女子バレーボール部が新人戦で県北大会優勝!

令和元年度福島県高等学校新人体育大会県北地区大会で見事優勝を果たしました。

先日の春高バレー県大会決勝で敗れてから間もない中でのこの優勝は地力がある証拠ですね!部員に聞いても、新チームいい感じです!と手ごたえがあるようです!

来年こそ!念願の春高出場へ向けて好スタートです!

あっぱれ!素晴らしき「スポーツ聖光」!五大団体競技全てが決勝進出!

本日、春高バレーの県決勝戦が行われました。残念ながら敗退を喫しましたが、本当に素晴らしい戦いでした。

令和元年、新しきこの年、聖光学院は大きな躍進を遂げました。なんと・・・

五大団体競技全てが県の決勝戦に進みました!

剣道部・野球部・ラグビー部・サッカー部・女子バレーボール部。

福島県史上、そんな学校は他にあったのでしょうか・・・!?

もちろん決勝の相手は全部違う学校です。剣道部は福島高校、野球部は日大東北高校、ラグビー部は郡山北工業高校、サッカー部は尚志高校、そして女子バレーが郡山女子大附属高校。これだけをみても、決勝戦まで進むことがどれだけ大変かが分かると思うのです!

見事優勝を果たし、全国大会に進んだのは2連覇を果たした剣道部と13連覇の野球部。ラグビー部は2年連続の花園を目指しましたが惜敗。サッカー、女子バレーは連覇を続ける「王者」に敢然と立ち向かいました。

秋の決勝3連戦は、大いに学校を盛り上げ、希望と感動を巻き起こしました。本当に素晴らしい戦いでした。決勝戦で破れはしましたが、前述しましたが、決勝戦まで進むのは至難の業。

そして何より、勢いだけで決勝まで進むことは出来ませんから、普段からどれだけ努力を重ね、「技」を極め、「身」を鍛え、「心」を磨いてきたか・・・やはりその「資格」がなければ決勝には進めません。

そう意味で、聖光学院にはその「資格」を求めて日々精進を重ねる生徒が数多くいるのです!

情熱をもった指導者、それに応えて懸命に精進を重ねる選手達。

聖光学院の「活気」を、今年の部活動の活躍から感じ取って頂ければ幸いです。

聖光学院はこの情熱を、来年にもつなげていければと思います!部活動所属の選手の皆さん、本当にありがとうございました!

春高バレー 女子決勝 大熱戦も悔しい敗戦(写真追加しました!)

本日、第72回全日本バレーボール高校選手権大会(春高バレー)県代表決定戦・第47回FTV杯争奪県高校バレーボール選抜優勝大会の決勝戦が、福島市の福島トヨタクラウンアリーナ(福島市国体記念体育館)で行われました。

初の春高バレー出場を目指す聖光学院の持ち味は、とにかく粘り強く繋ぐバレーボール。高さに勝る郡山女子大附属とどう渡り合えるかが注目されました。

試合は1セット目から大接戦。聖光学院は粘り強く、執念のレシーブを連発し郡山女子大附属を慌てさせます。しかし、23対25でこのセットを落とすと、2セット目、3セット目も何とか食らいついて接戦に持ち込み、どちらも20点以上得点する大熱戦となりますが、これまで3年連続で春高バレーに出場する郡山女子大附属に、最後は屈する形となりました。

ラグビー、サッカーに続く団体競技決勝戦での3連敗。しかし、しかし決勝戦に進むのがどれだけ大変なことか!

各部がそれぞれ決勝戦まで駒を進めたことは、本当に素晴らしいことです。

女子バレーボール部の皆さん、お疲れさまでした。皆さんの清々しいプレーに、我々は大きな感動を頂きました!有難うございました!

女子バレー部 県総体で準優勝!

いつも応援ありがとうございます。

女子バレー部は7月4日〜6日まで郡山市西部体育館をメイン会場にて開催された「第72回福島県総合体育大会」へ出場し、準優勝という結果を収めることができました。

昨日は1回戦から準々決勝まで行い、準々決勝では「あさか開成高校」とフルセットの激戦の末、勝利を手にし、準決勝へと駒を進めました。

準決勝では、インターハイ県予選で敗れた「郡山東高校」との対戦。

高さあるブロックを前にしても、攻める姿勢を貫き通し、ストレートで勝利。

インターハイ県予選の雪辱を果たすことができました!

