京都工芸繊維大学生による特別課外実施!

本日は特別課外。

国立大学の京都工芸繊維大学生に来校していただき、

「大学生の私が、高校生に伝えたいこと」

をテーマにグループワークを実施しました。

現在インターンにて西会津で活動をし、

視野を広げている最中とのこと。

少し立ち止まったことで、自分が本当にやりたいこと。

「高校生たちの居場所づくり」

を実現させたい彼の夢を応援したいと思い、

実施した当初の企画でしたが、

私も生徒たちも多くのことを学ぶ機会となりました。

特に自己開示のグループワークは、

自分自身を俯瞰で捉える良い機会となりました。

お互いが学び合える空間。本当にいいものですね。

震災やコロナを学生時代に経験した世代。

そのたくましさに、いつも心を打たれています。

 

 

マイプロジェクトアワード福島県Summit参加!(探究学習の集大成!)

マイプロジェクトアワード福島県Summitが開催されました。

  • アクション(活動実践)
  • オーナーシップ(主体性)
  • コ・クリエーション(協働性)
  • ラーンニング(探究性)

を評価基準として、高校生が一堂に会し学び合う、

日本最大級の実践型探究学習アワードとなります。

福島県では2回目の開催となりますが、本校が出場するのは初。

今年もコロナの影響で、残念ながらリモートでの開催。

生徒達はこの発表に向け、昨年から着々と準備を進めてきました。

生徒達は緊張していると思いきや・・・。

緊張していたのは、私だけでした。

生徒達は他の高校生とサポーターの前で、自分達が見つけた課題と仮説、

そしてそれに向かっての具体的な行動や実践を堂々と発表しました。

発表後、サポーターの方々からたくさんのアドバイスとエールを頂き、

生徒達の自信につながったとても良い時間となりました。

また同じ高校生の様々なアングルからの発表を聞き、

大きな刺激を受けたようです。

何より、同じ高校生とつながる場を頂いたことが、

本校生徒の新しい気づきの場となりました。

私自身も改めて、主体的に学ぶことの重要性を再確認できたステキな

1日となりました。

マイプロジェクトに携わったすべての高校生の皆さん、

本当にお疲れ様でした。

先輩との座談会実施

土曜課外を利用して、1,2年生を対象に、

会津大学短期大学部産業情報学科を合格した3年生と

福島県立医科大学看護学部を合格した聖光OBを交えた座談会を実施しました。

2年生は来年3月には3者面談を控え、最高学年になる準備中。

1年生は2学期末考査を終え、高校卒業後にどうなりたいかを向き合い始める時期。

普段先生には聞けないことを、リラックスした雰囲気の中、生徒達は積極的に

質問し、先輩の話に耳を傾けていました。

先日の福島大学生との交流会を始め、近い先輩の話を聞き、聖光学院に来て

良かったと思える未来を勝ち取ってほしいと思っています。

聖光学院の先輩方、後輩のために貴重な時間を割いていただき、本当にありがとう

ございました。

「税についての作文」税団協会長賞受賞!

普通科進学コースに在籍する大橋愛真峯さん(2年 霊山中)が、令和3年度「税に関する高校生の作文」に出品し、見事「税団協会長賞」を受賞しました。

大橋さんは、「自分のために」と題し、2011年に起きた東日本大震災の復興にあたり、税金が投入されていたことを指摘し、税金は最終的には自分のために納めるものであり、自分のために使われているという意識が必要だと主張しました。

大橋さん本日、新井秀校長同席のもと表彰式に出席し、とても嬉しそうな表情で賞状と副賞の品を受け取りました!

大橋さん、おめでとうございます!

「放課後塾ハル」視察

11月26日(金)に国見町の公営塾である「放課後塾ハル」

の小学部にお邪魔しました。

「放課後塾ハル」の躍進は素晴らしく、先日も福島県知事が

直接訪問をして、話題となりました。

今回は小学部の「探究の授業」を視察させていただきました。

小学生のパワーに圧倒されましたが、高校生の授業にもなるのではという

授業を楽しんで取り組んでいました。

今回の授業は「アート編」。

アートにも歴史があり、ルールをもとに作られたことを私も初めて知りました。

ちなみに下の絵は古代エジプトの絵画ルールをもとに小学生に描いてもらった

私の絵です。

最初に自己紹介をした際は、黒スーツ姿の怖い人という印象だったようですが、

1時間もすると、小学生に取り囲まれていました。笑

最後には絵のプレゼントまでいただきました。

小学生でも取り入れている探究の授業。高校ではどのような学びを与えられるか

必死に頭をリノベーション中です。

今後是非「放課後塾ハル」×「聖光学院」でワクワクすることをしたいなと

思っています。

塾長の三好さん、本当にありがとうございました。

聖光ファーム日記12

地域に根ざした学校づくりのために(2021年6月7日)

