県北リーグ第9節

2019.7.7.Sun
県北リーグ 第9節
福島東グランド

4ー0 橘

『大勝だが・・・❗』

現在首位の聖光セカンド。プリンスリーグ連勝の勢いをそのままに、トップチームへの昇格を目指し、橘との対戦。
前後半ともに2得点ずつを奪い大勝したが、多くの課題を残した。
再三のチャンスを作り上げたが、決定力が不足。もっと得点を奪えたはず。
また、技術的な部分での細かいミスが多い。もっとインテンシティーの上がったプリンスリーグでは、全く戦えないだろう。

連戦連勝ではあるが、我々が目指すのは、選手権。このゲームでの課題を明日からのトレーニングでしっかりと改善していきたい。

もっと熱く取り組んでほしい‼️

本日もプリンスに続いての連戦にも、関わらず、多くのサポーターの方々に熱い応援いただいたこと、こころより感謝致します。
ありがとうございました。

プリンスリーグ東北10節

2019.7.6.Sat
プリンスリーグ東北 第10節
十六沼公園

1ー0 モンテディオ山形

『金星、連勝とこれから‼️』

連勝をかけて、現在、首位のモンテディオ山形との対戦。
相手の分析から、ストロングを消し、ウィークを狙い続けた。
結果的には、リスタートからの得点だったが、ますは前半終了間際に先制。

後半は相手も我々のウィークポイントをついてくるが、しっかりと対応し、見事なゲーム運びで勝利。金星、連勝を成し遂げた。

勝因は?

サッカーの部分も多くあるが、何よりもチームに勝利をめざす一体感があったことが一番である。
そして、前節の勝利で自信を持ってゲームに臨むことができたことが大きい。

このチームには、個の能力が高い選手が多いが、チームとして力を出すことが苦手だった。
個を頼るサッカーになる傾向があった。
しかし、ここに来てチームで、相手を崩しゴールにむかうことやカラダを張って全員で守るということがしっかりとできるようになってきた。
大きな成長である。

次節は中断前のラストゲームになるので、夏休み前の3連勝をめざす❗

本日も多くのサポーターの方々に熱い応援いただいたこと、こころより感謝致します。
次節アウェイ戦もよろしくお願いいたします。

東北ルーキーリーグ 第6節

2019.6.30.Sun
東北ルーキーリーグ 第6節
広野町サッカー場

0ー2 ふたば未来

『闘う‼️』
サッカーというスポーツは、個人競技ではない。全員でやるもの。
試合は勝ちを目指す。
現有戦力を分析し、強みと弱みを抽出し、トレーニングする。
そして、試合においては、その強みを全面に出し、弱みをみせない。
その弱みは、全員でカバーすることである。
サッカーはミスのスポーツとも言われる。
したがって、他選手のミスをカバーする人間性がなければ、チーム、ゲームは成立しない。

『闘う』とは、その人間性をもち、チームの弱みを理解し、カバーすることである。

本日、遠方にも関わらず、多くの皆様の応援頂きました。
ありがとうございました。

県北リーグ第8節

2019.6.29.Sat
県北リーグ 第8節
十六沼公園

6ー0 安達

『隙のない戦い❗』

プリンスでの初勝利の勢いから、このゲームも勢い良く、圧倒的な勝利。県北リーグにおいて、いまだ全勝。
すばらしいゲームの連続である。

しかし、我々が目指すものはここがベストではない。
したがって、このゲームの厳しい反省から成長につなげることが、プリンスに昇格することや選手権につながってくる。

イージーなミスをなくすことや攻守の切り替えの早さ、球際で圧倒することなど、まだまだ課題はある。

もっとトレーニングで激しく、熱く、湯気のでるような戦いをしてほしい。

来週トレーニングが厳しい競争になることに期待する❗

悪天候の中、プリンスに続いての連戦にも、関わらず、多くのサポーターの方々に熱い応援いただいたこと、こころより感謝致します。
ありがとうございました。

プリンスリーグ東北 第9節

2019.6.29.Sat
プリンスリーグ東北 第9節
十六沼公園

3ー2 秋田商業

『このゲームの価値とは?』

今季初勝利。見事だった。
このゲームにおいて、初スタメンが2名、出場停止とケガによりメンバー外の選手がいた。
それぞれが不慣れなポジションをやったり、初めてのスタメンの選手をカバーしなければならないという厳しい状況だった。