続く決勝戦は「郡山女子大学附属高校」。

相手の強烈なスパイクや高さあるブロックに対し、聖光学院は粘りあるプレーで挑みました。

拾って、拾って、拾ってと相手の様々なスパイクを素晴らしいレシーブで食らいつき、一進一退の攻防へもつれ込みました。

2年生エースのふたりも要所要所でしっかりと得点を重ね、強気のプレーの連続。

しかし、相手はインターハイ出場チームです。

なかなかリードを許してはくれませんでした。

終わってみれば、1セット目が19-25、2セット目が22-25のストレート負け。

しかし、インターハイ県予選からしっかりと成長した選手の姿を見ることができました。

県大会で負けて1ヶ月。一人一人にな何が足りないのか必死に考え、一人一人が努力をし、様々な人々の助けを借りて、少しは成長を垣間見ることができた大会でした。

この結果を更に選手の成長の糧としてほしいです。

この県総体結果により、11月に行われる春高バレー県予選大会に進むことができました。

春高バレー初の優勝を目指し、これからも努力を重ねていきたいと思います。

今後とも応援よろしくお願い致します。

女子バレー 東北大会ブログ2

東北大会、初戦の相手は全日本ユース率いる秋田北高校でした。

1セット目、出だしから相手の高さあるスパイクとブロックに対応できず、終始秋田北高校ペースでセットを落としてしまいました。

2セット目は1セット目に修正できなかったレシーブを修正しつつ、徐々に聖光のリズムを取り戻し、いいリズムで試合を展開することができました。

途中、5点連続得点をする場面や相手エースのスパイクをブロックし、流れに乗る場面も見られました。

しかし、相手の粘りあるレシーブや強烈なスパイクを上げきれず、2セット目も落とし、ストレート負けを喫してしまいました。

この大会を通して、選手一人一人が確実に成長し、次に繋げられる経験を積むことができました。

次に控えている大会は福島県総合体育大会です。

この大会で培ったものを生かし、頑張っていきたいと思います。

応援していただいた皆様ありがとうございました。

今後とも応援の方、よろしくお願い致します!

女子バレー 東北大会ブログ

本日から東北大会が開幕!

今日は開会式のみですが、各チーム、素晴らしい入場行進にて、開会式が始まりました。

ここから既に戦いが始まってるというのを感じさせてくれました。

特に男子チームの入場行進は力強く、自信に満ち溢れるものを感じましたね。

明日から始まる試合では東北6県の強豪校が集結し、ハイレベルなバレーが期待できそうです!

我が校の初戦は秋田県優勝チームの秋田北高校です。

全日本ユース選手が所属する秋田の強豪。

相手にとって不足なしですね!

練習してきたことがどこまで通じるか。

敵は己にありと、横山先生の”魂の授業”で学んだものを生かし、精一杯頑張りたいと思います。

皆様応援よろしくお願いします!!

東北大会出場の女子バレーボール部に激励金贈呈

第55回東北高等学校バレーボール選手権大会兼NHK杯大会に出場する女子バレーボール部に、学院、保護者会、同窓会より激励金が贈呈されました。

キャプテンの渡辺渚さん(3年普通科進学)は、「優勝してきます」と力強く抱負を語ってくれました。大会は6月20日より23日までCAN★あきたアリーナで開催されます。皆様、ご声援よろしくお願い致します!

女子バレー部「第65回福島県高等学校体育大会」第3位

5月24日〜27日に行われた「第65回福島県高等学校体育大会」にて第3位の成績を収めることができました。

優勝を目指して挑んだ大会でしたが、力及ばずでした。

しかし、東北大会代表決定戦ではあさか開成高校に2-1で競り勝ち、代表権を得ることができました。

今後は6月22日〜23日に秋田県で行われる東北大会に向けて、日々鍛錬を重ねていきたいと思います。
応援していただいた皆様ありがとうございました。
今後とも応援の方、よろしくお願い致します。