夏の成果は?

この夏休み中に、練習試合を行いました。

①7月下旬 学法福島高校(場所:聖光学院卓球場)

柴田 4勝0敗 高橋朋 2勝2敗

八巻 2勝3敗 佐藤奨 5勝0敗 丹治 0勝4敗

②8月上旬 保原高校(場所:保原高校体育館)

柴田 3勝1敗 高橋朋 2勝2敗

八巻 2勝1敗 佐藤奨 1勝1敗 丹治 0勝5敗

③8/9 福島県卓球選手権大会県北地区予選

柴田 4回戦敗退・代表決定戦進出

八巻 3回戦敗退

※確実に上達中・・・目指せBリーグ昇格!頑張れ聖光卓球部!

 

男子バレーボール部 食トレ

一昨日、福島東高校さんへ行かせて頂き、福島東・米沢興譲館さんと三つ巴で1日練習試合をさせて頂きました。

力の差を感じつつも、沢山の学びを得ることができました。

 

夏休みもあと2週間となり、まとめの時期となりました。本部ではこの時期に修正期として、高校から始めた選手の基礎を固めたり、経験してきた選手の癖を直す時期としています。

反復練習にどこまで目的意識を持って一生懸命取り組めるかがシーズンインした時に明暗となって分かることでしょう。

 

昨日は2時間体育館練習をした後に食トレとして、選手でカレーライスを作って食べました。コミュニケーションを図る目的もあり、楽しそうに作っていました。

 

衝撃だったのが、1年生が顧問や2年生に対して気を使えるようになっていたことです。荷物を率先して持ったり、年功序列で座ったりと、この夏を通して礼節や思いやりが生まれてきてのかな。と思える場面を沢山垣間見ることができました。

夏練習も、もうひと踏ん張りできるので、まだまだ成長し続けてもらいたいです。

SAISON-cup 第2日

2019.8.18.Sun
SAISON-cup 第2日
サニアパーク

⚫予選リーグ(1st)
vs津田沼A
0-3
3-0
vs城南静岡B
1-0
1-2

⚫予選リーグ(2nd)
vs津田沼B
2-0
2-0
vs城南静岡C
4-0
4-0

各チームとも個の強化をメインに行い、ゴールを守れたらボールを奪い、チャンスがあれば背後をつきグループで崩しにいきました。日にちを重ねる事に選手も一生懸命取り組んでいました。(TK)

第22回SAISON-cup 1日目

2019.8.17.Sat
第22回SAISON-cup
菅平高原サニアパーク

0ー8 慶應義塾A
0ー1 八百津A

『修行‼️』
明日は、Aチーム、Bチーム共に2試合ずつありますので頑張らせます。(HH)

 

ヒュンメルカップ 最終日

2019.8.16.FRI
ヒュンメルカップ
山形市球技場

5ー1 新潟産業大附
9ー0 新潟産業大附B
0ー0 塩竃FC

『オフ明け‼️』
3日間のオフが終わり、今日から再スタート。近年、オフ明けにゲームを入れている。理由は、オフにどれだけの準備ができているかを確認するためである。

人間の価値とは学力やスポーツテストの記録だけでは決まらない。
サッカー選手として、いかにいい準備をし続けるか、これは人としても大切な能力だと思う。

今日、ゲームをしてもらったが、コンディションにはばらつきかある。最終的に闘える選手はいい準備をできる。

今日、結果を出せたものは選手権で活躍する。

武大フェスティバル最終日

2019.8.12.Mon
国際武道大学フェスティバル 最終日
国際武道大学サッカー場

2ー0 普天間
3ー0 普天間B

『課題修正能力❗』
最終日。疲労困憊。
でも、戦わないといけない。

課題は失点をしないこと。ディフェンスの寄せと対応の仕方。FWへの配球の質と動き出しのタイミング。
ゲームはお互いにカラダが動かず、頑張りが求められる状況。
そのなかでも、課題の克服にトライした。
結果、勝つことができたし、課題もしっかりと修正することができた。
この2019チームのいいところは、最終的にみんなで、できないところを改善することができるところ。要は、課題修正能力が高いこと。

夏休みの強化遠征の最終日に今日までの課題をクリアして、チームの成熟と成長をみせてくれた。
今後のプリンス再開や選手権に弾みをつけてくれた。

夏休みに入り、取り組んだことは多くあるが、そのなかで、自分たちの成長はもちろんだか、選手権をイメージし、現段階との差を埋めることに着手した。
大きな成果を感じさせる内容であったし、残りのプリンスリーグで多くの勝ち点を期待できると確信した強化遠征だった。

これからの試合で全勝をめざし、熱く挑む❗

今回の武大フェスティバルに際し、総監督西園氏、監督高安氏、コーチ中山氏をはじめ、多くの方々にサポートを頂いたこと、厚く感謝申し上げます。
また、保護者の皆様、OB、OB保護者様には、心あたたまる差し入れ等を頂きました。
ありがとうございました。

今後も精進し、支えて下さった皆様と喜びを共に、分かち合えるよう努力して参りたいと思います。
ありがとうございました。

武大フェスティバル第3日

2019.8.11.Sun
国際武道大学フェスティバル
国際武道大学サッカー場

1ー1 普天間
2ー2 那覇
1ー3 国際武道大学

『後の祭り❗』
2試合連続のドロー。
終盤に追い付いてのドローとしては、価値はあるが、失点をしたということに着目したい。
選手権はきびしいゲームである。失点の重さや先制点の重要性はしっかりと認識しないといけない。
引き続き、選手権モードにチームを成熟させていきたい。

あすは、最終日。
全力で挑む❗