県北リーグ第12節

2019.7.23.Tue
県北リーグ 第12節
十六沼グランド

3ー0 福島南

『気持ちの強さ‼️』

現在首位のセカンドチーム。
前節、同じセカンドチームの福島東に苦戦。
経験不足は否めない状況でむかえた今節。
厳しいゲームが予想されたが、セットプレーから得点と流れをつかみ、見事勝利。

そして、前節の反省でもある失点についても、ゼロで抑え、しっかりとゲームをしめた。

今節では、3年生の活躍が目立った。前節の課題を克服することはもちろん、しっかりと修正することをできる強い気持ちが評価できる。

残り3試合あるが、県北リーグ制覇に向けて、歩みを止めることなく、進化を目指す❗

本日も多くのサポーターの方々に熱い応援いただいたこと、こころより感謝致します。
ありがとうございました。

ルーキーリーグ順位決定戦

2019.7.21.Sun
東北ルーキーリーグ 順位決定戦
Jヴィレッジ

1ー1 東北

『進化‼️』

順位決定戦に臨んだルーキー。
今季の着地は第11位。(16チーム中)

ゲームは25mのFKから先制点を与える。
後半選手交代により、チャンスを作り出す。
79分に平山選手の気持ちのこもった根性のゴールで同点。(背中)
その後は、名門東北高校を圧倒し何度もチャンスを作った。
しかし、最終的に得点を奪いきれないのが今季のルーキー。

やっと様になってきた。
進化を見せてくれたが、さらに今後の成長を熱く期待する。

本日も遠方にも関わらず、多くの皆様の応援頂きました。
ありがとうございました。

県北リーグ第11節

2019.7.20.Sat
県北リーグ 第11節
本宮高校グランド

2ー1 福島東B

『経験不足‼️』

厳しいゲームを見事勝利。
内容は決してよくはない。
しかし、セットプレーで結果をだせた。
苦しい時間帯を全員で守りきれた。
失点はいらなかったが、勝ち点3はものにできた。

しかし、ゲームの戦いかたや得点差、時間帯でのプレーの判断など、まだまだ経験が足りない。
大差で勝ってきたこともあり、そこが課題であり、身についていない。
選手権を目指す我々にとって、楽なゲームはひとつもない。
今日経験したことやこれからのゲームが選手権につながるといって過言ではない。
進化のために、大事に戦っていきたい。

本日も多くのサポーターの方々に熱い応援いただいたこと、こころより感謝致します。
ありがとうございました。

 

 

 

県北リーグ第5節

2019.7.15.Mon
県北リーグ 第5節
福島明成グランド

1ー0 福島成蹊

『向き合うこと‼️』

前節の敗戦から、今日のゲームをむかえた。
長いリーグ戦を考えれば、いいゲームもあれば、デキの悪いゲームもある。

しかし、前節の敗因は内部にあった。

今日のゲームでは、その我々の弱い部分に向き合い、しっかりと修正し、勝つことができた。
チームに一体感があった。
自分のデキ、不デキではなく、チームのために戦った。
勝ってきたことで、どこかで、生意気になったり、勘違いをしたり、自分よがりになっていた。
今日は全員でこのゲームに臨んだ。
チームのために戦った。
次につながるいいゲームだった。

我がチームのコンセプトは『人間力の向上。』
良いときも悪いときも反省をして、成長につなげていきたい。

今後も、歩みを止めず、進化に挑む❗

本日も多くのサポーターの方々に熱い応援いただいたこと、こころより感謝致します。
ありがとうございました。

県北リーグ 10節

2019.7.13.Sat
県北リーグ 第10節
福島明成グランド

0ー1 福島明成

『初黒星。すべては日常‼️』

F3リーグの連勝が止まった。
負けるべくして負けたと思う。
トレーニングの取り組み、サッカーにかける思い、そして、日常。

明後日、F3リーグがある。
福島成蹊との首位攻防戦。
絶対に負けられない。

いまから、全力でトレーニングをする。

本日も多くのサポーターの方々に熱い応援いただいたこと、こころより感謝致します。
ありがとうございました。

プリンスリーグ東北11節

2019.7.13.Sat
プリンスリーグ東北 第11節
尚志高校グランド

1ー3 尚志セカンド

『実力❗』

エース前川の不在。
ケガで戦線離脱の選手数名。
ケガもちの選手のスタメン起用。

この状況でどう戦うのか?
われわれの実力が試される。
結果は敗け。
そして、相手はセカンド。
まだまだ、実力がない。

ゲームの内容とすれば、もっと攻撃の時間を増やすべく、アグレッシブな守備からボールを奪取したい。
そして、ボールを運び、もっとゴールを向かいたい。
決してすべてが、悪い訳ではなく、いいシーンも作った。
PKを奪うまでの仕掛けはできた。

