新人戦 準々決勝

2021.11.29.Mon
新人戦 準々決勝
いわきグリーンフィールド

0-1 尚志

「可能性!」

この尚志を越えなければ、我々の目指すものへは到達しない。

ゲーム展開は決して劣るものではなかった。

悔しい敗戦である。

2022チームがスタートして、3試合目。

このチームには、素直さ、協調性があり、サッカーを取り組む姿勢が良い。
そして、何よりも自分たちで、いい雰囲気を作ることができる。

負けはしたが、多くの可能性を感じさせる内容だった。

今後、高いレベルで競争してほしい。

本日も平日ながら、多くのサポーターの皆様に応援頂きました。
ありがとうございました。

続きを読む →

「放課後塾ハル」視察

11月26日(金)に国見町の公営塾である「放課後塾ハル」

の小学部にお邪魔しました。

「放課後塾ハル」の躍進は素晴らしく、先日も福島県知事が

直接訪問をして、話題となりました。

今回は小学部の「探究の授業」を視察させていただきました。

小学生のパワーに圧倒されましたが、高校生の授業にもなるのではという

授業を楽しんで取り組んでいました。

今回の授業は「アート編」。

アートにも歴史があり、ルールをもとに作られたことを私も初めて知りました。

ちなみに下の絵は古代エジプトの絵画ルールをもとに小学生に描いてもらった

私の絵です。

最初に自己紹介をした際は、黒スーツ姿の怖い人という印象だったようですが、

1時間もすると、小学生に取り囲まれていました。笑

最後には絵のプレゼントまでいただきました。

小学生でも取り入れている探究の授業。高校ではどのような学びを与えられるか

必死に頭をリノベーション中です。

今後是非「放課後塾ハル」×「聖光学院」でワクワクすることをしたいなと

思っています。

塾長の三好さん、本当にありがとうございました。

新人戦 2回戦

2021.11.28.Sun
新人戦 2回戦
いわきグリーンフィールド

3-0 日大東北

「再昇格へ!」

県南王者を撃破。
終始、聖光のペース。

ミスがあっても、致命的にはならない。

守備への戻り、切り替えが遅くても、何とかなる。

手を抜いても、誰かがやってくれる。

そんな空気感!

我々の考えていることは、一年でプリンスに戻ること。

「再昇格」である。

ここに慣れてはいけない。

現状維持から成長はない。
厳しい反省、ミーティングからしか進化はない。

次戦は尚志。
目指すものへの距離を知る!

本日も多くのサポーターの皆さんと共に勝利を実感できたことにうれしく思います。
あすも共に戦いましょう!

続きを読む →

新人戦 1回戦

2021.11.27.Sat
新人戦 1回戦
いわきグリーンフィールド

3-1 郡山東

「初陣!」

2022チームの初陣。

大会初戦。
強風、悪コンディションのグランド。
新チームの練習は3日間。

様々、難しい状況の中、しっかりと結果を出してくれた。

すべてが手探りの状態。

選手たちは、競争、スタメン争い。
激しさを増している。

あすの対戦は、県南1位の日大東北。

胸を借りるつもり、全力で躍動する。

本日、多くのサポーターの皆さんと共に戦えたことに感謝申し上げます。
あすも一緒に戦いましょう!

 

1年機械科上級学校見学会に参加してきました!

11月22日(月)に1年機械科の上級学校見学会があり、『花壇自動車大学校』と『東日本航空専門学校』へ行ってきました!

花壇自動車大学校では、まず学校概要について説明を受けました。

「自動車科」、「一級自動車科」、「ボディークラフト科」の3つのコースがあり、実習ではエンジン分解があるそうです。また、自動車不具合の原因を究明する時、固定観念を捨て、他人の意見に耳を傾けたり、原点に戻って考えることの大切さを教わりました。

その後、小雨のため天候が心配されましたが、同乗走行体験があり、「フェラーリ458」と「GTR35」のスーパーカーに同乗することができました!すごい加速力とコーナースピード、そしてエンジン音・・・。滅多に乗ることができない夢のスーパーカーに生徒たちは興奮気味でした。

東日本航空専門学校では、地上支援車操作体験、操縦系操作体験等を行ってきました。

地上支援車操作体験では、フードローダーと呼ばれる機内食を航空機に入れるための車に乗り、数メートルの上昇・下降を体験しました。また、フォークリフトの荷台も操作することができました。

操縦系操作体験では、小型飛行機の操縦かんを実際に操作して翼の動きを確認し、飛行機が空を飛ぶメカニズムを勉強しました。また、エンジンの仕組みやプロペラの取り付け方も学びました。

生徒にとって貴重な体験をすることができました。今後の進路選択へ向けての意欲向上につながったと思います。

担当された専門学校の先生方、お忙しい中、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

工業科1年生対象「進路講話」を行いました!

11月25日(木)4校時に、工業科1年生を対象にした進路講話を行いました。

講師は本校の教壇にも立たれている橘忠夫先生です。橘先生は長年本校にお勤めになり、進路指導部長を務められるなど、「進路指導のエキスパート」です。現在は様々な所で講演活動なども行っている先生です。

「職場が求めている人材とは」と題し、失敗しない進路選択の方法や、進路希望達成の具体的な取り組みについてなど、詳しくお話しいただきました。

工業科の生徒の中にも進学を希望する生徒もいますが、そういう生徒でもいつかは就職します。もちろん就職希望の生徒も、今日の講話は今後の自らの取り組みに大きく変化が出てきそうな、そんな講話でした!

