SAISON-cup 第2日

2019.8.18.Sun
SAISON-cup 第2日
サニアパーク

⚫予選リーグ(1st)
vs津田沼A
0-3
3-0
vs城南静岡B
1-0
1-2

⚫予選リーグ(2nd)
vs津田沼B
2-0
2-0
vs城南静岡C
4-0
4-0

各チームとも個の強化をメインに行い、ゴールを守れたらボールを奪い、チャンスがあれば背後をつきグループで崩しにいきました。日にちを重ねる事に選手も一生懸命取り組んでいました。(TK)

第22回SAISON-cup 1日目

2019.8.17.Sat
第22回SAISON-cup
菅平高原サニアパーク

0ー8 慶應義塾A
0ー1 八百津A

『修行‼️』
明日は、Aチーム、Bチーム共に2試合ずつありますので頑張らせます。(HH)

 

ヒュンメルカップ 最終日

2019.8.16.FRI
ヒュンメルカップ
山形市球技場

5ー1 新潟産業大附
9ー0 新潟産業大附B
0ー0 塩竃FC

『オフ明け‼️』
3日間のオフが終わり、今日から再スタート。近年、オフ明けにゲームを入れている。理由は、オフにどれだけの準備ができているかを確認するためである。

人間の価値とは学力やスポーツテストの記録だけでは決まらない。
サッカー選手として、いかにいい準備をし続けるか、これは人としても大切な能力だと思う。

今日、ゲームをしてもらったが、コンディションにはばらつきかある。最終的に闘える選手はいい準備をできる。

今日、結果を出せたものは選手権で活躍する。

武大フェスティバル最終日

2019.8.12.Mon
国際武道大学フェスティバル 最終日
国際武道大学サッカー場

2ー0 普天間
3ー0 普天間B

『課題修正能力❗』
最終日。疲労困憊。
でも、戦わないといけない。

課題は失点をしないこと。ディフェンスの寄せと対応の仕方。FWへの配球の質と動き出しのタイミング。
ゲームはお互いにカラダが動かず、頑張りが求められる状況。
そのなかでも、課題の克服にトライした。
結果、勝つことができたし、課題もしっかりと修正することができた。
この2019チームのいいところは、最終的にみんなで、できないところを改善することができるところ。要は、課題修正能力が高いこと。

夏休みの強化遠征の最終日に今日までの課題をクリアして、チームの成熟と成長をみせてくれた。
今後のプリンス再開や選手権に弾みをつけてくれた。

夏休みに入り、取り組んだことは多くあるが、そのなかで、自分たちの成長はもちろんだか、選手権をイメージし、現段階との差を埋めることに着手した。
大きな成果を感じさせる内容であったし、残りのプリンスリーグで多くの勝ち点を期待できると確信した強化遠征だった。

これからの試合で全勝をめざし、熱く挑む❗

今回の武大フェスティバルに際し、総監督西園氏、監督高安氏、コーチ中山氏をはじめ、多くの方々にサポートを頂いたこと、厚く感謝申し上げます。
また、保護者の皆様、OB、OB保護者様には、心あたたまる差し入れ等を頂きました。
ありがとうございました。

今後も精進し、支えて下さった皆様と喜びを共に、分かち合えるよう努力して参りたいと思います。
ありがとうございました。

武大フェスティバル第3日

2019.8.11.Sun
国際武道大学フェスティバル
国際武道大学サッカー場

1ー1 普天間
2ー2 那覇
1ー3 国際武道大学

『後の祭り❗』
2試合連続のドロー。
終盤に追い付いてのドローとしては、価値はあるが、失点をしたということに着目したい。
選手権はきびしいゲームである。失点の重さや先制点の重要性はしっかりと認識しないといけない。
引き続き、選手権モードにチームを成熟させていきたい。

あすは、最終日。
全力で挑む❗

武大フェスティバル第2日

2019.8.10.Sat
国際武道大学フェスティバル
国際武道大学サッカー場

5ー1 津田学園
2ー1 那覇
3ー1 那覇B
2ー6 国際武道大学

『下克上❗』
8時30分のキックオフ。高校サッカーならでは。
そんな中で、どのようにコンディションをつくるのか?
選手はとても考えさせられるだろう。
これも『人間力の向上』である。

チームはここにきて競争が激しくなってきている。時之栖遠征に参加していない選手が躍動している。要するにBチームの遠征に参加していた選手が大きく成長しているということ。

とても頼もしい。

夏を制するものは、選手権を制する❗
この選手たちが、レギュラー組を脅かし、いずれは下克上、選手権のピッチに立っていることに期待できる。
この躍動感がチーム強くする。

武大フェスティバル第1日

2019.8.9.FRI
国際武道大学フェスティバル
国際武道大学サッカー場

1ー2 国際武道大学
6ー0 津田学園
5ー0 那覇

『成熟❗』
夏休み強化サードステージ。
国際武道大学フェスティバルに参加。
沖縄県をはじめ、全国の強豪が集う。
ここでめざすのは、チームの成熟。選手権を見据えた隙のないチーム作りである。

今日の戦いからするとトップチームのゆるみが気になる。ここ数試合、失点がある。選手権において、先制点の重要性はチームでも共有している。
しかしながら、2失点ともに自分たちのミスから。とても軽率である。

このフェスティバルでしっかり改善し、強化に努めてほしい。

激熱な取り組みに期待する。

十六沼フェスティバル

2019.8.5(月)~7(水)
十六沼フェスティバル
十六沼公園

3ー1 仙台城南
0ー2 作新学院大学
1ー1 新潟東
6ー2 郡山東
0ー2 新潟西B
4ー2 平工B
2ー4 平工B
2ー0 新潟東
3ー3 国学院栃木

3日間のフェスティバルが終わった。
勝った負けたはあるが、いろんな意味でチームとして成長したと実感している。
朝から全員で準備し、試合をこなす。そして、後片付けと掃除。

部員全員が行った。

それも、猛暑のなかであり、とても厳しい環境であった。

全員でこのような活動をすることは、多くはない。お互いが顔を合わせながら、日常を共有し、常に一緒にいる。
この3日間によって、大きな一体感を得た気がする。
このチームの進化、成長がとても楽しみである。

今回のフェスティバルの開催に際し、参加して頂いたチームの皆様、運営して頂いた多くの皆様、心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。