インターハイ 準々決勝

2021.5.31.Mon
十六沼公園
インターハイ準々決勝

1ー0 郡山

『違い』

Fリーグで好調な郡山との対戦。
攻撃力の高いチームである。

ゲームは、お互いに慎重な立ち上がり。

背後をとられないように、手固くゲームを進める。

後半にゴールを決め、先制。

終始、危なげないゲーム展開。

やはり、プリンスで培ったものは、実力として現れていた。

そして、このチームが負けなかったことは、球際、走ること、切り替えの速さ。

成長の証だ。

準決勝に挑むのは、プリンス初戦で逆転負けをした帝京安積。

勝負では、同じ失敗を繰り返せない。

一戦必勝、全力で挑む!

本日も無観客開催により、サポーターの皆さんにゲームを観戦して頂けませんでしたが、勝利という喜びを届けることが出来て、良かったです。

週末は、共に戦ってくれているサポーターの皆さんに恩返しの気持ちを込めて、戦いたいと思います。

応援よろしくお願いいたします。

陸上競技部がインターハイ予選で好成績!東北大会へ!

第67回福島県高等学校体育大会で陸上競技部の2選手が東北大会出場を決めました。両選手はインターハイ出場をかけて、東北大会に挑みます!

<女子>
安田友香さん(3年普通科進学 安達中)
・円盤投げ 第3位!
・砲丸投げ 第5位!

<男子>
斎藤恭悟君(2年普通科福祉コース 安達中)
・ハンマー投 第5位!

皆様、ご声援よろしくお願い致します!

インターハイ2回戦

2021.5.30.SUN
十六沼公園
インターハイ2回戦

5ー0 清陵情報

『一戦必勝!』

今までと違う戦いである。

70分ゲーム、一発勝負というレギュレーション。

リーグ戦からも大きな変化がある。
したがって、リーグ上位のチームが、下位リーグのチームに敗退することは、良くある。

我々も十分にその可能性を秘めていた。

しかしプリンス終了後から、このトーナメントの戦いを十分に理解してトレーニングしてきたことから、素晴らしい結果をもたらしてくれた。

セットプレーから先制。そして追加点。その後、流れの中から3点目を叩きだし、前半終了。

後半にも、2得点をあげて完勝。

初戦としては、出来すぎるくらいの結果だった。

あすは強豪郡山。
胸を借りるつもりで、全力で挑む。

本日、無観客開催により、サポーターの皆さんにゲームを観戦して頂けませんでしたが、熱い思いは十分に伝わってきました。

明日も、喜びを届けることが出来るように、頑張ります。

応援よろしくお願いいたします。

進学コース3年生が「進学相談会」に参加しました!

5月28日(金)の午後、中間試験を終えた進学の3年生が、MAXふくしまAOZで行われた「進学相談会」に参加しました。

数多くの大学、短期大学、専門学校が参加して行われたこの相談会、本校の生徒は「志願理由書の書き方講習」も受講し、その後は各ブースにわかれて興味ある学校の説明を真剣な表情で聞いていました。

進学目標に向けて、実際の上級学校の話しが聞けたのは、大きな意欲向上につながったようですね!

校長説教集59~思い悩むな~

校長

2021年5月25日(火)
朝 の 説 教

- 思い悩むな -

『マタイ』6章25~34節

今日の聖書には「思い悩むな」という題が付けられていますが、それよりも「空の鳥・野の花」として良く知られたところです。聖書の中で最も美しい箇所です。私も大好きです。空の鳥・野の花の部分は殆ど暗唱しています。描写の美しさは、ベートーベンの交響曲第6番「田園」の第5楽章のようです。嵐が去り、森に静けさが戻って来ます。小鳥が再び囀りだし、木々から雫が落ち、日光が木々の中から差し込んでくる、あの第5楽章を思い出す美しさです。

イエス様はここで、空の鳥・野の花を例として挙げながら、人間が必要以上に自分の人生を心配することを止めなさいと言っています。人間は生きるために作物を育て、家畜を飼い、自分が食べる物を自分で育てます。でも空の鳥や野の花は、全く違います。神様から与えられたものだけで生きています。人間は、個人差はあるものの、昨日から持ち越された「過ぎ越し苦労」と、明日のことを今日から心配する「取り越し苦労」で、悩みの連続です。イエス様は、今日一日を感謝しつつ精一杯生き、後は神様の愛に委ねなさいと教えています。

19世紀のデンマークの哲学者キルケゴールは、今日の聖書箇所から『野の百合・空の鳥』という本を書きました。一部引用します。「花は黙っている。『いつ春が来るのか』と花は性急に問いはしない。花はまた言わない。『いったいつになったら雨が降るのだろうか』とか、『一体、いつになったら天気になるのであろうか』と。花は前もって『今年の夏はどうなるであろうか』と問いはしない。花はただ沈黙して待っている。花は単純である。しかし、花は決して欺かれはしない」。素晴らしい文章ですね。特に最後の「花は決して欺かれはしない」という神様・イエス様への絶対的信頼が素晴らしいです。

