インターハイ地区予選から県大会までを通して(弓道部)

6月4日(土)に第68回福島県高等学校体育大会弓道競技(個人戦)がいわき市立いわき弓道場で行われました。本校弓道部の菅野幸哉君(部長)、山田翔己君(副部長)が男子個人競技に出場しました。

2名とも先月5月14日(土)、15日(日)に行われた第68回高等学校体育大会弓道競技県北地区予選会を通じて、監督推薦での出場となりました。

【地区予選にて】

【地区予選にて】

地区予選会では、2名とも最後のインターハイとあって、非常に緊張していたようです。練習でやっていたことが、できなかったと非常に悔しい思いをしていたようでした。

今回の県大会で顧問からは実力で勝ち取った出場権ではないので、とにかく胸を借りる思いで謙虚に大会に出場できることに感謝しながら、競技してほしいということを2人に伝えました。選手たちもそれに応え、非常に良い表情で今大会を終えられたと思います。

今大会に出場した菅野幸哉君は、男子個人予選で4射3中して予選を突破し、準決勝に挑みましたが、計8射6中と、惜しいところで決勝進出とはなりませんでした。ただ本人としても、今まで積み重ねていたことを出し切れたことと思います。本当に2人には今大会についてお疲れ様でしたと労いたいです。

さて早いもので今週は県総体地区予選です。もう3年生も引退が近づいています。今年度も本校弓道部員は少数ですが、先輩のコツコツと練習する姿勢を1年生は大いに見習い、先輩のあとに続いてほしいと強く思いました。

前期生徒総会 並びに インターハイ地区予選選手壮行会を行いました!

本日前期生徒総会を行いました。

コロナ対策として生徒は各教室でYouTube配信された映像を見ながら、
議事に関しては書面表決を行いました。

議事は、
第1号議案 2021年度生徒会会計決算報告
第2号議案 2022年度生徒会会計予算(案)
第3号議案 2022年度生徒会行事予定(案)

でした。3年情報電子科の青山浩士君が議長を務め、滞りなく総会は進みました!

また、その後はインターハイ地区予選の選手壮行会を行いました。各部主将がそれぞれ壇上に立ち、決意を述べました。各部の皆さん、県大会、そして全国大会を目指して頑張って下さい!

気力に満ち溢れる各部の主将!

令和3年度新人戦県北地区予選に参加

9月11日(土)~12日(日)に新人戦県北地区予選が行われました。

6月に行われた県総体県北地区予選で3年生が引退し、残された1、2年生部員は4名となり、ここ数年でみても最も少ない人数で活動しています。

今年の新人戦地区予選の「矢渡し」は本校が担当となり、選手にとっては大変貴重な経験ができたと思います。

「矢渡し」のために県北地区の弓道部顧問の先生方から様々な形で情報提供や指導をしていただきました。本当にありがとうございました。

夏休み期間から時間を上手く活用して、未熟ながら選手はまじめに取り組んでいたと思います。




今大会は、人数が少ない中、補助役員の仕事も大変だったと思いますが、他校さんとの連携も上手くできていたと思います。お疲れ様でした。


さて今年の三大大会は無事に行われ、参加することができました。しかしながら常にコロナウィルスを念頭におきながらの1年でもありました。早くコロナ前のような形で部活動、学校生活等できるようになってほしいと改めて感じました。

来年度は今年よりも、さらに良い状況で競技を迎えられるために、この秋から来年の春にかけての選手の成長に期待したいです。

第74回福島県総合体育大会弓道競技県北地区予選会

6月12日(土)、13日(日)に福島明成高校弓道場で行われた県総体県北地区予選に参加しました。

3年生にとっては最後の大会となりました。競技への参加に加え、他校のサポートを受けつつ補助役員の仕事など、やるべき役割をこなせたと思います。


思えば今年の3年生は、前年度の3年の先輩たちに頼りきりでした。昨年はコロナウィルスの影響でインターハイ地区予選、県総体地区予選が中止となったことで先輩たちが引退することになってしまいました。今まで頼りきっていた先輩たちがいなくなり、残された当時の1、2年生は不安感があったと思います。しかし部員たちは新人戦から今まで地道に弓道に取り組んでいたと思います。

大会を通じて、もう少し記録の向上ができればよかったという思いもあるでしょうが、去年に比べ明らかに成長が見られたのも事実なので、今までやってきたことに自信をもって、残りの学校生活を頑張ってほしいと思います。

今回の大会で3年生は引退となります。1、2年生は、これから自分たちで頑張っていかなくてはなりません。秋に向けてさらなる努力を期待します。

大会期間中は天気にも恵まれ、特に大きな事故もなく、無事に大会を終えることができました。毎回、朝早くから会場設営の準備にあたって下さった明成高校弓道部の方、その他、大会運営を円滑なものにして下さった補助役員の生徒さんに感謝したいと思います。ありがとうございました。

第67回福島県高等学校体育大会弓道競技

6月5日(土)、福島県立明成高等学校にて行われた第67回福島県高等学校体育大会の男子と女子の個人競技に参加しました。

本校から浦野恵音さん、秋山茉衣さん、菅野幸哉君、山田翔己君が出場しました。

残念ながら準決勝進出はかないませんでしたが、現時点で選手ができうることができたのではないかと思います。お疲れ様でした。

さて6月12日(土)、13日(日)に3年生最後の大会である県総体県北地区予選があります。3年生は昨年残念ながら出場できなかったので、最初で最後の県総体ですね。去年出場できなかった先輩たちの分まで頑張ってほしいと思います。

