014年の韓国で起きた「セウォル号沈没事件」と2011年の東日本大震災の「釜石の奇跡」と言われた出来事を題材に「指示」に関して言及。「セウォル号」事件では指示に従わずに行動したおかげで一部の命が救われたこと、「釜石の奇跡」では指示が出る前の適切な行動が命を救った事例を挙げながら、「指示は万人に向けて出ることが多い。だからこそ、自分に適切であるかを判断し、行動するべき」と主張しました。

酒井さんの堂々たる発表、抑揚のある説得力ある話し方が多くの共感を呼び、理事長賞の受賞となりました!酒井さん、おめでとうございます!そして他の弁士の皆さんも素晴らしかったです!お疲れさまでした!

審査結果
<理事長賞>
○酒井梨紗さん(3年普通科進学 梁川中)
「その指示は適切か」
<優秀賞>
○石引未暢子さん(3年普通科進学 須賀川第一中)
「color」
<優良賞>
○熊田琉吾君(2年情報電子科 信夫中)
「吾輩は液体である」
<奨励賞>(順不同)
○宮川 礼君(3年普通科福祉 平野中)
「コミュニケーション」
○浅野圭吾君(2年電気科 伊達中)
「僕の心を育んだもの」
○虎岩慶人君(2年普通科福祉 大鳥中)
「飯坂町の良さ」
○松尾学武君(1年情報電子科 高槻第八中)
「人生の試練」
○宮一柊之介君(1年普通科進学 松井田北中)
「親元から離れて」
○塩田光輝君(1年普通科福祉 平野中)
「手話を日常に」

1学年独自開催の弁論大会開催!

毎年恒例の弁論大会。昨年から続くコロナ禍の影響で、従来通りの開催は断念した形となりましたが、1学年会では入学したばかりの1年生に対し、表現の場を作ろうと独自開催を決断、5月20日(木)に予選会を開催しました。

選出された弁士は熱弁を振るい、高校生活「最初の」公式行事を行いました!皆さん、素晴らしい弁論でした!

八巻真翔(機械科) 「コロナ禍について」
遠藤大雅(機械科) 「礼義やマナーを守る大切さ」
佐柄優我(電気科) 「クラス」
松尾学武(情報電子科)「人生の試練」
塩田光輝(普通科福祉)「手話を日常に」
宮一柊之介(普通科進学)「親のありがたみ」
伊藤如春(普通科進学)「AIの付き合い方について考える」

厳正なる審査の結果、塩田光輝君がトップで予選を通過、宮一柊之介君が次点で、松尾学武君が学年会推薦で本選に進みました。

本選はあらかじめ撮影を行いDVDで各教室で視聴する形で6月に行われます。理事長賞めざして頑張ってください!

福島大学見学会・進路ガイダンスに参加しました!

本日福島市で開催された進路ガイダンスに参加しました。また、普通科進学コースでは希望者を対象に、地元の国公立福島大学の見学会に参加しました。

進路ガイダンスは例年行われている恒例行事ですが、昨年は緊急事態宣言のため中止でしたが今年は実施。3年生はもちろん2年生も参加できるこのガイダンスは、進路活動に取り組む上で非常に大きなきっかけとなっています。

また、福島大学では「大学説明会」や「施設見学会」を行いました。恐らく、初めて感じたであろう大学キャンパスの雰囲気に、生徒たちは大きな刺激を受けたようでした。

進路意欲を高揚させる意味でも、大学見学会や進路ガイダンスに参加するのはとても大切なことですね!生徒たちは今年も真剣な眼差しで、大学関係者や専門学校の関係者の話しに耳を傾けていました!

1年生オリエンテーションが始まりました。

先週金曜日に入学式を終えた新1年生が、今日から通常登校です。最初の1週間は午前中授業となりますが、早速今日からオリエンテーションを開始。

1・2時間目には身体測定を行い、3時間目には生徒手帳の利用方法の説明会が行われました。明日以降も制服着こなしセミナーなどオリエンテーションが目白押し。いろいろと慣れない生活の中で覚えることもたくさんあって大変かと思いますが、1年生の皆さん、頑張ってくださいね!

(担任不在などの理由で、後日撮影のクラスあり)