空の鳥や野の花は「心配ごと」とは無縁です。ただ沈黙して神様の恵みを信じて待っています。一瞬一瞬・毎日毎日を神様の恵みを受けて羽ばたき、神様から置かれた場所で花を咲かせ、実を結んでいます。空の鳥・野の花には、自分は他人からどう思われているんだろうという不安もありません。空の鳥・野の花は、神様の愛に完全に自分を委ね切っています。キルケゴールは、黙って待っている、沈黙して待っている空の鳥・野の花から、神様に信頼して生きていること、神様の声・神様の愛を聞き取る傾聴の大切さを学べと書いています。

イエス様は「何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる」と約束しています。そして「だから明日のことまで思い悩むな」と言うのです。

仏教の禅の言葉に「日日是好日」(にちにち、これ、こうにち)という教えがあります。「過去を悔いず、未来を夢見ず、積極的に今日を生きることができれば、毎日が最高の日になる」という教えです。」イエス様の教えに通じる素晴らしい教えだと思います。

最後に牧師であり詩人であった河野進先生の「花」という詩を紹介して終わります。今日の聖書の内容にとても近いと思うからです。

花は
自分の美しさに気がつかない
自分の良い香を知らない
どうして人や虫が
喜ぶのか分からない

花は自然のままに
咲くだけ
かおるだけ

校長説教集58~神と富~

2021年5月24日(月)

朝 の 説 教
- 神と富 -
今日の聖書で大切なのは、「あなたがたは、神と富とに仕えることはできない」
というイエス様のお言葉です。傍線を引いてください。或いはラインマーカーで塗ってください。以前の訳では「あなたがたは、神と富とに兼ね仕えることはできない」となっていました。私はこの訳の方で暗記しています。あたかも神様だけが善で、富(お金)は悪だと言っているようですが、違います。キリスト教は人が一所懸命働き、収入を得ることを否定しておりません。額に汗して働くことをとても良いことと教えています。

ところで、お金を英語で何と言いますか?moneyですね。でも英語にはmammon(マモン)という言葉もあり、これは「悪の根源としての富・お金」を意味しています。イエス様が問題にしているのはこちらの方で、富やお金の誘惑で人々が悪に染まることです。確かにお金で必要なものの殆どが手に入りますが、お金では手に入らないものもあります。ノルウエーのボルグというクリスチャン詩人の詩を紹介します。

お金

食べ物はお金で買えるが、食欲は買えない
薬はお金で買えるが、健康は買えない
ベッドはお金で買えるが、睡眠は買えない
化粧品はお金で買えるが、美しさは買えない
別荘はお金で買えるが、心地よさは買えない
快楽はお金で買えるが、本当の喜びは買えない
友達はお金で得られても、友情は得られない
使用人はお金で得られるが、忠実さは得られない
静かな日々はお金で得られても、心の平安は得られない

皆さんどう思いますか?ボルグの言う通りではないでしょうか?
私は聖書の『箴言』30章の次の言葉が好きです。「神様、わたしを貧しくもせず、金持ちにもせず、わたしのために定められたパンでわたしを養ってください。飽き足りれば神様を裏切り、神など何者かと言うおそれがあります。貧し
ければ、盗みを働き、神様の名を汚しかねませんから」。私は「アーメン!全くその通りだ」と思うのです。

旧約聖書の『列王記下』5章に出て来るゲハジという人の話をします。今から約2,800年位前、アラムという国の将軍ナアマンが重い皮膚病になり、預言者エリシャに治してもらおうと、部下を連れ、たくさんの貢ぎ物をもってやって来ました。エリシャは直接面会せず、使いの者に「ヨルダン川に行って7回身を洗いなさい。そうすればあなたの体は元に戻り、清くなります」と伝えました。ナアマンは、「わたしを一体何者だと思っているのか、会いもしないのは許せない侮辱だ、自分の国にはヨルダン川より遥かにきれいな川が何本もあるのだ」と怒りましたが、部下に宥められその通りにしました。すると、たちどころに赤ん坊の皮膚のようにきれいなすべすべした肌に回復しました。感激したナアマン将軍は、持参したお土産品を是非受け取って欲しいと頼みますが、エリシャは頑として受け取りません。やむなくナアマン将軍はエリシャ先生に何度もお礼を言い、帰国の途につきました。その一部始終を見ていたエリャした。神様に仕えているエリシャ先生よりも、お金に目がくらんだのです。

でも全てをエリシャ先生に指摘され、罰としてゲハジは、ナアマン将軍に代わって重い皮膚病になってしまったという話です。今日のイエス様のお言葉、「あなたがたは、神と富とに兼ね仕えることはできない」ことを良く示した物語です。

何を第一とした人生を歩むかは、人生の大きな岐路・分かれ道です。お互い、間違った道を選ぶことのないよう、今日のイエス様のお言葉を心に刻み、従いたいと思う者であります。

1学年独自開催の弁論大会開催!