最後の最後までケガなく、事故なくやりきることを期待したいと思います。

第55回県北地区高体連弓道大会

5月15日(土)~16日(日)にかけて実施された第55回県北地区高体連弓道大会に参加しました。

去年は、コロナの影響で参加できませんでしたので、3年生にとっては最初で最後のインターハイ地区予選出場です。

頑張ってほしいとは思いましたが、緊張している選手が多かったです。

4月に行われた合同練習試合の反省から自身の記録向上を目指し、今大会に挑みましたが、大会を通じて悔しい思いをした選手も多かったと思います。

しかし、まだ終わりではありません。3年生は6月まで大会があります。1、2年生は残り僅かではありますが、先輩とともに練習し、ともに大会で戦える期間を大切にしてほしいと思います。

今週から、また部員全員の地道な努力に期待したいと思います。

インターハイ県北地区予選にむけて

今年は4月24日(土)本校にて公開授業、学級懇談会等が実施され、4月30日(木)が振替休日となり、本校生徒にとっては長い連休となりました。

弓道部は連休の始めである4月29日(木)に福島県立明成高校で実施された「うりりんかっぷ(県北の合同練習試合)」に参加しました。
天候はあいにくの雨で、寒い一日でした。思えば一昨年に参加した合同練習試合の時も非常に肌寒かったと思います。

インターハイ地区予選のリハーサルとして、少人数の参加ながら選手たちには頑張ってほしいと思いました。しかし所々でやるべきことができていなかった部分が多々ありました。大会に臨む際の「緊張感」が足りなかったと思います。
大会運営のための補助役員についても確認不足等で不備な点があったことも反省点としてあがりました。

3年生にとっては、最後の大会です。やるべきことをしっかり行い、大会で全力を出し切ってほしいと思いました。

さて、本日は午前中に練習をしました。選手たちも真剣に的に向き合い、頑張っていました。

昨日、今日と天候に恵まれ、合同練習試合の時の天気は何だったんだろうと思いましたが、インターハイ県北地区予選の2日間は両日とも快晴であることを祈りたいです。

県北地区予選まで、あと2週間です。コロナにも注意して、とにかく無事で頑張ってほしいです。

令和2年度福島県高等学校新人体育大会弓道競技に参加しました。

10月17日(土)、いわき市立いわき弓道場で行われた福島県の弓道新人大会個人競技に参加しました。

当日は冷たい雨の降る中での競技となりましたが、特に大きな事故等なく無事に終えることができたので安心しました。

今大会は、本校から浦野恵音さんが女子個人競技に参加しました。実は昨年度の新人戦の県大会も出場する予定でしたが、台風の影響で棄権することとなってしまいました。本人としても去年出場できなかったことに対して、非常に悔しい思いをしたと思います。この悔しさをバネにして、今大会まで日々頑張っていました。
結果は予選敗退となりましたが、来年度に向けて、さらなる努力を期待したいと思います。

さて今年度の大会はすべて終わりました。今後、1年生、2年生が協力して、日常の練習を大切にし、さらなる成長ができるよう頑張ってほしいと思います。

令和2年度 福島県弓道新人大会県北地区予選会

本日と昨日は新人戦県北地区予選に参加しました。未だにコロナの不安が残りますが、大きな事故等もなく、無事大会を終えることができました。

8月は非常に暑い日が続いておりましたが、ここ最近は雨の日が多いですね。大会の前々日は雨と雷の影響で練習を中止するといったことがありました。

大会当日も、曇り空で雨も断続的に降ってはいましたが、それほど競技に影響がでなかったので、よかったと思います。

今年はインターハイ地区予選、県総体が中止となりましたので、思えば2年生とって去年の新人戦県北地区予選から1年ぶりの大会でした。

選手一人ひとり、今大会の結果で様々実感したことがあるとは思いますが、プレッシャーを感じて練習していたことができずに悔しい思いをした選手もいました。

しかしながら思い通りにならないからこそ、努力や苦心する意味があるので、今日の結果を大切にして、また頑張ってほしいと思います。

1年生部員も2年生の姿を見て「自分も弓を引きたい」という思いをもっていると思います。今年は1年生、2年生は少人数ですが、少人数ゆえに部員全員が協力し、来年度に向けて切磋琢磨し、充実した日々となることを願っています。

令和2年度『3年生納射会』に参加しました。

本日は福島明成高校弓道場で行われた県北高体連弓道専門部『3年生納射会』に参加しました。

本校から女子部長の国分菜々子さん、男子部長の小野類君が参加しました。
2人とも一昨年の新人戦の時から大会に出場し頑張っていましたが、大会当日は緊張で幾分硬くなり、なかなか思った結果が出せませんでした。ただ今日は表情も明るく、スッキリした雰囲気で競技に臨めたと思います。
本日は各学校の生徒の皆さんの考えを尊重する形で、チームを組ませ団体戦を行いました。本校からは2名のみの参加でしたので、他の学校の選手の方と混合チームを組み競技させてもらいました。むしろ他の学校の選手の皆さんと交流がもてたようで、良かったと思います。
大きな事故もなく、無事行事を終えることができ、安心しました。

本日の団体戦では、梁川高校弓道部員の方と同じチームとして競技し、本校の2名も親しく交流ができたようです。本日はありがとうございました。

最後に各学校の選手代表挨拶がありました。

各学校の代表挨拶では弓道を通じての感謝の気持ちと今後の進路に向かって頑張ろうという思いが伝わる内容でした。高校3年生という大切な時期です。是非今後とも頑張ってほしいと思いました。

今年度は新型コロナウィルスの影響に伴い高校総体、県総体も中止となり、3年生にとっては非常に残念な結果となりました。

しかし3年生に活躍の場を提供して下さった各学校の先生方、準備して下さった福島明成高校弓道部の皆さんや当日お手伝いをして下さった各学校の生徒さんに深く感謝したいと思います。非常に充実した1日になったと思います。

本日は誠にありがとうございました。