男子バレーボール部・陸上競技部が活躍!

第61回福島県高等学校陸上競技新人大会県北地区予選において、2年機械科A組の鴫原爽之介君(蓬莱中出身)が、男子800mにおいて第3位という好成績をおさめました。

また男子バレーボール部が第45回福島県私立高等学校男女バレーボール選手権大会において、見事優勝しました!

バレーボール部というと本校では「女子」が活躍中ですが、こんかいの男子はまさに快挙!また下記選手が優秀選手賞を受賞しました!おめでとうございます!

<男子バレーボール部成績>
聖光学院 2(25-23、25-20)0 尚志
聖光学院 2(25-12、25-21)0 帝京安積

<優秀選手賞>

寺島大地君(3年機械科 県北中)
赤坂佑太君(3年電気科 県北中)
石山 慎君(3年電気科 岳陽中)
菊池叶夢君(3年電気科 県北中)
瀧川 隼君(3年情報電子科 北信中)
虎岩慶人君(2年普通科福祉コース 大鳥中)

 

 

男子バレーボール部 代替大会3位

7月26日・8月2日で行われたインターハイ中止に伴う代替大会では、

最終結果3位を取ることができました。

聖光学院は強豪の部活が多いので、地区大会で3位というとあまり胸を張れる結果ではないのかもしれませんが、

男子バレーボール部は今まで地区大会でも最下位。

1セットも取れない大会を何度も何度も経験してきました。

それが、代替大会ではありますが3位という成績を収められたことは、

この環境下で諦めず、向上心を持ってコツコツと練習を積んできた選手たちが出した結果だと思います。

ただ、力を出し切るという難しさを実感した大会でもあります。力を出し切る実力がないことを痛感させられたところで、夏の練習にどう挑むか。

悔いのない夏を送ってもらいたいです。

 

男子バレーボール部 生徒会からのエール

生徒会より代替大会に挑む部活動へ折り鶴が贈られました。

バレーボール競技も7月26日・8月2日でインターハイ中止に伴う代替大会が行われ男女とも参加します。

いろんな不安や心配もありますが、生徒会よりエールをもらい、今年度初の大会を迎えられます。

大会がない競技もあります。大会を迎える前に引退するチームもあります。

どれが正解かは分かりませんが、どの選択も正解なんだと思えるように、今日1日を大事に大事に大事にしてもらいたいです。

男子バレーボール部 冬の戦いに向けて

男子バレー

今週末から新人戦が始まります。

昨年は助っ人を借りての出場であったり、新人戦県大会はインフルエンザ罹患により出場辞退と苦い思い出の新人戦。。。

今年こそは聖光学院男子バレーボール部用意周到で戦い抜きたいと思います!

大会を前に顧問のえみ先生から一足早いクリスマスプレゼントを頂いた選手達。

お揃いのてぶくろで大事な手を温め、いざ大会へ!!

男子バレーボール部 3年生祝賀会

男子バレー

11月3日、男子バレーボール部で3年生の進路決定の祝賀会をしました。

3年生は選手2名、マネージャー1名の少人数ではありますが、昨年度チームを支えてきてくれた3人です。

そんな3人も無事にこれからの進路先が決定し、その祝賀会をさせてもらいました。

新メンバーも合わせて3学年揃ったのは初めてで15名みんなで食事会してきました。

3年生、残りの学校生活を謳歌してください。

1・2年生、3年生を超えれるように頑張るぞ!

男子バレーボール部 新人戦に向けて

先日、ボランティアの休憩時間に梁川の八幡神社(16歳の伊達政宗が戦勝祈願に訪れたと言われている神社)にお参りをさせていただきました。

1か月後に行われる新人戦に向けて、本部も戦勝祈願と言いたいところですが、まずは全員で戦場に立つという意味では「家内安全祈願」の方が合っているかもしれません。

さぁ、この1ヶ月で個々の課題をクリアし、秋季大会での悔しい思いを晴らすことができるでしょうか。

頑張れ 聖光男バレ!!

男子バレーボール部 秋季大会

新人戦の前哨戦となる秋季大会が11月20・22日で行われました。

予選リーグは保原高校・福島高校と対戦させて頂き、両試合共に0-2と1セットも取れずに敗戦。

順位決定戦では、福島北高校に2-0で勝利するも、福島東高校に0-2で敗戦し、8位となりました。

昨年度は出場できる選手が揃わず見送ることになった大会だけに、大会に出場できることを有難く感じてほしい大会でした。

大会に出場できるということは、一緒に頑張ている仲間がいて、支えてくれる方々が周りにいてくれる。それは決して「当たり前」ではない。

大会に出場できるのであれば、その想いを胸に、実力が出せるようにしなくてはならない。

「実力が出せないのも、実力のうち」

新人戦に向けて力をつけよう!

男子バレーボール部 東北私学大会

9月20日~22日須賀川アリーナで行われた東北私学大会に出場してきました。

21日の予選リーグでは

米沢中央2-0聖光

八工大一2-0聖光

花巻東 2-0聖光

という結果で予選敗退となってしまいました。1セットも取ることができずに大敗となってしまいましたが、他県の高校の胸を借り、とても良い経験となりました。

会場練習の際の場所確保やアップの仕方、試合前後の流れ等、すべてが勉強になりました。

夏練習~今大会までの反省点も修正しつつ、新人戦のシーズンインまで1ヶ月でチームを作っていきたいと思います。

送迎してくださった保護者の方々、応援に足を運んでくださった保護者の方々、ありがとうございました。

また、大会の興奮が冷めやらぬ中、23日に福島高校さんと練習試合をさせて頂き、細かい修正点が浮き彫りになったので、秋季大会に向けて修正をしていきたいと思います。

男子バレーボール部 優秀選手賞表彰

7月に行われた県私学大会の表彰をしていただきました。

結果は以前投稿した通りですが、優秀選手賞も頂いており

三浦悠人・村上聖桜翔・八島空斗 の3名に優秀選手賞を頂きました。

 

来る9月20日より東北私学大会が始まります。

今回頂いた賞に恥じぬよう、粘りのあるプレーを見せてもらいたいです。

男子バレーボール部 食トレ

一昨日、福島東高校さんへ行かせて頂き、福島東・米沢興譲館さんと三つ巴で1日練習試合をさせて頂きました。

力の差を感じつつも、沢山の学びを得ることができました。

 

夏休みもあと2週間となり、まとめの時期となりました。本部ではこの時期に修正期として、高校から始めた選手の基礎を固めたり、経験してきた選手の癖を直す時期としています。

反復練習にどこまで目的意識を持って一生懸命取り組めるかがシーズンインした時に明暗となって分かることでしょう。

 

昨日は2時間体育館練習をした後に食トレとして、選手でカレーライスを作って食べました。コミュニケーションを図る目的もあり、楽しそうに作っていました。

 

衝撃だったのが、1年生が顧問や2年生に対して気を使えるようになっていたことです。荷物を率先して持ったり、年功序列で座ったりと、この夏を通して礼節や思いやりが生まれてきてのかな。と思える場面を沢山垣間見ることができました。

夏練習も、もうひと踏ん張りできるので、まだまだ成長し続けてもらいたいです。