野球部「2019 夏」4回戦は8対0で7回コールド勝利。ベスト8へ!

本日いわきグリーンスタジアムで開催された第101回全国高等学校野球選手権福島大会の4回戦は、8対0で会津高校をやぶってベスト8進出を決めました。

今日の先発は佐藤楓真君。佐藤君は立ち上がりから連続三振を奪う上々の立ち上がり。すると聖光打線は2回、一死満塁のチャンスを作ると、1番打者の小室智希君がセンターオーバーのタイムリーツーベースで2点を先制。続く三原力亞君の内野ゴロ、3番荒牧樹君のタイムリーで一挙4得点。試合の主導権を握ります。3回にも1死満塁から小室君が2点タイムリー、三原君のタイムリーでこの回3点目、4回にも1点を加点した聖光打線が一気に畳み掛けます。

こうなると注目は投手陣。先発の佐藤君は4回を投げて被安打2の5奪三振。2番手の箱山直暖君も3回を投げて被安打1、5奪三振の好投。会津打線を全く寄せ付けず、7回コールド勝ちで準々決勝進出を決めました。

次戦は25日、会津球場で第6シード学法福島高校と対戦します。皆様、ご声援よろしくお願い致します。

野球部「2019 夏」3回戦 6回コールドで4回戦進出!

本日いわきグリーンスタジアムで開催された第101回全国高等学校野球選手権福島大会3回戦は、福島西高校と対戦して10対0の6回コールドゲームで勝利しました。

試合前のシートノック前に突然の豪雨でグランドはご覧の通り。

試合開始は予定より2時間以上遅れの13時40分となりました。

今日の先発はエースナンバー須藤翔君。春の県大会は故障で登板せず、久々の大会のマウンドでしたが、初回は2奪三振と上々の立ち上がり。しかし2回に一死一・三塁のピンチを迎えるも何とか無得点で凌ぐと、2回裏先頭の清水正義君が左中間にツーベースヒットを放ち、ワイルドピッチで三塁に進むと、6番吉田修也君が内野安打で出塁し、続く吉田凛玖君の内野ゴロゲッツ―崩れの間に先制点を挙げます。さらにチャンスを広げると1番小室智希君がライト戦二塁打を放って2点目を奪いました。

続く3回にも失策絡みで2点を追加すると試合は聖光ペースに。5回には先頭の井上眞志君のスリーベースヒットを足掛かりに1点、6回にも失策でチャンスを得ると一気に畳みかける怒涛の攻撃、最後は代打の阿部拓巳君のサヨナラコールド打でこの回一気に5点を挙げて6回コールドゲームとしました。

先発の須藤君は3回、4回にも先頭打者に出塁を許し、5回には二死満塁のピンチを切り抜けるなど我慢の投球。しかし持ち前の粘り強さで本塁を踏ませず、結局6回を投げて被安打4、5奪三振でまとめてチームを勝利に導きました。

次戦は23日に同じくいわきグリーンスタジアムで4回戦を戦います。皆様ご声援よろしくお願い致します!

俳句大賞佳作作品!「絵日記の白が連なる夏初め」

第30回伊藤園お~いお茶新俳句大賞で、大野流空君(3年普通科進学 上平中)が佳作を受賞しました。

注目の作品は・・・

絵日記の白が連なる夏初め

です。

大野君にこの俳句について聞いてみると・・・

「夏と言えば夏休み。小学校の時に絵日記のノートが配られますよね。夏休みの最初ですから当然ノートはまだ白紙です。これから始まる夏休み。どんな思い出が書き込まれていくのか、夏休み初めのワクワクした心情を俳句にしました」

とのこと。う~ん、なんとも風情のある、「分かる分かる!」といった心情ですね。素晴らしいです!

大野君、おめでとうございます!

柔道部が総体で活躍!

第72回福島県総合体育大会柔道競技において、朝比奈大樹君(2年機械科 好間中)が少年大将の部で、渡邉祈乃さん(3年普通科福祉 信陵中)が女子先鋒の部でそれぞれ3位となり、本日全校生徒の前で表彰状の伝達式が行われました。

朝比奈君、渡邉さん、おめでとうございます!

1学期終業式を行いました。

本日1学期の終業式を行いました。

新井秀校長は説教のなかで、3年生に対し「進路を決める大切な時期。夏休みの時間を有効に使って欲しい」と話し、1,2年生には、「培其根」という言葉を送りました。教育者東井義雄先生の言葉で、しっかりとした根を培う事で、立派な木が育つということ。1,2年生はしっかりとした根を張るよう努力をして欲しいと語りました。

生徒の皆さん、長い夏休みに入ります。事故なく、健康に、そして有意義な夏休みとしてください!

野球部「2019 夏」県大会初戦はコールド発進!

