野球部「2020 秋」2回戦で激闘の末敗退

昨日県営あづま球場で開催された秋季県大会の2回戦は、東日本国際大昌平高校と対戦し、雨中の激戦の末、6対7で敗れました。

序盤からリードを許す苦しい展開も、終盤執念の追い上げを見せたものの、守備の乱れが響きあと1点届かず、無念の敗退となりました。

皆様のご声援に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

野球部「2020 秋」初戦は福島高校に6対2で勝利!

本日県営あづま球場で行われた第72回秋季東北地区高等学校野球福島県大会の1回戦は、同じ県北地区の福島高校と対戦し、6対2で勝利しました。

聖光学院は初回表、一死後に2番皆川雅己君がセンター前ヒットを放つと、3番坂本寅泰君もレフト前ヒットで続き、4番栗城大河君が四球を選んで満塁のチャンス。ここで5番神元大地君がレフト前タイムリーで続き、その後も7番浅見柚太君が押し出しの四球をを選んで先制します。

そしてその裏、先発の1年生右腕佐山未來君がマウンドに上がりますが、先頭打者にセンター前ヒットを放たれると、二死二塁から4番打者が適時打を放たれて1点を失い、試合は初回から点数を取りあう展開となりました。

追加点が欲しい聖光学院は、2回に先頭の佐山君が自らライト前ヒットを放つと、1番伊藤康生君がしっかりと送り、ここで2番皆川君が2打席連続のセンター前ヒットを放って3点目を挙げます。聖光打線は3回にも神元君が右中間に二塁打を放つと、二死後8番後藤駿太君がレフトオーバーの三塁打を放って4点目、4回にも二死二塁から神元君が3打席連続となるヒットを放って5点目を挙げて完全に主導権を握ります。

一方佐山君は2回以降も制球よく投げ込みますが、5回に一死から三連打を浴びて1失点、ここで聖光ベンチは2年生の五十嵐蓮君を投入、五十嵐君は一死一・二塁から4番打者を見逃しの三振に打ち取ると、5番打者にはレフト前ヒットを放たれますが、続く6番打者をセカンドゴロに打ち取ってピンチを脱します。

6回にも1番伊藤君のセンター前ヒットを足掛かりにチャンスを作ると、4番栗城君の犠牲フライで6点目を挙げると、五十嵐君が6回こそ失策絡みで二死二・三塁のピンチを招きますが後続を打ち取ると、7回以降は安打を許さず見事な火消し。

結局試合は6対2で聖光学院が勝利し、2年ぶりの秋の勝利を掴みました。次戦は明日、同じあづま球場でいわき地区1位の東日本国際大昌平高校と対戦します。皆様、どうぞご声援よろしくお願い致します!

野球部 2020 夏の東北チャンピオンは聖光学院!仙台育英学園を8対0と圧倒!

本日石巻市民球場で開催された令和2年東北地区高等学校野球大会の決勝戦は、仙台育英学園と対戦し、8対0の圧倒的な勝利にて、優勝を果たしました!

聖光学院の先発はエース舘池亮佑君、仙台育英は昨年スーパー1年生と騒がれた伊藤樹君。舘池君は初回のマウンドで、1番打者と2番打者にいきなり連打を浴び、ピンチを迎えますが、3番打者と4番打者を連続三振に斬ってとると、次打者をショートゴロに抑え、ピンチを脱します。

先制点は3回、聖光学院は二死から2番小林聖君がライト戦への二塁打で出塁すると、四球を挟んで4番畠中子龍君がセンター前ヒットを放ち1点を挙げ、試合の主導権を握ります。

そして試合が大きく動いたのは5回でした。先頭の海野卓人君が死球で出塁すると、2番小林君の時にヒットエンドランが見事に決まり、無死一・三塁の大チャンス。3番坂本寅泰君も四球を選び、無死満塁。ここで4番畠中君も相手投手がプレッシャーに負けたか、死球で1点を追加、5番小野大輔君がレフト前ヒットでこの回2点目、その後ワイルドピッチで3点目を挙げ、さらに一死満塁とチャンスを広げると、今日スタメン抜擢で過去2打席でヒットを放っている8番藤田竜輝君が相手の3番手投手から見事な左中間を抜く走者一掃の二塁打を放ってさらに3点を追加、この回6点を挙げるビッグイニングを作ります!

