第30回WBSC U18 W杯出場選手報告会並びに国体出場壮行会開催!

第30回WBSC U18 W杯出場選手報告会並びに国体出場壮行会を行いました。 侍JAPANの代表ユニホームを着用して国体出場選手と共に入場した赤堀颯選手と安田淳平選手。テレビの映像で見たユニフォーム姿はやっぱり「カッコいい!」ですね! 赤堀選手は「それぞれの国の代表として戦う「様々な野球」は本当に勉強になった。自分の力のなさを痛感したが、これからこの経験を糧に力をつけていきたい」と話し、安田淳平選手は「代表に選ばれたのはやはり聖光学院で成長させていただいたおかげ。代表に行って聖光の野球の素晴らしさを再認... 続きを読む

野球部「2022 秋」2年連続16度目の優勝!学法石川高校に5対3!

本日県営あづま球場で開催された第75回秋季東北地区高等学校野球福島県大会の決勝戦は、学法石川高校と対戦し、5対3で勝利し2年連続16度目の優勝を果たしました! 聖光学院は初回、5番杉山由朗君のタイムリーヒットで先制しますが、その裏先発の小室朱生君が学法石川打線に捕まり同点に追いつかれます。 聖光打線は相手先発の左投手から毎回チャンスをつくるものの得点を奪えず、小室君も制球難でピンチを作りながら何とかしのぎ、3回無死一塁からはエースの星名竜真君を投入し学法石川の流れを止めにかかります。 1対1の息詰まる展開... 続きを読む

野球部「2022 秋」準決勝もコールド勝利で決勝進出!

本日県営あづま球場で開催された第75回秋季東北地区高等学校野球福島県大会準決勝は、いわき地区第1代表の平工業高校と対戦し、12対2の6回コールド勝利で決勝進出を決めました。 聖光学院の先発は公式戦初登板の安齋叶悟君。安齋君は初回を三者凡退と最高の立ち上がりを見せると、その裏先頭の髙中一樹君がレフト前ヒットで出塁すると、続く宮一柊之介君が死球で出塁し、これを3番三好元気君がしっかりと送り、4番の松尾学武君が犠牲フライを放って1点を先制します。さらに5番杉山由朗君がライトオーバーの二塁打で1点を追加すると、6... 続きを読む

野球部「2022 秋」準々決勝は東日大昌平に7回コールド!

本日県営あづま球場で開催された秋季東北地区高等学校野球福島県大会の準々決勝は、今夏の準決勝の相手である東日大昌平高校と対戦し、11対3の7回コールド勝利でベスト4進出を決めました。 聖光学院は初回、先頭の髙中一樹君が左中間の二塁打で出塁すると、2番宮一柊之介君が絶妙のセーフティバントを敢行し、これを相手投手が一塁へ悪送球し1点を先制します。 しかし、その裏思ってもみない展開が・・・先頭打者のセカンドへの高いゴロを「名手」髙中君がまさかの失策。続く打者のバントの時に三塁手の片山孝君が人工芝に足をとられ、打球... 続きを読む

U18ワールドカップに出場の赤堀颯君、安田淳平君が銅メダリストに!

9月9日からアメリカのフロリダで開催されていた第30回 WBSC U-18ベースボールワールドカップにおいて、「侍JAPAN」こと日本代表が見事第3位という成績をおさめ、銅メダルを獲得しました! 日本代表に本校から選出されていた赤堀颯君と安田淳平君も終盤こそ試合出場の機会に恵まれませんでしたが、随所に好プレーを連発しチームに貢献。試合に出場できなくてもベンチで大きな声でチームを鼓舞し続けた二人の「勇者」は、最後はメダルを手に満面の笑顔を見せてくれました! 両選手を含めた夏のメンバーを中心とする本校野球部は... 続きを読む

野球部「2022年 秋」県大会初戦は光南高校に8対0のコールド勝利!

本日県営あづま球場で開催された第75回秋季東北地区高等学校野球福島県大会の2回戦、本校にとっての初戦は夏の決勝戦の相手、光南高校を8対0と圧倒しました。夏の甲子園ベスト4の余韻も冷めやらぬ中、多くの観衆が球場に駆け付けた中での試合となりました。 聖光学院は初戦、新トップバッターの髙中一樹君が四球を選ぶと、2番宮一柊之介君もしっかりボールを見極めて無死一・二塁。迎えるは甲子園で4番を打った三好元気君ですが、ここはベンチが送りバントを選択し一死二・三塁。そして4番松尾学武君がセカンドの左を襲う強烈なゴロを放ち... 続きを読む

全国大会出場報告会を開催しました!

この夏、甲子園に出場した野球部、そしてインターハイに出場した剣道部、柔道部の全国大会出場報告会を行いました。 大きな拍手の中入場した選手たち。新井校長、そして生徒会長の塩田光輝君が労をねぎらい、そして勇気や元気をもらった、心を高めることができたと挨拶しました。 その後、各部の監督・主将(野球部は主将が世界大会出場のため副主将)がそれぞれの「夏」の報告を行いました。 皆さん、本当にお疲れさまでした。そしてありがとうございました! (訂正:野球部副主将は古宇田来さんです)    ... 続きを読む

侍JAPAN選出の赤堀颯選手・安田淳平選手を激励!

昨日、U18高校日本代表に選出された赤堀颯選手、安田淳平選手に学院・保護者会・同窓会より激励金が贈呈されました。 両選手は8月28日から代表合宿に参加し、9月5日に渡米し、「世界」を相手にワールドカップを戦います! 8月31日にはZOZOマリンスタジアムで大学日本代表と壮行試合を戦う両選手。 皆様、ご声援よろしくお願い致します! ... 続きを読む

野球部「2022 夏」甲子園日記 8月21日(最終回)「魂の叫び」

甲子園日記 8月21日

 

赤堀颯、魂の叫び。「みんなと同じ涙を流せたことが一番嬉しい。これからの聖光学院のために、夏の甲子園で勝つチーム、そういう血液をチームに持ち帰ると決めてやってきた。(三好)元気、(髙中)一樹、(杉山)由朗、(小松)桜吏、お前たちの代に必ず日本一の聖光学院にしてくれ!今までみんな、ありがとう!」

続きを読む →

野球部「2022 夏」準決勝敗退も、新たな歴史刻む

本日阪神甲子園球場で開催された第104回全国高等学校野球選手権大会の準決勝は、仙台育英高校(宮城)と対戦し、4対18と大差で敗れ、初の決勝進出はなりませんでした。

聖光学院の先発は初戦で好投した小林剛介君。小林剛君は先頭打者にセンター前ヒットを放たれると、2番打者にもヒットエンドランを決められ、いきなりの大ピンチを迎えます。しかし、3番打者をサードゴロに打ち取ると、4番打者の時にスクイズの空振りでサードランナーをアウトにすると、その打者をセカンドゴロに打ち取ってピンチを脱します。

続きを読む →