プロ入り3選手より野球部にバッティングゲージが寄贈されました!

本日、昨年NPBドラフト会議で指名を受けた岡野祐一郎選手(2012年度卒 中日ドラゴンズ)、佐藤都志也選手(2015年度卒 千葉ロッテマリーンズ)、一昨年のドラフトで指名された湯浅京己選手(2017年度卒 阪神タイガース)の3選手より、野球部にバッティングゲージが寄贈されました。

プロ野球でも使用される本格的なバッティングゲージ。折り畳み式で収納性も抜群です!新型コロナウィルスで対外試合が出来ないなど積もる閉塞感の中での素晴らしいプレゼントに、選手たちにも満面の笑みが見られました!

プロ野球も開幕延期で苦しい状況が続きますが、連絡をとった岡野選手は、「短い時間ですが練習もできています」とのこと。ぜひ頑張って欲しいですね!「母校に負けないよう、いい報告ができるよう頑張ります!」と話してくれました!

岡野選手、佐藤選手、そして湯浅選手。本当にありがとうございました!

野球部3年生 祝卒業!『最後の校歌』

新型コロナウィルスの影響で、日程・規模を縮小して行われた卒業式。
野球部56期生も、3月1日(日)、母校を巣立っていきました。

秋の東北大会での大逆転負け。そして春の敗戦。そこから這い上がって掴んだ夏の甲子園。各教室での卒業証書の授与式から、56期生は室内練習場での「送る会」に出席、代表者6名が現役選手にメッセージを送り、スタッフに感謝の言葉を述べてくれました。

56期生は史上最も自主練習に取り組んだ代でした。決して突出した選手がいた代ではありませんでしたが、コツコツ、コツコツ一つずつ積み重ねていった56期生。聖光学院野球部史上に残る「職人」世代。

本当に素晴らしい代でした。みんなありがとう!

野球部前主将清水正義君が表彰!

昨年の夏甲子園出場にチームを導いた野球部前主将清水正義君が、日本学生野球協会の優秀選手として表彰されました。

清水君は表彰式で、「大変名誉ある賞を頂き光栄。チームメイトや支えて頂いた皆様のおかげで受賞できた。聖光学院での3年間の教えを胸に、大学でも頑張りたい」と話しました。

清水君は卒業後、大阪体育大学に進学し、野球を継続する予定で、今もグランドで練習に参加し続けています。

清水君、おめでとうございます❗

NPB入りの岡野祐一郎君・佐藤都志也君の激励会を行いました!

昨夜福島市内において、NPBドラフト会議で中日ドラゴンズから3位指名を受けた岡野祐一郎君(聖光学院ー青山学院大学ー㈱東芝)、千葉ロッテマリーンズから2位指名を受けた佐藤都志也君(聖光学院ー東洋大学)の激励会が、本校の同窓会などの主催で行われました。

岡野君は高校時代、春夏連続甲子園出場の原動力となり、U18日本代表にも選出された好投手で、卒業後は東都大学野球リーグの青山学院大学に進学してエースとして活躍すると、社会人野球の名門㈱東芝に入社して、やはり主戦投手として都市対抗野球などで活躍しました。一方佐藤君も2年連続で甲子園の土を踏み、2年夏は全国ベスト8も経験。卒業後はこれまた東都の東洋大学に進学すると、メキメキ頭角をあらわして2年次に首位打者を獲得、捕手の他、内・外野も高いレベルで守れる好選手としてプロ入りを果たしました。

岡野君、佐藤君ともにそのステージの最高峰「侍JAPAN」に選出されており、アマチュア球界の逸材としてプロの門を叩くことになります。

皆様、どうぞ二人に熱いご声援を頂きますよう、お願い致します!岡野君、佐藤君、頑張ってください!

あっぱれ!素晴らしき「スポーツ聖光」!五大団体競技全てが決勝進出!

本日、春高バレーの県決勝戦が行われました。残念ながら敗退を喫しましたが、本当に素晴らしい戦いでした。

令和元年、新しきこの年、聖光学院は大きな躍進を遂げました。なんと・・・

五大団体競技全てが県の決勝戦に進みました!

