SAISON-cup 第2日

2019.8.18.Sun
SAISON-cup 第2日
サニアパーク

⚫予選リーグ(1st)
vs津田沼A
0-3
3-0
vs城南静岡B
1-0
1-2

⚫予選リーグ(2nd)
vs津田沼B
2-0
2-0
vs城南静岡C
4-0
4-0

各チームとも個の強化をメインに行い、ゴールを守れたらボールを奪い、チャンスがあれば背後をつきグループで崩しにいきました。日にちを重ねる事に選手も一生懸命取り組んでいました。(TK)

第22回SAISON-cup 1日目

2019.8.17.Sat
第22回SAISON-cup
菅平高原サニアパーク

0ー8 慶應義塾A
0ー1 八百津A

『修行‼️』
明日は、Aチーム、Bチーム共に2試合ずつありますので頑張らせます。(HH)

 

ヒュンメルカップ 最終日

2019.8.16.FRI
ヒュンメルカップ
山形市球技場

5ー1 新潟産業大附
9ー0 新潟産業大附B
0ー0 塩竃FC

『オフ明け‼️』
3日間のオフが終わり、今日から再スタート。近年、オフ明けにゲームを入れている。理由は、オフにどれだけの準備ができているかを確認するためである。

人間の価値とは学力やスポーツテストの記録だけでは決まらない。
サッカー選手として、いかにいい準備をし続けるか、これは人としても大切な能力だと思う。

今日、ゲームをしてもらったが、コンディションにはばらつきかある。最終的に闘える選手はいい準備をできる。

今日、結果を出せたものは選手権で活躍する。

野球部「2019夏 甲子園日記」10 敗戦

8月12日(月)

2対3。悔しいですね。県大会の決勝戦も、淡々と試合が進んだイメージでした。今日も淡々と試合が進み、あっという間の9イニング。悔しい悔しい敗戦でした。やっと辿り着いた聖地の晴れ舞台。もう少し力を引き出してやりたかった。そう思います。

1年次東北大会後に結成した学年別。この世代は甲子園には行けない…そう感じたほど未熟でした。核になる選手がいない。前世代の矢吹・須田・五味といった大型選手はいない。そして投手力も決して高くない。一体どうなってしまうのか…不安だらけのスタートでした。

しかし、選手はとてもそれを理解していました。だからこそ、このチームが残した最大の教訓、「練習は嘘をつかない」でした。史上最も怠ることなく練習を積んだ世代。それが今年のチームです。

自主練習で選手達はバットを振り続け、ノックを受け続けました。それは我々スタッフが感心するほどに懸命であり、継続されました。だからこそ、今夏の堅守が生まれ、我慢強さを授かったのだと思います。

なかなか得点できない中、冬場から満身創痍の中努力を続けた荒牧樹が、まさかの甲子園で2本塁打。迷いのない素晴らしい一撃でした。

昨年から正選手の小室智希は2安打を放ち、遊撃手の片山敬は甲子園入りしてから足の怪我で別メニューが続きましたが、日々取り組んだ自主練習の守備練習の成果を如何なく発揮しました。

そして何より須藤翔。投手が弱い、と言われ続ける中で不断の努力を重ね、5月の故障を乗り越え、いつも笑顔を絶やさずマウンドを守り続けました。県大会の準決勝・決勝の連続完封は見事。そして今日の甲子園のピッチングもベストピッチと言えるものでした。プレッシャーのかかるマウンドでの無四球ピッチングは本当に素晴らしかった。両サイドを丁寧に突き、緩急で相手打線を打たせてとる。投手はスピードだけではないことを見事に証明してくれました。

13年連続で出ているのに、この程度の野球しかできないのか。2年連続で初戦敗退。甲子園で勝てない聖光学院。そんな声が聞こえてきます。注目度の高い高校野球、結果ですから、言われるのは仕方がない。ご期待に沿えなかったのは本当に申し訳ないと思います。

