進学探究の「探究」が面白い!~わたしたちはファーストペンギンになれるか?~イタリアミラノと繋ぐ!

今日の進学探究コースの「探究」の授業のテーマは、「私たちはファーストペンギン(以下FP)になれるか?」でした。

講師は現在ニューヨーク大学に在籍する菊田隆一郎さんです。菊田さんの名前をご存じの方もいるのではないかと思いますが、本日はイタリアのミラノに滞在しており、ミラノとオンラインでつなげての特別授業でした。

菊田さんは高校3年生当時、大学共通テストでの記述式問題の導入などの国の教育施設について、その導入の見送りなどを訴えた方ですね。菊田さんはネット上で自己採点の再現実験などを行い、結果的に共通テストが現在のような形になったのですね。現在はニューヨーク大学で教育学を専攻されています。

さて、FPとは、「世の中で当たり前とされているルールを最初に破り、新しいルールを打ち立てることで、社会に問いを投げる人のこと」。

菊田さんは進学探究コースの生徒とフレンドリーな雰囲気で語り掛け、最初は緊張気味だった生徒も徐々に打ち解け、活発な意見を話していました。

授業では「FP入門」として、FPの三段跳び、すなわち①「当たり前のルールを」みつける、②見つけたルールを壊す、③壊したらどうなるかを創造する、として、「鬼ごっこのFP」と題して、私たちが幼い頃から無意識に身に着けていた鬼ごっこのルールを壊し、そうすることでどのように面白いゲームできるか、などの意見を出し合いました。

その後は「聖光学院のFP」と題し、聖光学院の中に隠れる「当たり前のルール」を探そう!ということで生徒はスマホを片手に校舎内を「探検」。探した「当たり前のルール」はGoogle Formで共有し、その中で自分たちがFPになりたいと思うようなルールを選び、どのようにルールを壊せるか、壊したらどうなるか、などの意見交換を行いました。

詳しくは進学探究コースの「note」をご覧いただきたいのですが、その内容はとても興味深く、生徒も積極的に参加する姿をみて、ある意味「衝撃」を受けた時間でした!

これからも進学探究コースの取り組みに注目です!

進学探究コース「note」https://seikogakuin-hs.note.jp/

工業科で進路講和実施!

26日(木)工業科3年生を対象に、「進路講和」を開催しました!

工業科の生徒には就職するものも多く、求人票の見方や面接のポイントなど、
進路に向けて考えていって欲しいこと、心構えなどのお話しが多くありました。

早いものでもう5月下旬。部活加入者は最大目標のインターハイ県予選を控え、気を張り詰めている者も多いかもしれませんが、進路意識もすごく大切な
ことですよね!

今日の講話を参考に、進路に対する意識も高めてくださいね!

チャレンジデーに参加しました!

 

5月26日(木)伊達市のチャレンジデーに参加しました!

タグラグビー・ハーフマラソン・キンボール に参加し、地域の方々と一緒に汗を流しました!

 

チャレンジデーとは?

チャレンジデーとは、日常的なスポーツの習慣化に向けたきっかけづくりやスポーツによる健康づくり、地域の活性化などを目的とした住民総参加型スポーツイベントです。
毎年5月の最終水曜日に全国で一斉に開催され、15分以上継続して運動やスポーツを行った住民の参加率を自治体間で競い合います。
伊達市では健幸都市の取り組みとして平成25年度より参画しています。

 

聖光学院×伊達市 伊達フォト部任命の写真部の作品がフォトブックに掲載!

伊達フォト部に任命されている聖光学院写真部の作品が、「フォトブック」に掲載されました!

伊達フォト部とは?(伊達市ホームページより)
伊達市の魅力を市内外の皆さんに広く知っていただくために、市が開設するSNSなどを通じて画像や映像により地域の魅力を発信するボランティアサポーターです。地域の魅力を再発見し、発信することでシビックプライドの醸成や、伊達市のイメージ向上及び関心度・関与の向上などにより関係人口・交流人口の増加を目的としています。
景色や食べ物、お祭り、日常の良いところなど伊達市の魅力を伝える活動をしています。

掲載された写真数点のうち、一番大きい写真がこれ!