昨秋の東北王者、仙台育英学園を相手に5回で7対0と圧倒する試合展開、8回にも海野君が三塁打を放ち、これを小林君がきっちり犠牲フライを放ち、8点目を挙げました。

投げては舘池君が6回に一死満塁のピンチを三振と投手ゴロに打ち取る粘り強さを発揮するなど、終始仙台育英を手玉にとる素晴らしいピッチング。強力打線相手に被安打はわずか5、奪三振は7でまさかの完封劇。大エースとして成長した舘池君の好投と、粘り強い打撃、そしてひた向きな姿勢。

コロナ禍の本当に苦しい2020年。聖光学院は見事福島県を勝ち抜き、今日とうとう東北チャンピオンとなって、高校野球を終えました。

見事、見事な価値ある優勝。野球部の皆さん、本当におめでとうございます。そしてありがとうございました!

そして最後に・・・

このチーム、甲子園の土を踏ませてあげたかった!

野球部「2020 夏」東北大会準決勝はサヨナラ勝ちでファイナルへ!

本日石巻市民球場で開催された「令和2年 東北地区高等学校野球大会」の準決勝は、昨秋の東北大会で準優勝し、「夏の選抜交流試合」に出場する鶴岡東高校と対戦し、2対1のサヨナラ勝ちで勝利し、決勝進出を決めました。

聖光学院は初回、先発舘池亮佑君が鶴岡東打線につかまり、1点を献上するスタートとなります。ジャンケンで勝った先攻をとった鶴岡東の先制攻撃が実った形となりました。すぐに反撃に転じたい聖光学院ですが、相手先発の小林投手の前に、3回まではチャンスをつくるものの点数を奪えない苦しい展開。しかし、聖光学院舘池君も不安定な立ち上がりも3回からは調子を上げ、鶴岡東打線を翻弄します。

聖光打線も4回から3イニング連続で三者凡退に抑えられますが、7回先頭の坂本寅泰君がセンター前ヒットで出塁すると、4番畠中子龍君もセカンドへの強襲ヒットで繋ぎ、5番小野大輔君の送りバントで一死二・三塁のチャンスを作ると、聖光ベンチは代打の切り札、県大会の白河戦で逆転本塁打を放った星匠君を送ります。期待に応えたい星君は、ここできっちり犠牲フライを放ち、やっと同点に追いつきます。

続く8回にも9番舘池君のヒットを足掛かりに、二死二塁のチャンスを作ると、2番小林聖君がライト前ヒット。逆転か!と思われましたが、ここは相手右翼手の素晴らしい返球でホーム間一髪アウト!残念ながら逆転はなりません。

しかし9回、一死から4番畠中君がセンター前ヒットで出塁すると、5番小野君の時にエンドランをしかけ、見事レフト前ヒットを放ちます。ここで左翼手がファンブルする間に、畠中君が三塁へ進み一死一・三塁の大チャンス。鶴岡東ベンチはこの夏のラッキーボーイ星君を申告敬遠で満塁策をとります。

このチャンスに迎えるは7番キャプテンの内山連希君。内山君はカウントツーボールワンストライクからアウトコースの投球を見事センターに弾き返し、サヨナラ勝利!劇的なラストシーンで、聖光学院は東北大会ファイナルへの進出を決めました。

新型コロナウィルスの影響で日本全国が沈んだ今年。様々な苦難を乗り越えて、それに立ち向かった聖光ナインは、昨秋の初戦コールド負けから立ち直り、東北高校野球のファイナリストとなりました。

決勝戦は明後日12日、石巻市民球場で、明日行われる準決勝のもう1試合、仙台育英学園高校と明桜高校の勝者と対戦します。皆様、ご声援よろしくお願い致します!

同窓会より東北大会に出場する野球部に激励金が贈られました!

本日、本校同窓会より、令和2年東北地区高等学校野球大会に出場する野球部に、激励金が贈られました。

須田信男様、福地浩司様がご来校され、斎藤智也監督に激励金を贈り、「ぜひ優勝を!」と激励を頂きました!誠にありがとうございます!