しかし、過去の先輩たちが残した軌跡と向き合い、苦悩し、チームをつくり上げた清水正義主将を中心とする56期生。その歩みは我々だけが知っている。それだけに力を引き出してやれなかったことは心残りです。

「13年連続初出場」

今日試合前、ある方からこう言われました。毎年変わる選手の中で、結果的に3年生中心のチーム編成となる聖光学院に対する最高の誉め言葉だと受け止めました。そう、13年連続で甲子園に出場してると言っても選手は初出場。様々なご意見があり、称賛があり、ご批判もあろうかと思います。しかし、選手達は努力を重ね、やっと甲子園に辿り着きました。我々は心から選手達を誇りに思い、労いたいと思います。今日の試合ではなく、これまでの君たちの努力、歩みに心からの称賛を送りたいと思います。

明日からまた戦いが始まります。選抜、そして「14年連続初出場」に向けて…

ご声援頂いた数多くの皆様、皆様からまた応援を頂けるよう、新たな歩みを始めていきます。本当に有難うございました。

野球部「2019夏 甲子園」接戦も惜敗。

本日阪神甲子園球場で開催された第101回全国高等学校野球選手権大会2回戦は長崎の海星高校と対戦し、2対3と惜敗となりました。

聖光学院の先発はエース須藤翔君。須藤君は昨年もベンチに入っていましたが、登板はなく今日が初甲子園マウンド。しかし須藤君は動じることなく持ち前のコントロールと緩急を武器に海星打線を封じます。一方海星高校もエース柴田蓮人君の好投によりチャンスを掴むことができません。

試合が動いたのは4回でした。二死から4番打者に二塁打を放たれると、5番打者に初球を三遊間に運ばれて先制点を奪われます。さらに6回にも2番打者にライトスタンドに運ばれて1点を追加されます。

しかし聖光打線は2点を先制された7回裏、先頭打者の荒牧樹君が左中間最深部に飛び込むホームランを放ち1点差に詰め寄り、後半の反撃に期待がかかり、試合は9回の攻防に入ります。

9回表海星打線は失策を足掛かりに1点を追加、結果的にこの1点が非常に重いものになります。9回裏、聖光学院は荒牧君がなんとこの試合2本目となるホームランをバックスクリーン左に叩き込み1点差とし、二死から吉田修也君がヒットを放ってチャンスを作りますが、反撃もここまで。最後は西牧航君がセカンドゴロに打ち取られてゲームセット。エース須藤君の好投虚しく打線に援護がなく2年連続の初戦敗退となりました。

結果は初戦敗退となりましたが、春の敗退から見事にチームを作り直し聖地に立った聖光学院。多くの方々からご声援を頂きましたことに、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

武大フェスティバル最終日

2019.8.12.Mon
国際武道大学フェスティバル 最終日
国際武道大学サッカー場

2ー0 普天間
3ー0 普天間B

『課題修正能力❗』
最終日。疲労困憊。
でも、戦わないといけない。

課題は失点をしないこと。ディフェンスの寄せと対応の仕方。FWへの配球の質と動き出しのタイミング。
ゲームはお互いにカラダが動かず、頑張りが求められる状況。
そのなかでも、課題の克服にトライした。
結果、勝つことができたし、課題もしっかりと修正することができた。
この2019チームのいいところは、最終的にみんなで、できないところを改善することができるところ。要は、課題修正能力が高いこと。

夏休みの強化遠征の最終日に今日までの課題をクリアして、チームの成熟と成長をみせてくれた。
今後のプリンス再開や選手権に弾みをつけてくれた。

夏休みに入り、取り組んだことは多くあるが、そのなかで、自分たちの成長はもちろんだか、選手権をイメージし、現段階との差を埋めることに着手した。
大きな成果を感じさせる内容であったし、残りのプリンスリーグで多くの勝ち点を期待できると確信した強化遠征だった。