なんと雄大な、スケール感のある写真でしょうか!この後ろ姿はもちろん本校の生徒!特別な、そして思い出に残る時間だったでしょうね!

写真部の皆さん、素晴らしい写真をありがとうございます!

※写真はすべて伊達市発行の「だてのひび」より

野球部「2022 春県大会」2年連続春V!決勝戦は6対2で勝利!

本日白河グリーンスタジアムで行われた第74回春季東北地区高等学校野球福島県大会の決勝戦は、光南高校との対戦となり、6対2と勝利しました。

聖光学院の先発左腕小林剛介君は、初回裏一死二塁から光南3番打者の小林貫太選手に中越えの二塁打を放たれ1点を先行されてしまいます。

しかし聖光学院もその直後の2回表に一死一塁から8番の小林君が左中間を破る二塁打を放って同点に追いつくと、二死後1番赤堀颯君のタイムリー二塁打で逆転、2番髙中君もセンター前タイムリーを放ちこの回3点を奪います。

3回にも4番三好元気君がバックスクリーン右に飛び込むソロ本塁打を放って1点を追加し、試合の主導権を握ります。

打線の援護を受けた聖光先発の小林君は5回に1点を失うものの、5イニングを投げて被安打5の無四球投球と緩急を使った見事な投球で起用に応えます。

一方打線は4回から登板した光南エースの小林貫太君から点をとれず、試合は膠着状態に。

それでも相手3番手投手から8回に赤堀君のタイムリー、9回には山浅龍之介君の犠牲フライで2点を加えて合計6得点。

投げては6回から登板のエース佐山未來君が光南打線から4イニングで6奪三振と好投。チームを2年連続の春優勝へと導きました。

野球部は6月8日から始まる第69回春季東北地区高等学校野球大会に福島県第一代表として出場します。地元開催となる同大会で、昨秋果たせなかった優勝を成し遂げ、夏の大会へ繋げてほしいですね。

皆様、今大会のご声援誠にありがとうございました。野球部の皆さん、優勝おめでとうございます!

野球部「2022 春県大会」準決勝は学法石川に9対2でコールド勝ち!

本日白河グリーンスタジアムで開催された第74回春季東北地区高等学校野球福島県大会の準決勝は、学法石川高校と対戦し、9対2と投打に相手を圧倒し、7回コールド勝利をあげました。

聖光学院の先発は2年生の小松桜吏君。小松君はアンダースロー右腕で公式戦は昨秋の県大会決勝戦以来2度目の先発マウンドです。

しかし初回は先頭打者に死球を与え、この回はダブルプレーでピンチを凌ぐものの、2回も先頭打者に二塁打を許し、一死後6番打者にライト前ヒットでつながれて一・三塁のピンチを迎えます。しかし、小松君は続く7番打者を三振に斬ってとると、8番打者もピッチャーフライに打ち取り、ピンチを脱します。結果的にこの不安定な立ち上がりを乗り切ったことが、その後の打線爆発につながっていきます。

2回裏、聖光打線は前の試合で2三振と苦しんだ6番山浅龍之介君が、レフトスタンドへソロ本塁打を放ち先制すると、3回にも一死後3番安田淳平君のセンター前ヒットを皮切りに、打線がつながります。4番三好元気君がライト前ヒットで一・三塁のチャンスを作ると、聖光ベンチは早くも動き、前2試合で活躍した三田寺大吾君を代打起用。ここで三田寺君が落ち着いてスクイズを決めて2点目を挙げると、7番生田目陽君がきっちり犠牲フライを放って3点目。さらに8番伊藤遥喜君がセンター前の2点タイムリーを放ってこの回一挙4点を奪い、試合の主導権を握ります。

4回にも三好君のタイムリーで1点を追加した聖光打線は、5回にも二死二・三塁のチャンスから2番髙中一樹君が左中間を深々と破る二塁打で2点を加点、最後は7回に主将の赤堀颯君がコールド勝ちを決める左中間への二塁打を放ち、奪った得点は合計9点。前試合の福島商業戦とはうって変わって16安打の猛攻。

投げては小松君が4回に犠牲フライ、5回に相手4番打者の本塁打の2点に抑える好投。7回には二死一塁から、小松君から3安打を放っている4番打者のところで小林剛介君を起用し、三振に斬ってとるなど、一人一人が高いレベルで仕事を果たし、2年連続の決勝進出を決めました。

決勝戦は明日、同じく白河グリーンスタジアムで光南高校と学法福島高校の勝者と対戦します。皆様、ご声援よろしくお願いいたします!

