岡野祐一郎君プロ初勝利!佐藤都志也君は初ヒットがサヨナラ打!

昨日プロ入り2戦目の登板となった本校卒業生の岡野祐一郎君が、プロ入り初勝利を挙げました。

岡野君は5回を投げて被安打3、奪三振3の2失点と阪神相手に堂々たるピッチング。4四死球と制球は乱れたようですが、それでも試合を作るのは素晴らしいですね!

また、6月27日(土)に行われた千葉ロッテマリーンズとオリックスバファローズの試合では、佐藤都志也君が延長10回2死一二塁から打席に立って見事にサヨナラ打!

期待の本校OBの二人が揃って素晴らしいプロ野球人生をスタートさせました!

本当におめでとうございます!これからも期待しています!

野球部 2020夏の組み合わせが決まる!

新型コロナウィルス感染拡大のために中止となった「選手権大会」の代替大会として行われる「福島2020夏季高等学校野球大会」の抽選会が、7月1日に郡山ユラックス熱海で行われました。

初戦の相手は、なんと昨年の決勝戦の相手、日大東北高校となりました。もう、何年連続で夏に当たっているでしょうか・・・?もう10年近くになるでしょうか・・・。秋には敗戦も経験しましたが、夏は全勝・・・。言い方を変えると日大東北さんは、ここ10年近く、夏は聖光学院以外の学校には負けていない、ということです。これ、ある意味凄いことです。それだけ日大東北さんのチーム作りは素晴らしい、ということ。ほとんどは準決勝か決勝で当たっていましたが、今年はお互いノーシード。

それなのに、今年も対戦、しかも初戦!接戦必至の好ゲームとなることでしょう! 「甲子園を目指させない特別な夏」ですが、いつもの聖光らしい試合を観せてください!

注目の日大東北戦は7月23日(木)信夫ヶ丘球場、10時開始です!

2020夏 組み合わせ

 

ダブルネームさんがボランティアで来校!

本日、野球部の卒業生の保護者の方が、野球部の後輩たちのためにと、野球部寮や部室などの消毒作業に訪れて頂きました!

イオニアプロという光触媒による吹き付けるタイプの抗菌作業を行って頂きました。防汚・防曇・ガス分解・抗菌・水浄化など、様々な効果を長期間にわたって得ることができるそうです。もちろんウィルスに対しても有効だとのこと。

この時期、本当にありがたいお話しで、野球部スタッフも感謝しきり。

しかも、その保護者の方のお知り合いということで、なんと昨年のTV番組の「ものまね王座決定戦」で優勝した「ダブルネーム」さんがボランティアということで一緒に消毒作業をして頂きました!もうびっくり!

しかも、作業終了後、甲子園中止でガッカリしているであろう野球部のためにと、なんとミニライブを敢行!

「ゆず」や「コブクロ」のナンバーを熱唱して頂きました!

これには野球部員も感激!久しぶりに心からの「笑顔」を見たような気がします!

卒業生の保護者の方、そして「ダブルネーム」さん!本当にありがとうございました!

野球部の再開された練習試合の記事がスポーツ紙に掲載されました!

新型コロナウィルス感染拡大防止のため休校になった影響で自粛が続いていた野球部の対外試合が、昨日再開されました。

同じ県内の東日本国際大昌平高校とAチーム、Bチームに分かれ、それぞれの球場で行われた"初戦"。試合は数多くの選手を起用するためそれぞれ3試合ずつを敢行。

感染防止策を模索しながら、試合前後のホームベースを挟んでの挨拶は、本校球場での試合は声を出さない「無音挨拶」、昌平球場ではそれぞれのベンチ前に整列しての挨拶。また、素手での「ハイタッチ」は禁止、そのため選手達は「肘タッチ」…また昌平球場では3回・5回・7回に「給水・うがい」タイムを設け、マウンド上に集まる密集時にはグラブを口にあて、ベンチからの伝令も選手もグラブを持参して、口を隠し・・・と新しいスタイルを模索しながらの初戦となりました。

また、県内では恐らく最も早い対外試合となったため、報道各社とも取材に来ていただき、テレビでもその様子が放映(NHKでは全国ニュースで放映されたそうです!)、スポーツ紙には大きく福島県版や東北版で取り上げられました。

甲子園大会が中止となり、全国の学校活動、部活動が制限されている中再開された対外試合。その一瞬一瞬を噛みしめ、心を込め、白球を追って欲しいと願います。

がんばれ3年生!

(記事はスポーツニッポン、紙面転用承諾済)

(記事は日刊スポーツ東北版、紙面転用承諾済)

プロ入り3選手より野球部にバッティングゲージが寄贈されました!

本日、昨年NPBドラフト会議で指名を受けた岡野祐一郎選手(2012年度卒 中日ドラゴンズ)、佐藤都志也選手(2015年度卒 千葉ロッテマリーンズ)、一昨年のドラフトで指名された湯浅京己選手(2017年度卒 阪神タイガース)の3選手より、野球部にバッティングゲージが寄贈されました。

プロ野球でも使用される本格的なバッティングゲージ。折り畳み式で収納性も抜群です!新型コロナウィルスで対外試合が出来ないなど積もる閉塞感の中での素晴らしいプレゼントに、選手たちにも満面の笑みが見られました!

