令和2年度福島県高等学校新人体育大会弓道競技に参加しました。

10月17日(土)、いわき市立いわき弓道場で行われた福島県の弓道新人大会個人競技に参加しました。

当日は冷たい雨の降る中での競技となりましたが、特に大きな事故等なく無事に終えることができたので安心しました。

今大会は、本校から浦野恵音さんが女子個人競技に参加しました。実は昨年度の新人戦の県大会も出場する予定でしたが、台風の影響で棄権することとなってしまいました。本人としても去年出場できなかったことに対して、非常に悔しい思いをしたと思います。この悔しさをバネにして、今大会まで日々頑張っていました。
結果は予選敗退となりましたが、来年度に向けて、さらなる努力を期待したいと思います。

さて今年度の大会はすべて終わりました。今後、1年生、2年生が協力して、日常の練習を大切にし、さらなる成長ができるよう頑張ってほしいと思います。

女子バレー部 春高バレー県北地区予選会優勝!!

9月21日から22日に開催された「第78回全日本バレーボール選手権大会兼第48回FTV杯争奪福島県高等学校バレーボール選抜優勝大会県北地区予選会」において優勝をすることができました。
今大会はトーナメント、上位4チームのリーグ戦の形式で試合を行いました。その上位4チームから2チームが県大会へ進めます。
初日は終始良いリズムで試合を展開でき、聖光バレーらしさを発揮し、2日目へ。
最終日である2日目は福島成蹊高校と橘高校との対戦です。両チームとも県新人大会ではベスト8とベスト4に入っており、苦戦が予想されていました。
その予想通り、福島成蹊戦では序盤から硬さが見られ、自分たちのリズムでバレーができず、ミスが続き、24−26でセットを落としてしまいました。
しかし、続く2セット目は自分たちの歩んできた道を信じ、必死にボールを繋ぎ、25−18でセットを奪取。続く3セット目は終始聖光バレーらしい全員バレーで25−14で勝利を収めることができました。
続く、橘戦では1セット目にミスが続きましたが、焦ることなく持ち直し、25−19。2セット目も自分たちのバレーを貫き、25−16で勝利しました。

混戦の県北地区を1位通過できたのは選手にとっても自信につながる結果だったと思います。
あの緊張感の中、様々なプレッシャーを跳ね除けて自分たちの力を発揮できたことに成長を感じます。

次はいよいよ11月20日、21日に開催される春高バレー県予選です。
昨年、決勝でのリベンジを果たすためにも、またチーム一丸となって全員バレーの聖光学院で日々の練習に励んでいきたいと思います。

今大会ではたくさんの方から応援をいただきありがとうございました!
引き続き、応援の方宜しくお願い致します。

<大会結果>
2回戦 聖光 2−0 保原 →4強リーグ戦へ
【4強リーグ】
聖光 2−0 福島東
聖光 2−1 福島成蹊
聖光 2−0 橘

以上の結果より、優勝

令和2年度 福島県弓道新人大会県北地区予選会

本日と昨日は新人戦県北地区予選に参加しました。未だにコロナの不安が残りますが、大きな事故等もなく、無事大会を終えることができました。

8月は非常に暑い日が続いておりましたが、ここ最近は雨の日が多いですね。大会の前々日は雨と雷の影響で練習を中止するといったことがありました。

大会当日も、曇り空で雨も断続的に降ってはいましたが、それほど競技に影響がでなかったので、よかったと思います。

今年はインターハイ地区予選、県総体が中止となりましたので、思えば2年生とって去年の新人戦県北地区予選から1年ぶりの大会でした。

選手一人ひとり、今大会の結果で様々実感したことがあるとは思いますが、プレッシャーを感じて練習していたことができずに悔しい思いをした選手もいました。

しかしながら思い通りにならないからこそ、努力や苦心する意味があるので、今日の結果を大切にして、また頑張ってほしいと思います。

1年生部員も2年生の姿を見て「自分も弓を引きたい」という思いをもっていると思います。今年は1年生、2年生は少人数ですが、少人数ゆえに部員全員が協力し、来年度に向けて切磋琢磨し、充実した日々となることを願っています。

今日から2学期

本日から2学期がスタートしました。

8月 卓球部の大会結果を報告します。

8/2日 代替大会 NCVふくしまアリーナ

男子Eブロック

聖光 3-0 西B ・聖光 3-2 保原 ・聖光 0-3 明成

2勝1敗

8/29日 新人戦一次予選 NCVふくしまアリーナ

男子Cリーグ

聖光 0-3 松工 ・聖光 0-3 商業 ・聖光 1-3 保原 ・聖光 0-3 明成

4戦4敗で、次回は Dリーグスタートとなりました。

例年、3年生が抜けた直後の大会は、非常に厳しい状況になりますが、今日から

また頑張りましょう!

