京都工芸繊維大学生による特別課外実施!

本日は特別課外。

国立大学の京都工芸繊維大学生に来校していただき、

「大学生の私が、高校生に伝えたいこと」

をテーマにグループワークを実施しました。

現在インターンにて西会津で活動をし、

視野を広げている最中とのこと。

少し立ち止まったことで、自分が本当にやりたいこと。

「高校生たちの居場所づくり」

を実現させたい彼の夢を応援したいと思い、

実施した当初の企画でしたが、

私も生徒たちも多くのことを学ぶ機会となりました。

特に自己開示のグループワークは、

自分自身を俯瞰で捉える良い機会となりました。

お互いが学び合える空間。本当にいいものですね。

震災やコロナを学生時代に経験した世代。

そのたくましさに、いつも心を打たれています。

 

 

マイプロジェクトアワード福島県Summit参加!(探究学習の集大成!)

マイプロジェクトアワード福島県Summitが開催されました。

  • アクション(活動実践)
  • オーナーシップ(主体性)
  • コ・クリエーション(協働性)
  • ラーンニング(探究性)

を評価基準として、高校生が一堂に会し学び合う、

日本最大級の実践型探究学習アワードとなります。

福島県では2回目の開催となりますが、本校が出場するのは初。

今年もコロナの影響で、残念ながらリモートでの開催。

生徒達はこの発表に向け、昨年から着々と準備を進めてきました。

生徒達は緊張していると思いきや・・・。

緊張していたのは、私だけでした。

生徒達は他の高校生とサポーターの前で、自分達が見つけた課題と仮説、

そしてそれに向かっての具体的な行動や実践を堂々と発表しました。

発表後、サポーターの方々からたくさんのアドバイスとエールを頂き、

生徒達の自信につながったとても良い時間となりました。

また同じ高校生の様々なアングルからの発表を聞き、

大きな刺激を受けたようです。

何より、同じ高校生とつながる場を頂いたことが、

本校生徒の新しい気づきの場となりました。

私自身も改めて、主体的に学ぶことの重要性を再確認できたステキな

1日となりました。

マイプロジェクトに携わったすべての高校生の皆さん、

本当にお疲れ様でした。

マネーハイスクールの実施

本日の5,6校時を使用して、高校3年生対象に、

マネーハイスクールを実施しました。

学校では学ぶ機会がほとんどないお金の授業。

社会に出ると、その知識は非常に重要なものとなります。

生徒達は進学,就職の卒業後の進路に分かれ、

来年直面するお金について学ぶ機会を頂きました。

今回講師をつとめていただいたのは、今年7月にパートナーシップ協定

を結ばせていただいた、福島信用金庫様。

お金を取り扱うプロです。

進学する生徒には、一人暮らしをより良く生活するにはどうすればよいか。

就職する生徒には、ローンやクレジット、リボルビングなどの具体的な

支払いの仕方を学びました。

来年からは大人としてみられる皆さん。

お金とは一生の付き合いです。

マネーリテラシーを高めて、幸せな人生設計を立てましょう。

 

聖光ファーム日記16

ついに、稲穂が出ました。

そして花が咲きました。

少し見にくいですが、この白い粒々が花だそうです。

育ててみると、様々な発見があります。

どうか、このまますくすくと成長してください。

 

聖光ファーム日記15

地域に根ざした学校づくりのために(8月4日)

苗植えから2ヶ月。稲はすくすく成長。

こんなに順調でいいの???

というくらい。生命力の凄さを実感。

毎朝チェックするのが今の楽しみです。

先輩との座談会実施

土曜課外を利用して、1,2年生を対象に、

会津大学短期大学部産業情報学科を合格した3年生と

福島県立医科大学看護学部を合格した聖光OBを交えた座談会を実施しました。

2年生は来年3月には3者面談を控え、最高学年になる準備中。

1年生は2学期末考査を終え、高校卒業後にどうなりたいかを向き合い始める時期。

普段先生には聞けないことを、リラックスした雰囲気の中、生徒達は積極的に

質問し、先輩の話に耳を傾けていました。

先日の福島大学生との交流会を始め、近い先輩の話を聞き、聖光学院に来て

良かったと思える未来を勝ち取ってほしいと思っています。

聖光学院の先輩方、後輩のために貴重な時間を割いていただき、本当にありがとう

ございました。

聖光ファーム日記14

地域に根ざした学校づくりのために(7月3日)

米作りに挑戦③

苗植えから約1ヶ月が経ちました。

本来ならもう少し前に苗植えを行わなければならず、

周りの田んぼの苗植えより、2週間ほど遅れてしまいましたが、

すくすくと成長しています。

ストレスを与えると、良く育つということを

「鉄○ダッシュ」という番組で言っていたので、

毎朝苗を触ってストレスを与えています。

ストレスを力に変え、反骨精神で立派な稲になってほしいです。

 

 

高校生ものづくりコンテスト溶接部門に出場!

(写真はイメージです)

12月4日(土)にポリテクセンター福島で開催された「福島県高校生ものづくりコンテスト溶接部門」に出場しました。

出場したのは鈴木智也君(3年機械科 醸芳中)、横山大樹君(2年機械科 伊達中)、大橋拓実君(3年機械科 岳陽中)の3名。

同コンテストは、工業高校で学ぶ生徒のものづくりへの関心と意欲を高め、技術の向上とものづくりを担う人材育成につなげようと県教委、県職業能力開発協会の後援で開いています。溶接部門は、前身の技術競技会から通算して10回目の開催で、県溶接協会が後援団体として競技実施に協力しました。

コンテストでは、60分の競技時間で、課題の被覆アーク下向き突合せ溶接に臨み、本校の3名も奮闘しましたが、結果は8位。しかし、なかなか「技術」を競う場はないだけに、とてもいい経験になったようです!

3名の生徒の皆さん、お疲れさまでした!

聖光ファーム日記13

地域に根ざした学校づくりのために(2021年6月8日)

米作りに挑戦②

ほくしん保育園様から頂いたコシヒカリの苗植えを行いました。

まずは土壌づくり。

白沢村から田んぼ用の土を持ってきて、水を入れてコネコネ。

なんとも言えない生暖かさと田んぼの土の感触を久々に味わいながら、

土壌完成です。

1日置いた後、苗を等間隔に植え、とりあえず完成。

果たして上手くできるのか。

大事なバトンを繋ぎます。

 

「税についての作文」税団協会長賞受賞!

普通科進学コースに在籍する大橋愛真峯さん(2年 霊山中)が、令和3年度「税に関する高校生の作文」に出品し、見事「税団協会長賞」を受賞しました。

大橋さんは、「自分のために」と題し、2011年に起きた東日本大震災の復興にあたり、税金が投入されていたことを指摘し、税金は最終的には自分のために納めるものであり、自分のために使われているという意識が必要だと主張しました。

大橋さん本日、新井秀校長同席のもと表彰式に出席し、とても嬉しそうな表情で賞状と副賞の品を受け取りました!

大橋さん、おめでとうございます!