新井校長説教集17 ~キレネ人シモン、イエス様に出会う~

2019年10月24日(木)
キレネ人シモン、イエス様に出会う                            『マルコ』15:21~25

1 背景
いよいよイエス様が十字架に付けられる場面です。今日の聖書は、約2,000年前のエルサレムでの、金曜日の朝9時前の出来事です。弱虫のローマ総督ピラトは、群衆の暴動を恐れ、ローマ皇帝に自分の悪い噂が伝わることを恐れ、イエス様には何の罪もないと知りながら、十字架刑を許可しました。明日は土曜日、安息日、何もしてはならない日です。今日中に十字架に架けてしまわねばなりません。イエス様に重い十字架を担がせて、処刑場であるゴルゴタの丘まで進みました。この道はラテン語で「ヴィア・ドロローサ」(苦難の道)とか、「ヴィア・クルキス」(十字架への道)と呼ばれています。1キロ近い長さです。
イエス様は夜通し裁判に引き回されて一睡もしておらず、こぶしで殴られ、葦の棒で叩かれたり、鞭で打たれたりして、体は血だらけにされ、疲労困憊していました。イエス様にとって、重い十字架を最後まで担ぐことは無理でした。伝説では3回躓き転んだと言われています。見かねたローマの兵隊が、たまたまそこを通りかかったキレネ人シモンに命じて、十字架を担がせたのでした。

2.キレネ人シモンがイエス様を信じる者に変えられたこと
このシモンという男は、アフリカの北岸、今のリビアという国の港町キレネに住んでいました。過越しの祭りをエルサレムで迎えようと、遥々1,600キロも旅をしてエルサレムに来ていました。たまたま十字架を背負って苦しみ喘ぐイエス様の隣に来てしまったのです。「貧乏くじ」です。最も嫌な役目嫌な運命を背負わされたのです。きっと自分の不運・不幸を呪ったことでしょう。断ればローマ兵に鞭で叩かれますから、やむを得ず十字架を担いだのです。

ところで、聖書にはこのシモンと家族のその後のことが書かれています。
第一は『使徒言行録』13章1節に、「ニゲル(二グロ)と呼ばれるシメオン(シモン)が地中海に面したアンティアケアの教会の教師であったことが書かれています。第二は『ローマの信徒への手紙』16章13節に、「主に結ばれている選ばれた者ルフォス、およびその母によろしく。彼女はわたしにとっても母なのです」と書かれています。ルフォスとはキレネ人シモンの次男です。
つまりこう読めるのです。貧乏くじを引いてイエス様の十字架を無理矢理背負わされたシモンでしたが、その後、彼はイエス様を信じる者に変えられ、アンティオキア教会の指導者になっていること、彼の妻は、パウロにとって母親のような大切な存在になっていること、次男のルフォスもまた、イエス様を信じるものに変えられていることが分かるのです。驚くべきことです!奇跡です!

ある牧師は説教でこう語っています。「そうだ、ただひとりだけ、主イエスの苦しみを共に味わい、主イエスに向けられたあざけりを自ら引き受けた男がいた。イエスの弟子でもなかったシモンは悔しさと恨みに歯ぎしりしながら、しかし、主イエスの最も近くで、主と共に足を引きずって、主の十字架を背負った。彼だけがそのことを為し得た。彼だけが主と苦しみを共にしたのだ。イエス様と並んで歩いたごく短い間に、シモンの人生を変える何かが起きたのではないだろうか。シモンはイエスを信じる者となったし、一家をあげて教会に加わったのだ。イエスは自分の背負うべき十字架を背負ってくれたシモンに、一言、「有難う!」と言われたのではないか。その一言の故にシモンは、自分が単なる物でもなく、道具でもなく、この愛の人イエスにとってかけがえのない存在になっていることを感じたのではないか。即ち、人間としての誇りと喜びを生まれて初めて知ったのではないかと、思うのです。でもすべては想像です。しかし、貧乏くじの極みとしか言いようのない出来事の中に、神の救いの御計画、神の時が重ねられたのだと私は思うのです」と。

何と素晴らしい話でしょうか。このように、私たちがイエス様の人格・愛に触れる時、私たちの人生が180度変えられることを、このキレネ人シモンとその家族は
今も私たちに伝えているのであります。驚くべきことです!また感動を禁じ得ないことであります。

男子バレーボール部 新人戦に向けて

先日、ボランティアの休憩時間に梁川の八幡神社(16歳の伊達政宗が戦勝祈願に訪れたと言われている神社)にお参りをさせていただきました。

1か月後に行われる新人戦に向けて、本部も戦勝祈願と言いたいところですが、まずは全員で戦場に立つという意味では「家内安全祈願」の方が合っているかもしれません。

さぁ、この1ヶ月で個々の課題をクリアし、秋季大会での悔しい思いを晴らすことができるでしょうか。

頑張れ 聖光男バレ!!