米作りに挑戦①

第二校舎に広がる田園風景。

収穫期には学校の周りが黄金色に輝き、田んぼで四季を日々感じています。

無意識を意識化する。

今回は聖光では当たり前にあった稲を私達で栽培する挑戦をしました。

何から始めればいいのか・・・。

そんな時、園内に田んぼがあるという、ほくしん保育園さんの

お話をお聞きし、ご訪問させて頂きました。

ほくしん保育園さんはSTEAM教育を積極的に取り入れている保育園です。

稲の育て方や子供たちの活動をお聞きし、帰ろうとすると、

なんと昨年育てたコシヒカリの苗を頂きました。

ほくしん保育園から頂いたこの苗を引き継ぎ、探究したいと思います。

ほくしん保育園の皆さん本当にありがとうございました。

福島大学生との交流会の実施

11月13日(土)に福島大学生の交流会を実施しました。

ご協力していただいたのは福島大学災害ボランティア学生団体の皆様。

生徒の中で、大学の説明や施設見学の機会はありますが、

現役の大学生との交流がなかなかないと感じており、

4月から仕掛けていたことがやっと実現しました。

まずは自己紹介からスタート。高校生も大学生も緊張からのスタート

でしたが、さすが本校卒業生で大学4年生の山田椋大君。

スムーズな進行で一気に場が和やかな雰囲気となりました。

次は大学生と一緒にグループ毎の大学施設見学です。

待っていましたというような快晴に恵まれ、一足早いキャンパスライフの

体験スタート。

本日は大学1,2年生の生徒さんも多くいたのですが、

実はコロナの影響で、キャンパス内を全て見たことがないということでした。

そのため今回は、高校生と一緒に大学施設を始めて見て回るという良い機会

にもなったそうです。

施設見学を終え、交流を深めたところで本日のメインである座談会のスタート。

施設見学で打ち解けたおかげで、私には絶対質問しないであろう質問ばかりで

した。笑

高校時代の模試の偏差値は?

勉強をやりたくない時、どう乗り切った?

そもそも大学に進学って本当に重要なこと?

…etc

年齢の近い大学生だからこそ聞ける質問ばかりで、あっという間に時間が過ぎて

しまった印象です。

先週から2者面談がスタート。特に高校2年生は進路について真剣に考える時期

となります。

高校生にとって貴重な1日となりました。福島大学生の皆さん、本当にありがと

うございました。

 

職業理解ガイダンスを行いました!

本日は全1・2年を対象にした職業理解ガイダンスを行いました!

初めはそれぞれの教室でZOOMを使った全体会を視聴したあと、各教室などに設置された職業別のブースに移動し、それぞれの職業に関する理解を深めました!

どんな職業なのか、その職業にはどうやったら就くことができるのか、そしてそのために今できることは何なのか・・・。

公務員、教師、音楽関連、スポーツビジネス、歯科衛生士、幼児教育、リハビリ、語学、国際ビジネス、動物、デザイン、販売、営業などなど、多岐にわたる職業から選択して様々なお話しを聞くことができました!

3年生は実際の進路活動に追われる中、その後姿をみる1・2年生にとって非常にいい時期でのガイダンスになったようです!

進路選択に向けて

本日は東北学院大学の先生をお招きし、

高校2年生を対象に、出張講座を実施しました。

普段とは違う授業で、生徒達は一足早い大学生気分。

高校生活も折り返し地点。

今後担任の先生との面談も始まります。

自分の進路を決める1つのきっかけとなってくれればと思います。

本日の講義内容

井上正子先生 「生活の中のジェンダー」

松原 悟先生 「コーチング」

藤野雄大先生 「アメコミ・ヒーローを通してみるアメリカ的ユートピアニズム」

金子祥之先生 「見てはならない史料を読む」

講師の皆様、本日は本当にありがとうございました。

 

 

(株)ダイユーエイト× 聖光学院高校

(株)ダイユーエイト様とのパートナーシップ協定事業の第1回目として、

「にぎわいづくりプロジェクト」のワークショップを実施いたしました。

ダイユーエイトMAX福島店様にご訪問させて頂き、高校生から見た

にぎわいづくりを考え、本社でのプレゼンテーションを目指します。

まずは開店前の店内へ。誰もいない複合施設に入れるだけで、

私も生徒達もワクワクがとまりません。

社員の皆様と朝礼を一緒に行い、いざ探究学習へ。

ダイユーエイトMAX全体のこと、2階フロアのOne’s MAX、

そして1階のFOODMAXを見学させて頂きました。

実際に現場で働く皆様の視点や考え方は学ぶことばかりでした。

何より、誇りを持って働いている姿を見て、大人である私自身も

学ぶことが多くありました。

本日の見学や聞いたことをどう課題にするのか。

無意識を意識化するという学習をしていきます。

来年には自分で見つけてた課題と解決(最適解)を

本社でプレゼンテーションします。

果たしてどうなるのか。

正解ではなく、成解を見つける探究学習が始まります。