剣道部・野球部・ラグビー部・サッカー部・女子バレーボール部。

福島県史上、そんな学校は他にあったのでしょうか・・・!?

もちろん決勝の相手は全部違う学校です。剣道部は福島高校、野球部は日大東北高校、ラグビー部は郡山北工業高校、サッカー部は尚志高校、そして女子バレーが郡山女子大附属高校。これだけをみても、決勝戦まで進むことがどれだけ大変かが分かると思うのです!

見事優勝を果たし、全国大会に進んだのは2連覇を果たした剣道部と13連覇の野球部。ラグビー部は2年連続の花園を目指しましたが惜敗。サッカー、女子バレーは連覇を続ける「王者」に敢然と立ち向かいました。

秋の決勝3連戦は、大いに学校を盛り上げ、希望と感動を巻き起こしました。本当に素晴らしい戦いでした。決勝戦で破れはしましたが、前述しましたが、決勝戦まで進むのは至難の業。

そして何より、勢いだけで決勝まで進むことは出来ませんから、普段からどれだけ努力を重ね、「技」を極め、「身」を鍛え、「心」を磨いてきたか・・・やはりその「資格」がなければ決勝には進めません。

そう意味で、聖光学院にはその「資格」を求めて日々精進を重ねる生徒が数多くいるのです!

情熱をもった指導者、それに応えて懸命に精進を重ねる選手達。

聖光学院の「活気」を、今年の部活動の活躍から感じ取って頂ければ幸いです。

聖光学院はこの情熱を、来年にもつなげていければと思います!部活動所属の選手の皆さん、本当にありがとうございました!

野球場から

野球部から久しぶりの投稿です。

秋季大会の敗退から2か月。じっくりとチームを見直し、日々コツコツと。

練習試合も高校野球連盟の規定で11月いっぱいで終わり。10月に県北選手権という準公式戦で優勝はしたものの、まだまだ力不足を痛感。心技体すべてに「パワーアップ」をしていかなければなりません!

写真は夕方の一コマ。日々寒くなってきますが、しっかりと根を張り、来春しっかりとした芽を出せるよう取り組んでいきます!

おめでとう!プロ野球ドラフト会議で卒業生の岡野祐一郎君、佐藤都志也君が上位指名!

本日行われたプロ野球ドラフト会議で、本校卒業生の岡野祐一郎君と佐藤都志也君の二人が上位指名を受けました。

岡野君はエースとして春夏甲子園出場に貢献、U18日本代表にも選ばれ、卒業後は青山学院大学、東芝と野球界の名門のエースとして活躍、昨年の悔しい指名漏れを乗り越えて中日ドラゴンズの3位指名を受けました。

佐藤君も本校では2年からベンチ入りし、2年連続で夏の甲子園を経験、卒業後は東洋大学に進学して着実に力をつけてきました。大学3年から侍ジャパン大学代表に選ばれるなど注目選手として成長し、千葉ロッテマリーンズから2位指名となりました。

本校卒業生としては6人目、7人目のプロ野球選手の誕生です。是非とも頑張って下さい!応援しています!

野球部「2019夏 甲子園日記」10 敗戦

8月12日(月)

2対3。悔しいですね。県大会の決勝戦も、淡々と試合が進んだイメージでした。今日も淡々と試合が進み、あっという間の9イニング。悔しい悔しい敗戦でした。やっと辿り着いた聖地の晴れ舞台。もう少し力を引き出してやりたかった。そう思います。

1年次東北大会後に結成した学年別。この世代は甲子園には行けない…そう感じたほど未熟でした。核になる選手がいない。前世代の矢吹・須田・五味といった大型選手はいない。そして投手力も決して高くない。一体どうなってしまうのか…不安だらけのスタートでした。

しかし、選手はとてもそれを理解していました。だからこそ、このチームが残した最大の教訓、「練習は嘘をつかない」でした。史上最も怠ることなく練習を積んだ世代。それが今年のチームです。