柔道部が県新人戦で好成績!

柔道が令和元年度福島県高等学校新人体育大会において素晴らしい成績をおさめました!おめでとうございます!

<女子団体戦>
第2位!
<女子個人戦>
階級A 第2位 平栗千風さん(2年普通科進学 二本松第三中)
階級B 第2位 遠藤佳奈さん(2年普通科進学 福島第三中)
階級C 第2位 土井風さん(2年普通科福祉 信陵中)
階級D 第3位 尾形まなみさん(1年情報電子科 桃陵中)
階級E 第3位 斉藤歩美さん(2年情報電子科 福島第三中)

<男子個人戦>
90kg級 優勝! 宮澤紗斗起君 (2年情報電子科 大鳥中)

ハンドボール部が新人戦県北大会で第2位!

ハンドボール部が県北大会で第2位となり、県大会でのシード権を獲得しました!おめでとうございます!

<予選リーグ>
聖光 40-14 本宮
聖光 34-16 福島西
聖光 21-19 福島東

<準決勝>
聖光 23-15 福島商業
<決勝戦>
聖光 19-23 福島工業

※第2位 県大会シード権獲得!

10月のバスケ部

10月のバスケ部は、資格試験に中間考査、そして学校行事につき、

体育館の練習がなかなかできない状況でした。

(第一種電気工事士[筆記]:2名合格)

やっと一段落し、11月の地域リーグに向けての練習をスタート

しようとした矢先、台風19号が福島県を襲いました。

次の週に本宮高校さんに伺う予定でした。報道等で本宮市内の様子を

見たときは言葉を失いました。

顧問の先生に連絡を取ると、「こんな時だからこそ、やりましょう。」

と本当にありがたい言葉を頂きました。

本宮高校に向かっている途中、被害状況を生徒達が間近で見る機会が

あり、各々が何か感じたと思います。

さらに今まで以上に、本宮高校さんにバスケットをできている事が

いかに幸せか、ということを感じさせる素晴らしいプレーの数々を

見せつけられ、こちらが圧倒されてしまいました。

本当に大変な出来事でしたが、生徒やチームというのは一瞬で変わる

ものなのだと学ぶことができた10月でした。

当たり前の日常が本当に幸せな日常なのだという事を改めて感じながら、

11月の地域リーグに向け、日々練習に励みたいと思います。

 

校内競技大会 優勝は3年普通科進学コースB組!

本日朝の礼拝後に校内競技大会の表彰式が行われました。

今年の競技大会は、2日目が残念ながら雨の影響で外の競技が中止となりましたが、室内競技だけでも大いに盛り上がりました。

本日の表彰式では各競技の結果発表のあと、総合順位がアナウンスされ、総合優勝は3年普通科進学コース(3RB)となりました。3RBの皆さん、おめでとうございます!

それにしても、やはりクラスの団結力は凄い!もう何年3年生の総合優勝が続いているでしょうか!非常に大事なことを教えてくれていますよね!

 

新井校長説教集16 ~あなたこそわたしの神、依り頼む方~

2019年10月9日(水)
あなたこそわたしの神、依り頼む方-
『詩編』91:1~11

1 はじめに
この詩91はいつ頃、誰によって書かれたのか分かりません。おそらく今から3,000年近く前、神様を深く信じている人が書いたものでしょう。全部で150ある詩の中で、「信頼の歌」に分類される詩です。この詩は、神様を信頼し賛美する言葉で満ちています。神様に対する苛立ちとか、自分の不幸や不自由を、神様に責任転嫁するような言葉は皆無です。
この詩が言いたいことつまり結論は、「全能者である神様・イエス様に頼りなさい。神様はたとえどんなことがあっても、神を信頼する者には最善を為してくださるお方です。弱い私たちは、神様・イエス様のみ翼の下を安息の場所、隠れ家(シェルター)とさせていただきましょう」ということです。
「神様に頼るなんて弱い人間のすることだ」と言う人がいます。大きな間違いです。いくら強がりを言っても人間は所詮弱く、罪深い者です。聖書を良く読んで、『走れメロス』のような妹への愛と、友への友情と、誤った王に断固抵抗する正義感に満ちた、全く聖書の精神そのもののような小説を書いた太宰治でさえ、最後は愛人と入水自殺してしまいました。正しいもの、清いものを求めても、そう生きられないのが人間です。素朴に、単純に愛なる神様・イエス様を信じ、守っていただくことが、喜びと希望の人生へと我々を導いてくれるのだとこの詩の作者は言っています。