プロ野球も開幕延期で苦しい状況が続きますが、連絡をとった岡野選手は、「短い時間ですが練習もできています」とのこと。ぜひ頑張って欲しいですね!「母校に負けないよう、いい報告ができるよう頑張ります!」と話してくれました!

岡野選手、佐藤選手、そして湯浅選手。本当にありがとうございました!

野球部3年生 祝卒業!『最後の校歌』

新型コロナウィルスの影響で、日程・規模を縮小して行われた卒業式。
野球部56期生も、3月1日(日)、母校を巣立っていきました。

秋の東北大会での大逆転負け。そして春の敗戦。そこから這い上がって掴んだ夏の甲子園。各教室での卒業証書の授与式から、56期生は室内練習場での「送る会」に出席、代表者6名が現役選手にメッセージを送り、スタッフに感謝の言葉を述べてくれました。

56期生は史上最も自主練習に取り組んだ代でした。決して突出した選手がいた代ではありませんでしたが、コツコツ、コツコツ一つずつ積み重ねていった56期生。聖光学院野球部史上に残る「職人」世代。

本当に素晴らしい代でした。みんなありがとう!

野球部前主将清水正義君が表彰!

昨年の夏甲子園出場にチームを導いた野球部前主将清水正義君が、日本学生野球協会の優秀選手として表彰されました。

清水君は表彰式で、「大変名誉ある賞を頂き光栄。チームメイトや支えて頂いた皆様のおかげで受賞できた。聖光学院での3年間の教えを胸に、大学でも頑張りたい」と話しました。

清水君は卒業後、大阪体育大学に進学し、野球を継続する予定で、今もグランドで練習に参加し続けています。

清水君、おめでとうございます❗

NPB入りの岡野祐一郎君・佐藤都志也君の激励会を行いました!

昨夜福島市内において、NPBドラフト会議で中日ドラゴンズから3位指名を受けた岡野祐一郎君(聖光学院ー青山学院大学ー㈱東芝)、千葉ロッテマリーンズから2位指名を受けた佐藤都志也君(聖光学院ー東洋大学)の激励会が、本校の同窓会などの主催で行われました。

岡野君は高校時代、春夏連続甲子園出場の原動力となり、U18日本代表にも選出された好投手で、卒業後は東都大学野球リーグの青山学院大学に進学してエースとして活躍すると、社会人野球の名門㈱東芝に入社して、やはり主戦投手として都市対抗野球などで活躍しました。一方佐藤君も2年連続で甲子園の土を踏み、2年夏は全国ベスト8も経験。卒業後はこれまた東都の東洋大学に進学すると、メキメキ頭角をあらわして2年次に首位打者を獲得、捕手の他、内・外野も高いレベルで守れる好選手としてプロ入りを果たしました。

岡野君、佐藤君ともにそのステージの最高峰「侍JAPAN」に選出されており、アマチュア球界の逸材としてプロの門を叩くことになります。

皆様、どうぞ二人に熱いご声援を頂きますよう、お願い致します!岡野君、佐藤君、頑張ってください!

あっぱれ!素晴らしき「スポーツ聖光」!五大団体競技全てが決勝進出!

本日、春高バレーの県決勝戦が行われました。残念ながら敗退を喫しましたが、本当に素晴らしい戦いでした。

令和元年、新しきこの年、聖光学院は大きな躍進を遂げました。なんと・・・

五大団体競技全てが県の決勝戦に進みました!

剣道部・野球部・ラグビー部・サッカー部・女子バレーボール部。

福島県史上、そんな学校は他にあったのでしょうか・・・!?

もちろん決勝の相手は全部違う学校です。剣道部は福島高校、野球部は日大東北高校、ラグビー部は郡山北工業高校、サッカー部は尚志高校、そして女子バレーが郡山女子大附属高校。これだけをみても、決勝戦まで進むことがどれだけ大変かが分かると思うのです!

見事優勝を果たし、全国大会に進んだのは2連覇を果たした剣道部と13連覇の野球部。ラグビー部は2年連続の花園を目指しましたが惜敗。サッカー、女子バレーは連覇を続ける「王者」に敢然と立ち向かいました。

秋の決勝3連戦は、大いに学校を盛り上げ、希望と感動を巻き起こしました。本当に素晴らしい戦いでした。決勝戦で破れはしましたが、前述しましたが、決勝戦まで進むのは至難の業。

そして何より、勢いだけで決勝まで進むことは出来ませんから、普段からどれだけ努力を重ね、「技」を極め、「身」を鍛え、「心」を磨いてきたか・・・やはりその「資格」がなければ決勝には進めません。

そう意味で、聖光学院にはその「資格」を求めて日々精進を重ねる生徒が数多くいるのです!

情熱をもった指導者、それに応えて懸命に精進を重ねる選手達。

聖光学院の「活気」を、今年の部活動の活躍から感じ取って頂ければ幸いです。

聖光学院はこの情熱を、来年にもつなげていければと思います!部活動所属の選手の皆さん、本当にありがとうございました!