自主練習で選手達はバットを振り続け、ノックを受け続けました。それは我々スタッフが感心するほどに懸命であり、継続されました。だからこそ、今夏の堅守が生まれ、我慢強さを授かったのだと思います。

なかなか得点できない中、冬場から満身創痍の中努力を続けた荒牧樹が、まさかの甲子園で2本塁打。迷いのない素晴らしい一撃でした。

昨年から正選手の小室智希は2安打を放ち、遊撃手の片山敬は甲子園入りしてから足の怪我で別メニューが続きましたが、日々取り組んだ自主練習の守備練習の成果を如何なく発揮しました。

そして何より須藤翔。投手が弱い、と言われ続ける中で不断の努力を重ね、5月の故障を乗り越え、いつも笑顔を絶やさずマウンドを守り続けました。県大会の準決勝・決勝の連続完封は見事。そして今日の甲子園のピッチングもベストピッチと言えるものでした。プレッシャーのかかるマウンドでの無四球ピッチングは本当に素晴らしかった。両サイドを丁寧に突き、緩急で相手打線を打たせてとる。投手はスピードだけではないことを見事に証明してくれました。

13年連続で出ているのに、この程度の野球しかできないのか。2年連続で初戦敗退。甲子園で勝てない聖光学院。そんな声が聞こえてきます。注目度の高い高校野球、結果ですから、言われるのは仕方がない。ご期待に沿えなかったのは本当に申し訳ないと思います。

しかし、過去の先輩たちが残した軌跡と向き合い、苦悩し、チームをつくり上げた清水正義主将を中心とする56期生。その歩みは我々だけが知っている。それだけに力を引き出してやれなかったことは心残りです。

「13年連続初出場」

今日試合前、ある方からこう言われました。毎年変わる選手の中で、結果的に3年生中心のチーム編成となる聖光学院に対する最高の誉め言葉だと受け止めました。そう、13年連続で甲子園に出場してると言っても選手は初出場。様々なご意見があり、称賛があり、ご批判もあろうかと思います。しかし、選手達は努力を重ね、やっと甲子園に辿り着きました。我々は心から選手達を誇りに思い、労いたいと思います。今日の試合ではなく、これまでの君たちの努力、歩みに心からの称賛を送りたいと思います。

明日からまた戦いが始まります。選抜、そして「14年連続初出場」に向けて…

ご声援頂いた数多くの皆様、皆様からまた応援を頂けるよう、新たな歩みを始めていきます。本当に有難うございました。

野球部「2019夏 甲子園」接戦も惜敗。

本日阪神甲子園球場で開催された第101回全国高等学校野球選手権大会2回戦は長崎の海星高校と対戦し、2対3と惜敗となりました。

聖光学院の先発はエース須藤翔君。須藤君は昨年もベンチに入っていましたが、登板はなく今日が初甲子園マウンド。しかし須藤君は動じることなく持ち前のコントロールと緩急を武器に海星打線を封じます。一方海星高校もエース柴田蓮人君の好投によりチャンスを掴むことができません。

試合が動いたのは4回でした。二死から4番打者に二塁打を放たれると、5番打者に初球を三遊間に運ばれて先制点を奪われます。さらに6回にも2番打者にライトスタンドに運ばれて1点を追加されます。

しかし聖光打線は2点を先制された7回裏、先頭打者の荒牧樹君が左中間最深部に飛び込むホームランを放ち1点差に詰め寄り、後半の反撃に期待がかかり、試合は9回の攻防に入ります。

9回表海星打線は失策を足掛かりに1点を追加、結果的にこの1点が非常に重いものになります。9回裏、聖光学院は荒牧君がなんとこの試合2本目となるホームランをバックスクリーン左に叩き込み1点差とし、二死から吉田修也君がヒットを放ってチャンスを作りますが、反撃もここまで。最後は西牧航君がセカンドゴロに打ち取られてゲームセット。エース須藤君の好投虚しく打線に援護がなく2年連続の初戦敗退となりました。

結果は初戦敗退となりましたが、春の敗退から見事にチームを作り直し聖地に立った聖光学院。多くの方々からご声援を頂きましたことに、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。