☆監督のコメント

全敗でしたが、内容的には見せ場はありました

例年より、練習試合が少なかった影響から大変そうでした。

男子バレーボール部 代替大会3位

7月26日・8月2日で行われたインターハイ中止に伴う代替大会では、

最終結果3位を取ることができました。

聖光学院は強豪の部活が多いので、地区大会で3位というとあまり胸を張れる結果ではないのかもしれませんが、

男子バレーボール部は今まで地区大会でも最下位。

1セットも取れない大会を何度も何度も経験してきました。

それが、代替大会ではありますが3位という成績を収められたことは、

この環境下で諦めず、向上心を持ってコツコツと練習を積んできた選手たちが出した結果だと思います。

ただ、力を出し切るという難しさを実感した大会でもあります。力を出し切る実力がないことを痛感させられたところで、夏の練習にどう挑むか。

悔いのない夏を送ってもらいたいです。

 

女子バレー部 代替大会優勝!

7月26日と8月2日に聖光学院高校やその他の高校を会場に「令和2年度インターハイ中止に伴う代替大会」が開催され、見事優勝を飾ることができました。

コロナの影響で今年度は様々な大会が中止となり、令和2年度初めての公式戦でした。

やはり、練習とは違い、大会の雰囲気、緊張感、様々なものが新鮮に感じられ選手一人一人がイキイキとプレーする姿を見ることができました。

バレーボール競技に残された大会はあと春高バレーのみとなりました。

3年生には悔いの残らないよう、今後も頑張っていってほしいですね!

今後とも応援よろしくお願いします!!

【試合結果】
(予選ブロックリーグ戦)
聖光 2-0 福島明成
聖光 2-0 本宮
(1位〜4位決定トーナメント戦)
準決勝 聖光 2-1 橘
決 勝 聖光 2-1 福島成蹊

令和2年度『3年生納射会』に参加しました。

本日は福島明成高校弓道場で行われた県北高体連弓道専門部『3年生納射会』に参加しました。

本校から女子部長の国分菜々子さん、男子部長の小野類君が参加しました。
2人とも一昨年の新人戦の時から大会に出場し頑張っていましたが、大会当日は緊張で幾分硬くなり、なかなか思った結果が出せませんでした。ただ今日は表情も明るく、スッキリした雰囲気で競技に臨めたと思います。
本日は各学校の生徒の皆さんの考えを尊重する形で、チームを組ませ団体戦を行いました。本校からは2名のみの参加でしたので、他の学校の選手の方と混合チームを組み競技させてもらいました。むしろ他の学校の選手の皆さんと交流がもてたようで、良かったと思います。
大きな事故もなく、無事行事を終えることができ、安心しました。

本日の団体戦では、梁川高校弓道部員の方と同じチームとして競技し、本校の2名も親しく交流ができたようです。本日はありがとうございました。

最後に各学校の選手代表挨拶がありました。

各学校の代表挨拶では弓道を通じての感謝の気持ちと今後の進路に向かって頑張ろうという思いが伝わる内容でした。高校3年生という大切な時期です。是非今後とも頑張ってほしいと思いました。

今年度は新型コロナウィルスの影響に伴い高校総体、県総体も中止となり、3年生にとっては非常に残念な結果となりました。

しかし3年生に活躍の場を提供して下さった各学校の先生方、準備して下さった福島明成高校弓道部の皆さんや当日お手伝いをして下さった各学校の生徒さんに深く感謝したいと思います。非常に充実した1日になったと思います。

本日は誠にありがとうございました。

男子バレーボール部 生徒会からのエール

生徒会より代替大会に挑む部活動へ折り鶴が贈られました。

バレーボール競技も7月26日・8月2日でインターハイ中止に伴う代替大会が行われ男女とも参加します。

いろんな不安や心配もありますが、生徒会よりエールをもらい、今年度初の大会を迎えられます。

大会がない競技もあります。大会を迎える前に引退するチームもあります。

どれが正解かは分かりませんが、どの選択も正解なんだと思えるように、今日1日を大事に大事に大事にしてもらいたいです。

3年生の引退試合を行いました。

本日は3年生の引退試合を本校弓道場にて行いました。

今年の3年生は、2年生の時から主力メンバーとして大会等に参加し、明るく楽しく弓道に取り組んでいた世代でした。また本校弓道部としては久々に大会で男女そろって団体戦に参加できた世代でもあります。それだけに、今年の3年生にかける期待は大きかったのですが、大会中止という大変残念な結果となってしまいました。しかしながら、選手たちはこうした事態に対して毅然とした態度で、次に自身がやるべきことをしっかり考えていました。

どんな状況に対しても決して僻むことなく、謙虚な姿勢があったが故に今年度の3年生には特別な思い入れがあったのだと実感します。

放課後の補講や受験のための志願理由書の作成など、なかなか練習の時間がとれませんでしたが、本日の試合を通して一つの節目となったことと思います。

このような形で3年生の試合を終わりにしてしまうのも、大変寂しい思いがあります。しかし今年のことだけでなく、3年間の活動を通じて様々なことがあったことを思いながら、これから始まるであろう就職活動、受験に向けて頑張ってほしいと思います。

今後も謙虚な姿勢で自身のやるべきことに全力で取り組んでみて下さい。期待しております。

3年生の皆さんお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。