毎年恒例の弁論大会。昨年から続くコロナ禍の影響で、従来通りの開催は断念した形となりましたが、1学年会では入学したばかりの1年生に対し、表現の場を作ろうと独自開催を決断、5月20日(木)に予選会を開催しました。

選出された弁士は熱弁を振るい、高校生活「最初の」公式行事を行いました!皆さん、素晴らしい弁論でした!

八巻真翔(機械科) 「コロナ禍について」
遠藤大雅(機械科) 「礼義やマナーを守る大切さ」
佐柄優我(電気科) 「クラス」
松尾学武(情報電子科)「人生の試練」
塩田光輝(普通科福祉)「手話を日常に」
宮一柊之介(普通科進学)「親のありがたみ」
伊藤如春(普通科進学)「AIの付き合い方について考える」

厳正なる審査の結果、塩田光輝君がトップで予選を通過、宮一柊之介君が次点で、松尾学武君が学年会推薦で本選に進みました。

本選はあらかじめ撮影を行いDVDで各教室で視聴する形で6月に行われます。理事長賞めざして頑張ってください!

野球部「2021 春」決勝戦は打線爆発で3年ぶり11度目の優勝!

本日第73回春季東北地区高等学校野球福島県大会の決勝戦が、あいづ球場で開催され、学法石川高校と対戦しました。

聖光学院は初回、先頭の皆川雅己君が投手の失策で出塁すると、2番伊藤康生君が強硬策の期待に応えてライト線の二塁打でチャンスを拡大すると、3番坂本寅泰君がレフトスタンドへスリーランホームランを放って3点を先制します。

3回にも4番栗城大河君がライトスタンドへソロホームランを放ち、その後も1点を追加すると相手主戦を早々とノックアウト。昨日の貧打が嘘のように、長打攻勢で得点を重ねます。

一方聖光学院のスターターは公式戦初先発の中拓翔君。中君は3回まで被安打1と見事な投球を披露。学法石川打線を翻弄します。

聖光打線は4回には、相手2番手投手から無死満塁のチャンスを作ると、ここから5本の長短打を絡めて7得点。何と4回までで12得点を奪う猛攻。一気に学法石川高校を突き放します。

しかし、中君が4回、5回と捕まり、5点を献上すると、2番手の今大会初登板の松本錬君を投入。松本君も6回に1点を失うと、すかさず7回から2年生の佐山未來君をマウンドに上げます。佐山君も交代直後にソロホームランを浴びますが、その後は落ち着いた投球で嫌な流れを止めると、打線も9回にそれに呼応するかのようにダメ押し点を挙げて、結局13対7で学法石川を退けました。

聖光学院はこれで3年ぶり11回目の優勝となり、昨秋の敗戦から這い上がって、県のチャンピオンに返り咲きました。

中君、松本君と経験の浅い投手を登板させ、今大会不調の打線も決勝戦で大爆発するなど、課題と収穫が混在した今大会。夏に向けて非常に大きな経験値となりました。

野球部の皆さん、優勝おめでとうございます!

皆様、ご声援ありがとうございました!

 

 

野球部「2021 春」準決勝はスミ1守り完封勝利!

本日あいづ球場で開催された第73回春季東北地区高等学校野球福島県大会の準決勝は、いわき地区の優勝校磐城高校と対戦し、1対0で勝利しました。

聖光学院は初回、先頭の伊藤康生君がヒットと相手の失策で二進すると、2番の皆川雅己君が送って一死三塁に。ここで3番の坂本寅泰君が外野への犠牲フライを放って幸先よく1点を先制します。

しかし、ここから試合は膠着状態に。相手主戦に聖光打線は沈黙、中盤以降捉えた打球が増えたものの、ことごとく正面に飛び、打線が繋がりません。

それでも打てない時は守り切るとばかりに、今日先発の五十嵐蓮君が快投をみせます。序盤から切れのある直球と緩急のある投球術で、制球も安定。磐城打線を全く寄せ付けずに完封勝利。

前の試合のエース谷地亮輔君に続く完封勝利。初戦も継投による完封勝利ですから、これで3試合連続の無失点勝利となりました。

しかしながら投手の安定感とは逆に、打線は湿りっ放しの今大会。明日の試合では打線の奮起に期待したいですね。

決勝戦は明日、あいづ球場で学法石川高校と対戦します。皆様、ご声援宜しくお願い致します!

福島信用金庫様と連携協議開始!

2022年度から始まる新課程に向けて進む地域連携協議。5月19日には福島信用金庫の常務理事総合企画部長の大橋達夫様と地域貢献課の古山愛結様と包括的な連携に向けての協議を行いました。

地域貢献活動、地域活性化に積極的に取り組んでいる福島信用金庫様と連携を図り、伊達市、桑折町、国見町の活性に聖光学院がどう関わることができるのかを今後、継続的に協議していくこととなりました。

今後も地域連携に関し、様々な取り組みをしていく予定です!