野球部は本日から開催されている東北大会に出場します(試合は明日)。

野球部卒業生が福島県高野連に寄付した「甲子園の土」は優勝校聖光学院に!

新型コロナウィルス感染症のために中止となった今年の夏の甲子園。そこで野球部の歴代の甲子園出場世代が立ち上がり、福島県の高校球児のためにと、甲子園出場時に自ら集めた甲子園の土を集め、今年6月福島県高野連に寄付していました。

その甲子園の土は代替大会の優勝校に記念品として贈られることになっており、先日の決勝戦で優勝した本校選手に贈られました。

卒業生たちの熱い気持ち。結果的に先輩から後輩に受け継がれた甲子園の土。

野球部の皆さん、本当におめでとうございます。そして卒業生の皆さん、ありがとうございました!

上記記事のネットニュース

野球部「2020 夏」特別な夏。価値ある優勝!エース舘池君見事な完封劇!

       

本日ヨーク開成山球場で開催された福島県2020高等学校野球大会の決勝戦は、光南高校と対戦し、エース舘池亮佑君が見事被安打2の好投を披露、打線も効果的に機能して、甲子園を目指せない特別な夏を制しました!

聖光学院は2回、一死二塁のチャンスを作ると、7番主将の内山連希君が左中間を深々と破る二塁打を放って先制点を挙げると、3回も一死二・三塁から4番畠中子龍君がインコースの変化球をセンターに運び、2点を追加。さらに一死一・三塁とチャンスを広げると、6番小野大輔君がスクイズを決めてこの回3点目を挙げて試合の主導権を握ります。

先発のエース舘池君は初回から絶好調。キレのある直球を軸に完全に光南打線を翻弄。6回にも、今大会無失点の光南のエース國井投手から2番藤原楓凡君の犠牲フライと3番坂本寅泰君のタイムリーで2点を追加した聖光学院は、終始光南高校を圧倒。

エース舘池君は9回を被安打2、奪三振は7でほぼ完璧な投球。打線も光南の2枚看板から11安打を放ち6得点。素晴らしい試合運びで福島県を制しました。

これで聖光学院は14年連続で福島県大会を制覇。新型コロナウィルスで休校期間あり、甲子園の中止ありと、異例づくめの特別な年を、優勝で締めくくりました。

野球部は9日から宮城県石巻市で開催される「令和2年度東北地区高等学校野球大会」に出場し、10日に鶴岡東高校と青森山田高校と勝者と対戦します。皆様、ご声援お願い致します!

野球部「2020 夏」準決勝は福島成蹊に圧勝!14年連続決勝進出!

本日ヨーク開成山球場で開催された福島2020夏季高等学校野球大会の準決勝は、同地区で昨秋の準優勝校福島成蹊高校と対戦し、11対1の6回コールドで勝利し、14年連続の決勝進出を決めました。

聖光学院の先発は長身の渡嘉敷乾君。昨春以来の公式戦登板となりますが、初回から荒れ模様。ボールが指にかからず、先頭打者に四球を与えると3番打者にもライト前ヒットを放たれ一死一・三塁のピンチに。しかしここはスクイズを一塁手の畠中子龍君の好守備で本塁アウトにして無得点で切り抜けます。

2回からの渡嘉敷君投球に期待がかかりますが、6番・7番打者に連続ヒットを放たれ、送りバントを決められると、9番打者にあっさりとタイムリーヒットを放たれて1点を先制されます。聖光ベンチは早くも渡嘉敷君をあきらめ、小松優都君を投入。小松君はなおも続く一死一三塁のピンチに、小松君は気迫あふれる投球で相手打者を追い込むと、最後は威力あるストレートでショートゴロのダブルプレーに斬ってとり、ピンチを脱します。

すると聖光打線はその裏二死から内山連希君がセンター前ヒットで出塁すると、ボークで二進し、迎えるは今大会初スタメンの佐藤銀時君が追い込まれてからアウトコースのスライダーを左手一本で拾って執念のタイムリーヒットを放って同点に追いつきます。