ゲームは先制するもすぐに追い付かれ、2点目を奪うもロングスローから同点に追い付かれる。いつもの流れかと嫌なムードになる。
しかし、今日は違った。
選手が冷静だった。
でも、熱い思いがあった。
その後、3点目を奪い、相手を引き離し、見事な勝利だった。

もちろん、勝ち点3を奪ったことには、大きな価値がある。
しかし、それ以上に出場停止で出場できない選手、ケガにより出場できない選手がいたなかでそれをみんなで補い、そして初スタメンの選手のカバーをし、慣れないポジションをやった選手をカバーをし、全員で勝ち取ったことに大きな価値があると思う。

いままで、常にいいゲームをしてきた。でも、何が足りなかった。
今日、答えが見えた。
今後、躍動する大きな価値を得た。

本日も多くのサポーターの方々に熱い応援いただいたこと、こころより感謝致します。
ありがとうございました。

トレーニングマッチ

2019.6.23.Sun
トレーニングマッチ
いわきFCフィールド

2ー1 いわきFC
0ー5 第一学院

『闘う❗』
今日のトレーニングマッチが次戦のプリンスリーグの秋田商業の戦いにつながる。
攻撃のトレーニングを続けてきたので、得点を奪うことやアグレッシブな攻撃のしかけを期待した。
いいところが、随所にみられ評価できるが、それよりも我々がコンセプトにしているゴールを目指す、球際で戦うこと、相手より前でボールを奪うことなど、やや勝負に対する気持ちの部分に甘さがみられた。

いわゆる『闘う』という部分。
もっと貪欲に、泥臭く、カラダを張って闘うことがチームのためになる。

今週のトレーニングで、より追求して本番のプリンスリーグへ挑む❗

本日、遠方にも関わらず、応援にかけつけて頂いた皆様、ありがとうございました。

ルーキーリーグ第5節

2019.6.23.Sun
東北ルーキーリーグ 第5節
明桜高校

0ー2 利府

『ベストゲーム‼️』
ケガ、体調不良でサブが2名。
満身創痍の戦いになった。
今季初スタメンが多いなか、全員が一丸となり、戦った。
結果は敗戦。
しかし、今までのなかで一番、聖光学院らしい戦いを見せた。
走ること、切り替えの早さ、貪欲にプレーすること、球際で戦うこと。
我々が大切にしてきたことは、このことである。
どんな技術があっても、いい戦術があったとしても、個の勝負でまけたら、結局は勝ちきれない。

ルーキー、聖光学院スタイルをみせてくれた!

本日、遠方にも関わらず、多くの皆様の応援頂きました。
ありがとうございました。

佐々木選手、国際親善試合に出場❗

国際親善試合「JapaFunCup」
6月22日(土)14時00分
U18東南アジア選抜 0ー0 U18東北選抜
PK5ー4

本校サッカー部の佐々木悠斗選手が出場。
PKを合計3本をストップすると言う大活躍でしたが、残念ながら敗れました。

⚫佐々木選手のコメント
「まずは、このような環境でプレーさせて頂いたことにとても感謝しています。ありがとうございました。国際交流ということで相手チームの文化など、様々な体験をすることが出来ました。試合では、負けてしまいましたが、この貴重な経験を活かして、チームに還元し、チーム、そして個人の成長に繋げたいです。本当にありがとうございました。」

佐々木選手、お疲れ様でした、

聖光学院セカンド、圧倒❗

2019.6.22.Sat
U18福島県北サッカーリーグ
福島南高校グランド

4ー0 保原

『攻守ともに圧倒❗』
プリンスリーグでブロックされていない選手で構成された今日のゲーム。
現在まで、無敗。
今後プリンスリーグ出場を目指すためにはここで結果かを出したい。
そのようなプレッシャーのかかった状況にも関わらず、攻守に圧倒。
見事、保原高校のトップ相手に4得点。
完勝。
来週のプリンスリーグ再開に弾みをつけた。
あすもトレーニングマッチが予定され、レギュラー争いも激しくなった。
さらにチーム向上のために、全員で挑む❗

本日、悪天候にも関わらず、応援にかけつけて頂いた皆様、ありがとうございました。