野球部「2022 春県大会」準々決勝は辛勝も主戦佐山君が11K完封!

本日あいづ球場で行われた第74回春季東北地区高等学校野球福島県大会の準々決勝は、福島商業高校と対戦し、1対0で勝利しました。

試合は初回、先発の佐山未來君が一死一・二塁のピンチを招きますが、相手の中軸を抑えると、その裏聖光打線も二死から二人の走者を出塁させチャンスを作りますが、後続が断たれて無得点に終わります。

しかし2回裏、聖光打線は今日もスタメンの三田寺大吾君が先頭打者としてセンター前ヒットで出塁すると、二死二塁とチャンスを広げ、9番佐山未來君がレフト前へタイムリーを放って1点を先制します。

しかし、聖光打線は以後決定打を欠き、毎回のように四球をもらってチャンスを作るものの、4回以降は無安打と打線がふるわず、最小失点差の苦しい試合となります。

こうなると頼みの綱はエース佐山君の投球です。その佐山君は3回まではボール先行の苦しい投球ながら、4回以降は完全に立ち直り、パーフェクトピッチング。福島商業打線を全く寄せ付けず、完封勝利。

打線に課題は残しましたが、何とか準決勝進出を決めました。

準決勝は21日に白河グリーンスタジアムで、学法石川高校と対戦します。皆様、ご声援宜しくお願い致します!

インターハイ地区予選でサッカー部が2位・ハンドボールは3位!

第68回福島県高等学校体育大会県北地区予選において、サッカー部が第2位、ハンドボール部が第3位となりました。

全国大会出場を目指す両部にとっては満足のいく結果ではなかったかも知れませんが、課題も明確になったはず。県大会に向けてますます練習に励んで力をつけて欲しいですね!県大会での活躍を期待しています!

インターハイ予選で剣道部が活躍!

第68回福島県高等学校体育大会県北地区大会において、剣道部が大活躍です!
もはや全国大会常連校となった本校剣道部。県大会でも躍進が期待されます!

男子団体 優勝

女子団体 優勝

男子個人
第1位 木戸聖也 君
第3位 渡邉琉晟 君
第3位 齋藤孝羽 君

女子個人
第2位 服部りる  さん
第3位 根本日万理 さん

野球部「2022 春県大会」初戦は主戦佐山君が圧巻の投球で快勝!

本日みちのく鹿島球場で開催された第74回春季東北地区高等学校野球福島県大会の2回戦は、田村高校と対戦し、6対1と快勝しました。

試合は聖光学院の先発佐山君未來が圧巻の立ち上がりをみせます。

先頭打者を打ち取ると続く打者を連続三振で斬ってとり、2回以降も抜群の制球力と球威で田村打線から7回まで毎回三振と一人も走者を許さない「完全」投球。

打線も3回に一死二塁から一番主将の赤堀颯君がセンター前タイムリーを放って先制点をあげると、2番髙中一樹君がヒットエンドランを成功させ、続く3番安田淳平君が右中間を深々と破る2点三塁打を放ち、追加点を挙げます。さらに内野ゴロで1点を追加した聖光学院打線は、4回にも安田君、そして4番三好元気君の連続長打で1点を追加、5回にも相手失策で1点を加え完全に試合の主導権を握ります。

こうなると注目は佐山君のピッチングです。7回まで完全投球でしたが、8回に先頭打者に四球を与え、続く打者にレフト前ヒットを放たれピンチを招きますが、落ち着いて後続を断つと、ここでお役御免。結局佐山君は8回を投げて被安打1、与四球1、10奪三振の快投でした!

9回は小林剛介君が1点を失ったものの試合は6対1で勝利。準々決勝に駒を進めました。

次戦は19日となります。皆様、ご声援宜しくお願い致します!