野球部「2021 秋季県大会」初戦は磐城相手に延長制す!

本日白河グリーンスタジアムで行われた第73回秋季東北地区高等学校野球福島県大会の2回戦は、磐城高校と対戦し、4対1と延長戦を制して3回戦進出を決めました。

先攻の聖光学院は初回、先頭の安田淳平君がライト前ヒットで出塁すると、続く赤堀颯君の送りバントが失策を誘い、無死一・三塁の大チャンス。その後盗塁が成功して二・三塁とし、迎えるはクリーンアップトリオ。しかし、3番の伊藤遥喜君、4番の山浅龍之介君がポップフライで倒れると、5番の狩野泰輝君も三振に打ち取られ、絶好のチャンスを逃します。これが、今日の苦しい試合の序章となりました。

2回裏には一死一塁から先発の佐山未來君がバント処理を誤り、セカンドへ悪送球。その後一・三塁からダブルスチールを決められあっさり失点してしまいます。

早く追いつきたい聖光打線ですが、相手主戦のアンダースロー投手緑川君の投球になかなかタイミングが合わず、スコアボードにゼロが並びます。5回には二死二塁から1番安田君がライト前ヒットを放ちますが、好守備に阻まれ本塁憤死。嫌な流れを断ち切れません。

試合はこのまま進み、7回を迎えます。聖光ベンチはここで先頭打者に代打の三好元気君を送り出すと、これまでなかなか捉えきれなかった緑川君から起死回生の同点ホームラン!一年生ながら支部大会から勝負強さを発揮してきた三好君の見事な一打で試合を振り出しに戻します。

しかし勝ち越しはできず、試合は9回裏に入ります。ここで先頭打者に左中間に痛打されると、打球は左中間に抜けるかに見えましたが、レフトの小林剛介君がダイビングして二塁打にとどめるスーパープレイ。サヨナラの大ピンチになりますが、次打者の送りバント時に捕手の山浅君がセカンド走者を刺すプレイが飛び出し、ピンチを脱します。

初戦から延長戦に入る厳しい戦いとなりましたが、ここで聖光学院は勝負強さを発揮します。先頭の代打嶋田怜真君が、左中間を破る二塁打を放ち出塁すると、9番佐山君がきっちり送って一死三塁に。ここで今日2安打の安田君がレフトへタイムリー二塁打を放ってようやく勝ち越します。その後二死三塁まで走者を進めると、相手の失策や4番山浅君がセンターオーバーの二塁打を放ちさらに2点を追加し、4対1とします。

一方の佐山君は失点した2回以降尻上がりに調子を上げ、9回まで被安打4と粘りをみせ、圧巻は味方が勝ち越した10回裏の投球でした。佐山君は気迫のこもった投球で、相手打線を見事三者三振に打ち取り、苦しい試合の中で立ちはだかるまさにエースの投球。磐城打線から12奪三振を奪って、チームを勝利に導きました。初戦から厳しい戦いとなりましたが、粘りに粘って3回戦進出を決めました。

次戦は22日に開成山球場で葵高校と郡山商業の勝者と対戦します。皆様、ご声援宜しくお願い致します!

野球部「2021秋 県北予選」決勝戦は主戦が15奪三振の好投で優勝!

本日信夫ヶ丘球場で開催された第73回秋季東北地区高等学校野球福島県大会県北支部予選の決勝戦は、学法福島高校と対戦し4対3で勝利、12年ぶり13回目の優勝を飾りました。

試合は両投手の投げ合いで、ロースコアの接戦となります。聖光打線は3回二死まで5三振を喫する苦しい立ち上がり。相手の変則投手に中々タイミングが合いません。それでも3回二死から1番赤堀颯君が左中間を深々と破る二塁打を放つと、今日2番の伊藤遥喜君がレフト前タイムリーを放ち先制点を挙げます。

一方先発の佐山未來君は絶好調。全く学法福島打線を寄せ付けません。しかし、7回に試合は動きます。

二死一・二塁から、佐山君は相手打者を完璧に打ち取りますが、打球はセーフティバントのような弱い打球に。これを佐山君が捕球して一塁へ送球しますが、ボールが手につかず、一塁へ大暴投。しかもカバーに入ったライトがぬかるんだファールグランドで足をとられて転倒。一塁走者が長駆ホームインし、逆転を許します。