本日郡山市のヨーク開成山スタジアムで行われた第101回全国高等学校野球選手権福島大会の2回戦は、二本松工業高校と対戦して6回コールド11対1と順調な滑り出しをみせました。

昨秋の県大会制覇から一転、春の県北大会、県大会で連敗した聖光学院でしたが、この夏どんな仕上がりを見せるか注目の初戦を迎えました。大事な初戦の先発を任されたのは前田康孝君。一昨年甲子園に出場した前田秀紀君の弟で、3年間努力を積み重ねようやくつかんだベンチ入りと先発のマウンド、初回先頭打者にライト前ヒットを放たれますが、続く2番打者にはバントを決めさせずダブルプレーに。まずは無難な立ち上がりをみせます。

すると聖光打線が初回から二本松工業高校投手に襲い掛かります。一死後2番の小室智希君が右中間を破るスリーベースヒットで出塁すると、3番荒牧樹君の四球を挟んで4番井上眞志君が先制のレフト前タイムリーヒット。続く5番吉田修也君もタイムリー、6番岡戸克泰君は犠牲フライを放ってこの回一挙3点を奪います。

さらに2回表の一死三塁のピンチを前田君が落ち着いて抑えると、その裏二死一塁から小室君の放ったセンター前ヒットをセンターが後逸、小室君は俊足を生かして一気にホームにかえり2点を追加。3回こそ1安打2死球で作ったピンチに犠牲フライを放たれて1点を失いますが、前田君は4回を投げて1失点と重圧のかかる初戦のマウンドの責任を果たしました。

聖光打線は3回裏に吉田修君の犠牲フライで1点を追加すると、4回には二死から打線を繋ぎ4番井上君のセンターオーバー二塁打などで3得点。6回にも井上君の犠牲フライで得点後、なおも一死一塁とチャンスを作り、代打渡邉勇太君が見事にヒットエンドランを決めます。ここで吉田修君が相手守備の隙をついて一塁から長躯ホームイン!11点目を奪って6回コールドとしました。

投手陣は前田君のあと、2年生右腕箱山直暖君が5回表を、6回表を3年生右腕の佐藤楓真君が相手打線をピシャリと抑え、見事な初戦突破。11安打11得点、効率的に足を絡める“聖光野球”を展開し、次戦に向かいます。

皆様、101回目の夏が始まりました!ご声援よろしくお願い致します!

インターハイ出場の剣道部に激励金贈呈

インターハイに向けて、学院・保護者会・同窓会より激励金が贈呈されました。

福島県大会の優勝を決めた後も、剣道部の快進撃は続き、

第65回東北高等学校剣道選手権大会で優勝!!

福島県では24年ぶりの快挙です。

部訓である「正々堂々」を胸にインターハイでも快進撃を期待しています!

第66回全国高等学校剣道大会は、

8月3日(土)〜8月6日(火)

熊本県立総合体育館

で開催されます。皆さん、応援よろしくお願いします。

 

第一回オープンスクールを開催しました!

本日今年度初、令和最初のオープンスクールを開催しました。昨年同時期のオープンスクールより数多い参加者を迎え、少しでも聖光学院を知ってもらうため、様々な授業が展開されました‼️

特に実業系の授業に参加していた中学生は普段と異なる内容に興味津々の様子でした!

今回のオープンスクールは部活動体験はありませんでしたが、皆さん満足頂けましたでしょうか?

部活動体験は7月31日の第二回、そして9月7日の第三回オープンスクールで行われます❗詳しくは当ホームページインフォメーションをご覧下さい‼️

ハンドボールの日本代表笠原謙哉選手が福島に凱旋します!

本校の卒業生で、ハンドボールの日本代表笠原謙哉選手(トヨタ車体所属)が、7月15日(月)の海の日に約15年ぶりに福島で開催される日本リーグ、対北陸電力戦で凱旋します。

笠原選手は本校を卒業後東海大学に進学した後、日本リーグの名門トヨタ車体で活躍。2019年6月に行われた「日韓定期戦」「JAPAN CUP 2019」の日本代表メンバーにも選出されていました。

試合会場は福島トヨタクラウンアリーナ(福島市国体記念体育館)で、入場料は一般1,500円、中高生1,000円、小学生以下は無料となっています。

皆さん、笠原選手を応援しましょう!

剣道部全国インターハイ並びに野球部夏の県大会壮行会を開催しました。

本日、全国高等学校総合体育大会に出場する剣道部と第101回全国高等学校野球選手権福島大会に出場する野球部の激励会を開催しました。

全校生徒の大きな拍手の中入場した剣道部と野球部。登壇した選手に対し、新井秀校長は、野球部には「最後の夏。自分史上最高の夏にして下さい。私たちをあのアルプスへ連れて行って!」と激励、剣道部には「2年連続出場は見事です。東北覇者として全国大会の上位入賞、優勝を目指してください。」と話しました。

生徒会長の角田琉河君(3年情報電子科 松陽中)は「1試合1試合全力で戦って!私たちも一丸となって応援します」とエールをおくりました。

剣道部、野球部の皆さん、頑張って下さい!

剣道部主将 数馬寛士君(3年普通科進学 米沢第四中)
「県の代表として正々堂々戦い、1戦1戦勝ち上がっていく」

野球部主将 清水正義君(3年普通科進学 如是中)
「昨秋は東北大会で逆転負け、そして春も敗れた。悔しさを胸にこれまで練習に取り組んできた。この夏は1試合1試合心を込めて戦う」