電気科の実習風景

「発電機」と「電動機」について・・・

1年生 電気基礎で基礎理論を学び、

2年生 電気機器で、理論を深めます。

さらに、実習の授業で体験しているわけです。

その様子はこちらです。

上の画像は、磁界の様子です。容器の下には磁石が置いてあります。

鉄粉が集まっているところが、磁極(N極・S極)です。

 

全員合格に向けて

情報技術検定まで、残り僅か。

授業と放課後の補講で猛勉強中の3年電気科です。

進路実現に向けて、資格取得に励む生徒達。

教える側も熱が入ります。

でも一番楽しいのは、補講終了後の生徒との世間話だったりもします。笑

最後まで諦めず、頑張ってほしいです。

LEGOの授業開始

1年情報電子科・工業技術基礎では、レゴマインドストーム(レゴロボ)を

使った授業が始まりました。真剣な表情で取り組んでいます。

オーラルコミュニケーションの授業が大盛況!

6月上旬にカンザスシティの教会経由で日本に短期留学し、聖光学院の授業や礼拝などに参加していた留学生のうち二人が現在も日本に滞在し、聖光学院の授業に参加してくれています。

オーラルコミュニケーションの授業では毎回「生の英語」が飛び交い、取材に言ったときも活発に生徒が英語で会話しているの聞いて、ちょっとびっくり。

毎回いい授業になっているようですね!

資格取得(工事担任者)

5月26日に工事担任者試験が行われ、

DD1種1名,AI3種3名,DD3種3名

が合格を勝ち取りました。

これで、DD1種2名,DD3種13名,AI3種11名の合格となりました。

工業科の先生方の熱心なご指導のおかげです。

本当にありがとうございました。

 

福島キヤノン株式会社を見学しました。

6月14日に工場見学で福島キヤノン株式会社にお邪魔しました。

クラスの半数は就職を希望しており、製造の現場を知るとても良い機会となりました。

 オートメーション化された製造工程は本当に感動しました。

そして福島キヤノンさんの、福利厚生。

 食堂や社内売店など、本当に社員の方を大事にされている会社だなと実感しました。

(社員の方の働く姿からも、働きやすい環境が伝わって来ました。)

最後にクラスの集合写真をプレゼントして頂きました。

 来年の3月にはこの聖光学院を巣立ちます。その写真のような笑顔で全員が卒業式を

 迎えられるよう、進路実現に向けての準備を1人1人していきましょう。

情報電子科ブログ始めます

情報電子科担任のSです。

今年度より情報電子科専用のブログを開設することとなりました。

学校の様子などを定期的にお伝えしていければと考えています。

どうぞよろしくお願いします。

福祉コースで普通救命講習実施!

本日3年普通科福祉コース対象に普通救命講習を行いました。1校時から3校時を利用し、伊達市消防本部の消防隊員に指導を受けました。

 

 

 

 

生徒たちも明るく、元気よく、そして真剣に取り組んでいる様子でした。福祉コースに在籍する生徒には必須のスキルといっていい救命講習。できればそういう場面に遭遇することはないと願うものですが、いつその時が来るかはわかりません。今日の講習を忘れずに、迅速に対応できるようにして下さいね。

ところで、今日の「先生」の中にこんな人が!

 

 

 

 

彼は本校の卒業生で野球部に在籍。2003年度卒業で、甲子園出場はなりませんでしたが、秋・春の県大会を制し、夏の大会では決勝戦で敗退したチームの副主将佐藤正裕氏です。佐藤さんは二塁手としてチームを牽引し、大活躍。当時はまだ県で優勝することは奇跡に近い時代。2001年初出場以来2度目を目指す時で、佐藤さんの時代の決勝での敗戦が2004年、2005年の連続出場に繋がり、現在の12連覇に辿り着いているのです。そういう意味で佐藤さんは聖光学院の礎を創った選手の一人なんですね。
母校に「先生」として戻ってきた佐藤さん。本当にありがとうございました!

進学コースは文武共生!

丁寧な授業で基礎力養成!

なんといっても大切なのは普段の授業。様々なレベルの生徒たちに共通して必要なのは「基礎力」です。普通科進学コースではわかりやすく丁寧な授業で基礎力の定着を目指します。

 

ブロードバンドシステムで実践力養成!
進学コース在籍の生徒なら誰でもブロードバンドシステム利用し、予備校レベルの高い授業を好きなだけ無料で受講できます。変わる入試制度にもちろん対応しており、部活動を引退してから受講開始し、プログラムを工夫することによって短期間でのレベルアップも十分可能です。

 

習熟度別クラスで多くの「できた!」を体験!
国語・数学・英語の主要科目では習熟度別クラス制を導入しています。(教科によって実施時期が異なります)。それぞれのレベルに合わせた授業で、「できた!」と言う達成感を大切にし、生徒の「やる気」を引き出します!

 

小論文・面接力養成のために個別担当者を配置!
拡大する推薦入試やAO入試制度。もちろんスポーツ推薦受験にも必ず必要になるのが小論文と面接です。進学コースでは生徒一人ひとりに担当教員を配置し、万全のサポート体制を構築します。

普通科進学コースに在籍する生徒であれば、SS特待生や進学特待生はもちろん、運動部で活動する生徒もそれ以外の生徒もすべてのシステムを利用することができます!また、これらに合わせて先生方が全力でサポートし、一人ひとりの進路実現と言う夢を叶えます。