一気に試合のボルテージが上がりますが、聖光学院はすぐさま反撃開始。先頭の7番安田淳平君がライト前ヒットを放ち出塁すると、盗塁を決めて無死二塁のと同点のチャンス。ここで、ベンチは三好元気君を代打に起用すると、追い込まれてからファールで粘ったあと、見事に右中間を破る同点のタイムリー三塁打。続く9番佐山君がきっちりと犠牲フライを放ち、逆転に成功します。

8回にも嶋田怜真君のタイムリーで1点を追加し、このまま試合は終わるかと思われましたが、9回に大ピンチを迎えます。

一死から安打を許すと、5番打者に左中間へ三塁打を放たれ1点差、次打者の2球目にスライダーで空振りをとりますが、このショートバウンドのボールを山浅龍之介君が後逸します。三塁走者がホーム生還を期して突入します。しかし山浅君が俊敏な動きでボールを拾うと、ベースカバーの佐山君に送球、間一髪アウトのジャッジで試合終了となりました。

佐山君は3失点しましたが、被安打5、奪三振15個と圧巻の投球内容でチームを牽引。打線も最終的に10安打を放ち、接戦をものにしました。

12年ぶりに出場した県北支部大会で、見事優勝した新生聖光学院は、15日から始まる県大会に第1代表として出場します。

皆様、ご声援宜しくお願い致します!

野球部「2021 秋 県北大会」準決勝は大量得点!

本日信夫ヶ丘球場で開催された第73回秋季東北地区高等学校野球福島県大会県北支部予選の準決勝は、福島西高校と対戦しました。

聖光学院は初回1点をとってなお一・二塁のチャンスから、今日5番の伊藤遥喜君がライト前タイムリーを放つと、公式戦初出場の6番清水道太君も三遊間を破り、さらに安田淳平君がライト線2塁打、嶋田怜真君がライト前ヒットを放ち、ここまでで5得点。なおも続くチャンスに初スタメンの三田寺大吾君がスクイズを決め、2番小林剛介君もライト前に運ぶなど打線が繋がり一挙9得点を挙げました。

一方今日の先発は小林剛介君。前試合で完全試合を達成した小林君ですが、今日はいきなり連打を浴びます。しかし、後続をしっかり抑えるとここでお役御免。2回以降は公式戦初登板の小松桜吏君が2イニングを無安打無失点に抑え、4回からの2イニングを小林聡太朗君が無得点に抑えるなど、控え投手も大量得点に守られながら、貴重な経験を積むことができました。

聖光打線は3回にも無死満塁から今日4番の狩野泰輝君の走者一掃の三塁打と清水君の2点タイムリーで5点を追加し、結局14対0で勝利し、明日行われる決勝進出を決めました。

皆様、明日もご声援よろしくお願い致します!

野球部「2021秋 県北大会」2回戦は福島商業に4対1 で勝利!

本日信夫ヶ丘球場で開催された第73回秋季東北地区高等学校野球福島県大会県北支部予選の2回戦は、福島商業高校と対戦し、4対1で勝利しました。

聖光学院は初回相手先発投手の制球の乱れに乗じて2点を先行しましたが、その後は昨日と同様にチャンスは作るものの、得点ができない状況。今日はスクイズを2本失敗するなど拙攻が目立ち、ロースコアの接戦となります。

それでも7回に一死一・三塁のチャンスを作ると、今日3番の山浅龍之介君がライト前ヘタイムリーヒットを放ち、続く代打の小林剛介君がきっちりと犠牲フライを放ち2点を追加しました。

投げてはエースナンバーの佐山未來君が8回まで散発の5安打に抑える好投、9回こそ連打を浴びて1失点しますが、エースの名に相応しい投球を披露。

投打が噛み合うと言うにはまだまだ程遠い内容ですが、大会の中で課題が出るのはいいことです。試合を重ねて経験を積んでもらいたいですね。

次の準決勝は明後日に行われます。どうぞ皆様、ご声援よろしくお願い致します!