したがって、勝てる要素は多くあった。それをどんな試合でも出しきれないと上には、あがっていけない。

これから、夏休みに入る。プリンスリーグも中断する。ここからどう成長していくか、楽しみであり、このチームのポテンシャルを考えれば、大きな可能性しかない。

そこに全力で挑む❗

本日もアウェイ戦にも関わらず、多くのサポーターの方々に熱い応援いただいたこと、こころより感謝致します。
引き続き、応援よろしくお願いいたします。

るゆ

東北ルーキーリーグ最終節

2019.7.7.Sun
東北ルーキーリーグ 最終節
山形明正グランド

3ー2 日大山形

『ついに‼️』

ここまで結果の出せないルーキー。
今週は、渡部ヘッドコーチから毎日のように渇を入れられ、熱くトレーニングしてきた。

そして、ついに勝った。

前半お互いに無得点。後半に入る。セットプレーから見事に2得点。
このままゲームが終わるかに思えたが、やはりルーキー。経験が足りない。
あえなく同点とされる。悪夢がよぎった。

またか?

しかし、今日の彼らは違った。チーム全員が勝利を全力で目指した。
ピッチ、ベンチ、応援席がすべて一体となった。
苦しいゲーム展開だった。
終了間際に勝ち越しゴール。
劇的な勝利をもぎ取った。

これからがルーキーチームの真価が問われる。
勝って兜の緒を締めよ❗

本日も遠方にも関わらず、多くの皆様の応援頂きました。
ありがとうございました。

県北リーグ第9節

2019.7.7.Sun
県北リーグ 第9節
福島東グランド

4ー0 橘

『大勝だが・・・❗』

現在首位の聖光セカンド。プリンスリーグ連勝の勢いをそのままに、トップチームへの昇格を目指し、橘との対戦。
前後半ともに2得点ずつを奪い大勝したが、多くの課題を残した。
再三のチャンスを作り上げたが、決定力が不足。もっと得点を奪えたはず。
また、技術的な部分での細かいミスが多い。もっとインテンシティーの上がったプリンスリーグでは、全く戦えないだろう。

連戦連勝ではあるが、我々が目指すのは、選手権。このゲームでの課題を明日からのトレーニングでしっかりと改善していきたい。

もっと熱く取り組んでほしい‼️

本日もプリンスに続いての連戦にも、関わらず、多くのサポーターの方々に熱い応援いただいたこと、こころより感謝致します。
ありがとうございました。

プリンスリーグ東北10節

2019.7.6.Sat
プリンスリーグ東北 第10節
十六沼公園

1ー0 モンテディオ山形

『金星、連勝とこれから‼️』

連勝をかけて、現在、首位のモンテディオ山形との対戦。
相手の分析から、ストロングを消し、ウィークを狙い続けた。
結果的には、リスタートからの得点だったが、ますは前半終了間際に先制。

後半は相手も我々のウィークポイントをついてくるが、しっかりと対応し、見事なゲーム運びで勝利。金星、連勝を成し遂げた。

勝因は?

サッカーの部分も多くあるが、何よりもチームに勝利をめざす一体感があったことが一番である。
そして、前節の勝利で自信を持ってゲームに臨むことができたことが大きい。

このチームには、個の能力が高い選手が多いが、チームとして力を出すことが苦手だった。
個を頼るサッカーになる傾向があった。
しかし、ここに来てチームで、相手を崩しゴールにむかうことやカラダを張って全員で守るということがしっかりとできるようになってきた。
大きな成長である。

次節は中断前のラストゲームになるので、夏休み前の3連勝をめざす❗

本日も多くのサポーターの方々に熱い応援いただいたこと、こころより感謝致します。
次節アウェイ戦もよろしくお願いいたします。

東北ルーキーリーグ 第6節

2019.6.30.Sun
東北ルーキーリーグ 第6節
広野町サッカー場

0ー2 ふたば未来

『闘う‼️』
サッカーというスポーツは、個人競技ではない。全員でやるもの。
試合は勝ちを目指す。
現有戦力を分析し、強みと弱みを抽出し、トレーニングする。
そして、試合においては、その強みを全面に出し、弱みをみせない。
その弱みは、全員でカバーすることである。
サッカーはミスのスポーツとも言われる。
したがって、他選手のミスをカバーする人間性がなければ、チーム、ゲームは成立しない。

『闘う』とは、その人間性をもち、チームの弱みを理解し、カバーすることである。

本日、遠方にも関わらず、多くの皆様の応援頂きました。
ありがとうございました。