 

小技で勝ち越した聖光学院は、4回には7番内山君が二塁打で出塁すると、その後9番小松君のタイムリーヒット、1番海野君の左中間への三塁打で2点を追加。5回にも畠中君のライト戦の二塁打を皮切りに、小松君の2打席連続のタイムリーなどで3点を追加し勝負を決めます。

こうなると注目は小松君のピッチング。小松君は3回から5回までの3イニングを、MAX144km/hのストレートを軸に福島成蹊打線を翻弄。6回頭に足の痙攣で降板となりましたが、被安打2の5奪三振で無四球とほぼ完璧な投球。

小松君の後を受けた田口嵩人君も6回1イニングを3人でピシャリと抑え、流れを渡しません。

試合は6回裏にも3番坂本寅泰君と畠中君の連続長打などで3点を挙げた聖光学院が、合計11得点で6回コールド勝利。福島成蹊を圧倒して14年連続の決勝進出を決めました。

決勝戦は、昨年も準決勝で対戦した光南高校との対戦。昨年は5対0で完勝しましたが、去年のバッテリーがそのまま残るチームで、エースの国井投手は今大会絶好調の好左腕。甲子園は中止となりましたが、2020年の県チャンピオンの座を懸けて、熱い戦いが予想されます!

決勝戦は明後日7日、ヨーク開成山球場で開催されます。皆様、ご声援よろしくお願い致します!

野球部「2020 夏」準々決勝は磐城高校と死闘!4対2で逆転勝利!

本日県営あづま球場で開催された2020福島県高等学校野球大会の準々決勝は、センバツ高校野球の21世紀枠で選出され、今夏の甲子園の交流試合に出場する磐城高校と対戦し、4対2で勝利しました。

先発は聖光学院が舘池亮佑君、磐城高校が沖政宗君と両エースの投げ合いとなりました。磐城高校は初回先頭打者がセンター前ヒットで出塁すると、その後二死満塁として6番打者を迎えます。ここで6番打者の打球は火の出るような当たりのピッチャー返し。センター前に抜けるかと思われた打球でしたが、舘池君が差し出したグラブにおさまり、ピンチを脱します。

しかし、続く2回にも二死三塁から1番打者を完全に打ち取った打球がボテボテの三塁線のゴロに。これが内野安打となって1点の先制を許します。

聖光打線は磐城のエース沖君の緩急をつけた投球に決定打を欠き、3回まで無得点に抑えられますが、4回に一死二・三塁から4回戦で逆転本塁打を放ち、今日スタメンに抜擢された星匠君のセカンドゴロの間に1点を挙げて、同点に追いつきます。

続く5回にも一死から海野卓人君のレフト線への二塁打でチャンスを作ると、2番小林聖君がタイムリーヒットを放ち逆転に成功します。

初回から毎回のように走者を背負いながら粘投を続ける舘池君でしたが、疲れの見えた7回、二死から四球を与えると、3番打者に右中間を破られ、同点に追いつかれてしまいます。

夏の独特な緊張感が流れる緊迫した試合展開となったこの試合、両校の意地がぶつかる試合の決着は終盤までもつれていきました。

同点で迎えた7回、先頭の舘池君が四球を選び出塁すると、1番海野君のセーフティバントが相手失策を誘い、無死二・三塁の大チャンス。ここで2番の小林君がレフト前のタイムリーを放ち勝ち越し点を挙げると、3番坂本寅泰君の犠牲フライで2点目を挙げて試合を動かします。

なんとか磐城打線の反撃を凌ぎたい舘池君は、8回にも下位打者に連続四球などで一死二三塁のピンチを招きますが、舘池君はここでエネルギー全開!1・2番打者を連続三振に斬ってとり、最終回も三者凡退に打ち取り、厳しい戦いに終止符を打ちました。

初戦の日大東北戦から厳しい試合の連続の今大会。舘池君のエースとしての自覚、そして今日の磐城戦でも三振ゼロの粘り強い打線。今夏も聖光らしさを発揮してベスト4進出となりました。

準決勝は、明後日開成山球場で福島成蹊高校との対戦となります。皆様、ご声援よろしくお願い致します!