野球部「2021秋 県北大会」新チーム初陣は7回コールド勝利!小林剛介君が完全試合達成(7回参考記録)!

本日信夫ヶ丘球場で開催された第73回秋季東北地区高等学校野球福島県大会県北支部大会の1回戦は、本宮高校と対戦して7対0で7回コールド勝利をおさめました。

夏の敗戦から1か月余り。福島県独自の非常事態宣言の影響で8月7日以降1試合も対外試合ができない中での初公式戦。様々な不安要素がある中、新チームの秋がスタートしました。

試合は初回、一死一・二塁から4番に座った山浅龍之介君がレフト前へタイムリーを放って幸先良いスタートを切ったかのように見えましたが、2回以降は打線が繋がりません。2回には一死二塁、4回にも一死一・三塁のチャンスに得点ができず、1対0のまま試合は5回に入ります。

その5回表、一死二塁のチャンスを作ると、2番生田目陽君がセンターへの適時二塁打を放つと、二死後4番山浅君がライトオーバーの二塁打、そして5番狩野泰輝君のショートゴロが敵失を誘い、さらに6番安田淳平君がレフトへこの回4点目となるタイムリーを放ち一気に突き放します。

6回にも2点を加えた聖光打線に応えたのが、先発の小林剛介君でした。
小林剛君は初回からテンポのいい小気味よいピッチングで本宮打線を翻弄。制球も非常に良く、終わってみれば7回参考記録ながら完全試合を達成し、初陣勝利に大きく貢献しました。

試合内容としてはまだまだといった感は否めませんが、まずはユニフォームの違う相手と試合ができたことが何よりの収穫です。明日は2回戦で今夏のベスト4福島商業と対戦します。皆様、新チームでもご声援よろしくお願いいたします!

野球部「2021 夏」終戦。

昨日ヨーク開成山球場で行われた第103回全国高等学校野球選手権福島大会の準々決勝は、光南高校と対戦し、1対5で敗戦しました。

1点を先制され、すぐさま反撃に転じたいところでしたが、相手主戦を攻略できず、8回にホームスチールを敢行して同点に追い付きますが、その裏二死満塁から長打を浴びて万事休す。

残念ながらこの夏、聖光学院が甲子園の土を踏むことは叶いませんでした。

しかしながら昨秋の敗戦から立ち直り、春は優勝と選手たちは大きな成長を遂げてくれました。

皆様、ご声援ありがとうございました。

野球部「2021 夏」4回戦は攻守に盤石!

本日郡山市ヨーク開成山球場で開催された第103回全国高等学校野球選手権福島大会の4回戦は、郡山北工業と対戦して10対0の6回コールドで勝利し、ベスト8進出を決めました。

聖光学院は初回裏に無死一・二塁のチャンスを作ると、3番坂本寅泰君がライトオーバーの三塁打を放って2点を先制すると、その後もチャンスを拡大すると5番今井龍空君の犠牲フライなどで3点を追加して一挙5点挙げます。

一方先発のエース谷地亮輔君は、持ち前の制球力と緩急を駆使して凡打の山を築きゲームメイク。それに応える形で打線も3回、5回、6回に効果的に加点。

谷地君は5回を投げて被安打3、奪三振6、出塁させた走者を2度牽制で刺すなど見事なマウンドさばきで相手打線を寄せつけませんでした。

この試合、聖光打線は11安打で10得点と効率の良い攻め。相手チームの130km/h後半を投げる好右腕を見事攻略し、準々決勝進出を決めました。

準々決勝は20日、同じくヨーク開成山球場で好左腕擁する光南高校と対戦します。皆様、ご声援宜しくお願い致します!

 

野球部「2021  夏」3回戦は5対2で勝利!