2 水野源三さんのこと
水野源三さんは、1946年長野県に生まれました。近くを千曲川の清流が流れる農村地帯です。元気に野山を駆け回る利発な少年でしたが、集団赤痢に罹り、病院はどこも満員で診てもらえない中、高熱を発して脳膜炎になってしまいました。9歳・小学4年生の秋でした。首から下は完全に麻痺し、残った機能は、耳が聞こえること、目が見えること、だけでした。自分では身動き一つ出来ない少年になってしまいました。どんなに自分の人生を悲観し呪ったことでしょう。お父さんは農協に勤め、お母さんはパンの委託販売をしていました。
そこにある日、宮尾隆邦牧師がパンを買いに来ました。宮尾牧師は進行性筋萎縮症で杖をつかねば歩けない不自由な体でした。町外れのあばら家に住み、小学校の分校の教師をしながら伝道し、集会を開いていました。それから何度もパンを買いに来ては、源三さんに合わせることを拒否するお母さんを説得し、遂に源三さんにイエス様の福音を語りました。源三少年の心は渇いていました。生きるための〈いのちの水〉を求めていました。熱心な宮尾牧師のお陰で源三少年はイエス様をキリストと信じるようになりました。神様をシェルター(隠れ家)とするように変えられたのです。するとどうでしょう?家族が口を揃えて「源ちゃんは本当に変わった。パッと変わった。あんなに怒ってばかりいたのに、今はいつもにこにこしている!」と驚く程でしたし、やがて高校生のお兄さん・お父さん・お母さんが次々と洗礼を受け、クリスチャンになる奇跡まで引き起こしました。
それだけではありません。心の底から湧き上がってくる神様・イエス様への愛を、母「うめじさん」の力を借り、瞬きで一字一字を指定して書いた素晴らしい詩を数多く作り出したのです。
神様・イエス様の愛を隠れ家とする人生は、この水野源三さんの人生のように喜びと感謝に変えられるのです。最後に源三さんの詩を2つ紹介します。

まばたきでつづった詩

口も手足もきかなくなった私を
28年間も世話をしてくれた母
良い詩をつくれるようにと
四季の花を咲かせてくれた母
まばたきでつづった詩を
一つ残らずノートに書いておいてくれた母
詩を書いてやれないのが
悲しいと言って天国に召されていった母
今も夢の中で老眼鏡をかけ
書き続けていてくれる母

み愛
亡き母にかわって義妹(いもうと)が入れてくれた香り良い新茶を
冷めないうちにお飲みください
できたら草餅もお食べ下さい
主よ、あなたが私を案じてお訪ねくださったそのみ愛だけで
私は十分なのです

選手権 準々決勝

2019.10.27.Sun
全国高校サッカー選手権福島県大会 準々決勝
Jヴィレッジ

2ー0 学石

『3度目の正直❗』
プリンスで1分け1敗。聖光学院の歴史上の中でも、全国のかかる大一番で勝たせてもらえない相手がこのチーム。

前半狙い通りの先制点。そこから、学石の猛攻を受ける。今週3試合目であり、疲労が見える。何人もの選手が足を痙攣させた。
しかし、見事なカウンターから、2点目。
その後は、このチームが一番成長したチーム力で勝利した。

選手たちの戦いぶりには、感動した。この戦いから得たものは、大きなものであり、次につながるエネルギー源だ。
そして、ここまでの力を出させてくれた学石の分も戦っていきたい。

本日は厳しいゲームでしたが、チームがサポーターと一体となり闘うことができました。
ありがとうございました。
今後も共に、闘いましょう❗

選手権 4回戦

2019.10.26.Sat
高校サッカー選手権福島県大会 4回戦
Jヴィレッジ

5ー0 白河

『自分たちに完勝‼️』

5得点で圧勝。
しかし、選手権とは難しい戦い。凪流選手の意外性のあるロングシュートで先制するも、立ち上がりは決してよくはなかった。

先制点を奪えたことで、自分たちの力を出すことができた。

前回の試合は不用意なファウルから、リスタートを与え、失点。
勝つことはできたが、課題の残るゲームだった。セットプレーに関しては、多くの時間をかけ、トレーニングを積んだ。

今日はその課題をしっかりと改善し、勝利をものにした。

2019チームの修正力は、素晴らしい。
さすがである。
まさに、自分たちに完勝した。

あすは今シーズン、勝つことのできていない学石。全力で挑む❗

本日もサポーターの皆様には、熱いご声援を頂きました。
ありがとうございました。
あすは、皆様なしでは戦えません。声がかれるまで、応援をお願いいたします。

共に闘いましょう❗