橘先生、ありがとうござました!そして生徒の皆さん、今日の話しを無駄にせず、しっかり頑張りましょう!まずは来週から始まる期末試験ですね!


全体に挨拶する阿部正恭1学年主任

 

1年電気科・情報電子科が上級学校見学に参加しました!

11月22日(月)肌寒い小雨の中、電気科と情報電子の生徒で東北電子専門学校に見学をしてきました。広い学生食堂内で説明を受けた後、4つのコースに分かれて、いろんなことを学び体験してきました。

①AIコースでは、人工知能の奥深さについて知ることができ、人工知能がこの世の中でどうように生かされ、今後活躍していく過程について学ばさせていただきました。

②ITコースでは、オブジェクト指向プログラミングを体験しました。「PC操作がとても上手ですね。」と教授からお褒めの言葉を頂きました。

③CGコースでは、CGのオリジナルの雪だるま作成に挑戦しました。モデリングやアニメーションについて分かりやすく説明していただき、生徒もオリジナルの帽子や鼻を取り付け楽しそうに取り組んでいました。

④ゲームコースでは、自分でキャラクターを作り、(2Dモデル)そのキャラクターが上から転がってくるので、よけてゴールを目指すというもの。何度もチャレンジして、真剣にゴールを目指していました。

昼食は、学生食堂で自分の好きなメニューを選び、黙食にて美味しくいただきました。生徒にとっては、進路選択の一つのきっかけになる貴重な時間を過ごすことができました。東北電子専門学校の担当していただいた先生方、本当にありがとうございました。

プリンスリーグ東北 第15節

2021.11.23.Tue
プリンスリーグ東北 第15節
Jヴィレッジ

0-4 青森山田

「降格!」

5年戦い続けたこのカテゴリーからの降格が決まった。
それも日本一のチームとの対戦で。

完敗だった。

すべてを準備したが、手も足も出なかった。

ひとつの時代が終わった。

実力である。

どんなチームも最初から、強かったわけではない。

弱いところから、始まっている。

そして、強くなるためにチャレンジし続けている。
いろんなことを乗り越えている。
そして、諦めなかったから、強くなったのだ。

我々は強くなるために、次のステージでやり直す。

一年で必ず、戻る!

この日まで一緒に戦ってくれた選手たちには、感謝の気持ちでいっぱいである。

ゲームが終わった後、監督と選手から先生と生徒に戻れた気がする。

ちょっと気が楽になった。

残りの高校生活で社会に出るための人間力をさらに、身につけてほしい。

本日、降格をしてしまいましたが、ここまで多くの皆様に応援頂きました。
ありがとうございました。
今後もチームの活動を通して、少しでも恩返しが出きるように頑張っていきたいと思います。

「探究」の先行授業実施!新聞にも取り上げられました!

本校では2022年より学科再編を行います。その中で取り扱われる「探究」の先行授業を、11月15日(月)に普通科進学コース3年生を対象に行いました。この授業は新聞にも取り扱われました!

授業科目「探究」は、来年度から普通科進学探究コースの1年生向けに、木・金の5・6校時の時間に組み込まれます。今回の先行授業は普通科進学コース3年生の33名が受講しました。

今回の授業は、「もし『未来』という教科があったなら」と題して行われ、生徒は自分の将来の夢と、好きな人物や漫画・アニメのキャラクターとの共通点を探し、幸せな人生を歩むために必要な目的を考えさせるというもの。生徒の中には「ドラえもん」を選択し、「ドラえもんがのび太を助けるように、困った人を助けられるような税理士になりたい」と夢を語りました(福島民友記事引用)

世の中は、「知識」を問われる時代から、予測不能な複雑な時代に、自ら課題を見つけ、そしてそれを自分なりの方法で解決する力を要求されるようになっています。

新設される普通科探究コースでは、来年度から導入される「探究」の中で、様々な取り組みをしていきます!これまでの「探究活動」は、当ホームページのブログでご覧いただけます!ぜひ、お読みください!

聖光ファーム日記12

地域に根ざした学校づくりのために(2021年6月7日)

米作りに挑戦①

第二校舎に広がる田園風景。

収穫期には学校の周りが黄金色に輝き、田んぼで四季を日々感じています。

無意識を意識化する。

今回は聖光では当たり前にあった稲を私達で栽培する挑戦をしました。

何から始めればいいのか・・・。

そんな時、園内に田んぼがあるという、ほくしん保育園さんの

お話をお聞きし、ご訪問させて頂きました。

ほくしん保育園さんはSTEAM教育を積極的に取り入れている保育園です。

稲の育て方や子供たちの活動をお聞きし、帰ろうとすると、

なんと昨年育てたコシヒカリの苗を頂きました。

ほくしん保育園から頂いたこの苗を引き継ぎ、探究したいと思います。

ほくしん保育園の皆さん本当にありがとうございました。