本日郡山市のヨーク開成山球場で開催される第103回全国高等学校野球選手権福島大会の3回戦は、帝京安積高校と対戦し、5対2で勝利しました。

聖光学院の先発は五十嵐蓮君。五十嵐君は初回から走者を出しますが、持ち前の粘り強い投球を披露します。

打線は3回裏、8番の山浅龍之介君がインコース高目のストレートをジャストミートすると、これがライトスタンドに飛び込む先制ホームランとなります。

これで流れが聖光学院に傾くと思われましたが、相手投手の制球の良い投球になかなかタイミングが合わず、5回まで1対0と緊迫した展開となります。

しかし、6回裏先頭の皆川雅己君が三塁線破る二塁打でチャンスを作ると、2番伊藤康生君がセーフティバントを決めて無死一・三塁のチャンス。ここで3番坂本寅泰君が三遊間を破るタイムリーを放って2点目をあげます。なおも一死満塁とチャンスを広げると、6番栗城大河君が一塁線を破る走者一掃のタイムリーツーベースを放って一気に突き放しました。

投げては6回まで五十嵐君が零封、7回には中拓翔君、9回には谷地亮輔君が1点ずつを献上しますが、落ち着いた投球で後続を断ち、5対2で4回戦進出を決めました。

次戦は18日が試合日となります。皆様、ご声援宜しくお願い致します!

野球部「2021 夏」初戦は8対1でコールド勝利!

本日信夫ケ丘球場で開催された第103回全国高等学校野球選手権福島大会の2回戦、本校野球部の初戦は、いわき光洋高校と対戦し、8対1の7回コールドで勝利しました。

聖光学院の先発は2年生右腕の佐山未來君。佐山くんは初回、先頭打者にボールが高めに浮き、スリーボールワンストライクから高目の直球をジャストミートされると、これが左中間スタンドに飛び込む先制ホームランにされ、1点を失います。

しかし、その裏聖光学院は二死一・三塁から5番今井龍空君がレフトスタンドへ練習試合を通じて自身初の本塁打を放ち、すぐに逆転に成功します。

これで主導権を握った聖光学院は、2回にも伊藤康生君、芳賀慎之介君のタイムリーで3点を加えると、4回にも坂本寅泰君の三塁打とワイルドピッチ、6回には6番栗城大河君の公式戦第2号の本塁打で7点目を奪い、試合を決めました。

投げては佐山君が2回以降いわき光洋高校打線をわずか1安打に封じる好投をみせ、初戦突破に大きく貢献しました。

次戦は帝京安積高校との対戦が決まっていますが、日程は未定で明日の朝には発表される予定です。

皆様、次戦もご声援宜しくお願い致します!

野球部「2021 春」決勝戦は打線爆発で3年ぶり11度目の優勝!

本日第73回春季東北地区高等学校野球福島県大会の決勝戦が、あいづ球場で開催され、学法石川高校と対戦しました。

聖光学院は初回、先頭の皆川雅己君が投手の失策で出塁すると、2番伊藤康生君が強硬策の期待に応えてライト線の二塁打でチャンスを拡大すると、3番坂本寅泰君がレフトスタンドへスリーランホームランを放って3点を先制します。

3回にも4番栗城大河君がライトスタンドへソロホームランを放ち、その後も1点を追加すると相手主戦を早々とノックアウト。昨日の貧打が嘘のように、長打攻勢で得点を重ねます。

一方聖光学院のスターターは公式戦初先発の中拓翔君。中君は3回まで被安打1と見事な投球を披露。学法石川打線を翻弄します。

聖光打線は4回には、相手2番手投手から無死満塁のチャンスを作ると、ここから5本の長短打を絡めて7得点。何と4回までで12得点を奪う猛攻。一気に学法石川高校を突き放します。

しかし、中君が4回、5回と捕まり、5点を献上すると、2番手の今大会初登板の松本錬君を投入。松本君も6回に1点を失うと、すかさず7回から2年生の佐山未來君をマウンドに上げます。佐山君も交代直後にソロホームランを浴びますが、その後は落ち着いた投球で嫌な流れを止めると、打線も9回にそれに呼応するかのようにダメ押し点を挙げて、結局13対7で学法石川を退けました。

聖光学院はこれで3年ぶり11回目の優勝となり、昨秋の敗戦から這い上がって、県のチャンピオンに返り咲きました。

中君、松本君と経験の浅い投手を登板させ、今大会不調の打線も決勝戦で大爆発するなど、課題と収穫が混在した今大会。夏に向けて非常に大きな経験値となりました。

野球部の皆さん、優勝おめでとうございます!

皆様、ご声援ありがとうございました!