これからの試合で全勝をめざし、熱く挑む❗

今回の武大フェスティバルに際し、総監督西園氏、監督高安氏、コーチ中山氏をはじめ、多くの方々にサポートを頂いたこと、厚く感謝申し上げます。
また、保護者の皆様、OB、OB保護者様には、心あたたまる差し入れ等を頂きました。
ありがとうございました。

今後も精進し、支えて下さった皆様と喜びを共に、分かち合えるよう努力して参りたいと思います。
ありがとうございました。

武大フェスティバル第3日

2019.8.11.Sun
国際武道大学フェスティバル
国際武道大学サッカー場

1ー1 普天間
2ー2 那覇
1ー3 国際武道大学

『後の祭り❗』
2試合連続のドロー。
終盤に追い付いてのドローとしては、価値はあるが、失点をしたということに着目したい。
選手権はきびしいゲームである。失点の重さや先制点の重要性はしっかりと認識しないといけない。
引き続き、選手権モードにチームを成熟させていきたい。

あすは、最終日。
全力で挑む❗

野球部「2019 夏甲子園」9 出陣!

8月11日(日)

いよいよ明日になりました。今日は津門公園野球場で最終調整。打撃を中心に練習を締めました。気力充実、状態もいいのではないでしょうか。

そして今日は縁起の良いある人が練習を手伝いに!その人はOBで現在東芝のエースとして活躍する岡野祐一郎君世代の三塁手、ホットコーナーを守った京田世紀君。なぜ縁起が良いかと言えば、2014年西宮神社の「福男」となったからです。門から境内までダッシュして一番で駆け抜けた人を「福男」とする、あれです。明るく元気で「持っている男」の激励に選手達も握手を求め、笑顔で「ツキ」をもらっていました!

さあ、いよいよ出陣です。史上最も練習をした代、派手な力はありませんが「コツコツ」と積み上げて辿り着いた甲子園。全体練習はもちろん、自主練習の取り組みは歴代No.1。本当によくやりました。余すことなく、すべてを出し切って欲しい。格好良くなくていい。泥臭く、直向きに!

野球部「2019夏 甲子園日記」8 エース降臨!

8月10日(土)

試合2日前になった今日、社会人野球パナソニックのグランドをお借りしての練習です。さすが名門社会人の練習場、整備が行き届いており、気持ちよく練習することができました。

今日はシートノックの後、シートバッティング。これだけ実戦練習をとりいれたのは初めてではないかというくらいこだわってやっています。今日はベンチ入り投手も登板し最終調整。特に佐藤楓真がキレのあるボールを投げ込んでいました。野手では控え選手が好調。鋭いスイングから快打を連発していたのは吉田凜玖。監督に起用を考えさせる程のアピールをしてくれているのは嬉しいことです。今日の練習を見て、監督も起用選手の「幅」を感じているようです。

そしてシートバッティングの終盤は練習を手伝いに来てくれた昨年のエース衞藤慎也が登板。140km/hを超える直球にキレのある変化球を投じてくれました。試合を前にトップレベルのボールを体感できたのは大きいですね。

いよいよ迫ってきた大会第7日目第2試合。春以降足元を見つめ直し、地道にチーム作りをしてきた選手たちの集大成を期待しつつ、明日の練習に臨みます!

武大フェスティバル第2日

2019.8.10.Sat
国際武道大学フェスティバル
国際武道大学サッカー場

5ー1 津田学園
2ー1 那覇
3ー1 那覇B
2ー6 国際武道大学

『下克上❗』
8時30分のキックオフ。高校サッカーならでは。
そんな中で、どのようにコンディションをつくるのか?
選手はとても考えさせられるだろう。
これも『人間力の向上』である。

チームはここにきて競争が激しくなってきている。時之栖遠征に参加していない選手が躍動している。要するにBチームの遠征に参加していた選手が大きく成長しているということ。

とても頼もしい。

夏を制するものは、選手権を制する❗
この選手たちが、レギュラー組を脅かし、いずれは下克上、選手権のピッチに立っていることに期待できる。
この躍動感がチーム強くする。