新井校長説教集19 ~使徒ヨハネの人生~

2020年2月14日(金)
朝 の 説 教
- 使徒ヨハネの人生 -
『ヨハネの手紙三』13~15

1 はじめに

今日は手紙の最後の部分です。ヨハネの思いが短い言葉に凝縮されています。手紙ではなく近い内に直接訪問したいこと、受取人のガイオや教会の仲間に平和(平安)があること、主にあって仲良く暮らすように、と書いています。ヨハネは、イエス様の弟子になったばかりはとても怒りっぽく、「雷の子」と呼ばれていましたが、今や「愛の使徒」と呼ばれる程に成長し、変えられています。イスカリオテのユダを除く11人の弟子たちは、皆、苦難と忍耐の生活を送りました。ヨハネもそうでした。しかし、パウロが「わたしたちは知っているのです。苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を産むということを。希望はわたしたちを欺くことがありません」(『ローマ』5:3-5)というように、苦難を忍耐し、最後には希望に満ち満ちた生涯を送りました。日本でも昔から「艱難汝を玉にす」と言います。人生の苦難は出来たら避けたいものですが、愛なる神様は、私たちを訓練するために苦難をお与えになるお方であります。

2 奇跡の人

見えない・聞こえない・話せない、の三重苦を克服したヘレン・ケラーのことを知っていますか?彼女の生涯を描いた戯曲があり、日本語では「奇跡の人」と訳されています。そのためか「奇跡の人」とはヘレン・ケラーのことと誤解されますが、原題は「The Miracle Worker」、直訳すれば「奇跡の働き手」であり、ヘレンを家庭教師として支え続けたアン・サリバン(サリバン先生)のことです。彼女の人生こそ「艱難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を産む」を実証する人生でした。

サリバン先生がアメリカで生まれたのは1866年、日本では江戸時代の末期です。アイルランド系移民の貧しい農家の子として生まれました。貧しさと栄養失調のために3歳の時にトラコーマに罹り失明しました。9歳で母を亡くし、弟も結核で亡くなりました。「これでもか!」という苦難の連続です。失望したアンは一切の食事を摂らずに自殺しようとしました。でも入院した病院で、バーバラ神父やクリスチャンの看護士が毎日聖書を読んでくれたことから、少しずつ心を開くようになりました。アンは14歳で盲学校に入りました。学校に訪ねてきた親切なクリスチャンの新聞記者の助けで目の手術を受け、かなり見えるようになりました。努力家のアンは、パーキンス盲学校の卒業式で、卒業生代表でスピーチを行いました。卒業後、21歳の時に電話を発明したベル氏の紹介で、当時6歳だったヘレン・ケラーの家庭教師を始めました。それ以来70歳で亡くなるまでの49年間、サリバン先生は自分の名誉も地位もかなぐり捨てて、ひたすらヘレン・ケラーをわが子のように、また妹のように愛し続け、涙と祈りの内に育て上げました。サリバン先生はいかなる時にも失望せず、挫折せず、挫けず、三重苦のヘレン・ケラーを「光を掲げる偉大な魂」にしました。このサリバン先生の献身的な努力は、全く世界の驚異でした。奇跡です!でもその背後に、ヨハネが何度も述べてきたこと「言葉や口先だけではなく、行いをもって誠実に愛し合おう」(『ヨハネの手紙一』3:18)の愛の実践があったことを忘れてはなりません。このように神様は、愛の御計画の内に我々に愛の訓練を与えるお方なのであります。

後年、ヘレン・ケラーがテンプル大学から博士号を授与された時、その隣でサリバン先生もまた博士号を授与されたのでした。神様からのご褒美ですね。「善かつ忠なる僕よ、よくやった!」という神様のお声が聞こえるようであります。

今年こそ!春高目指しまずは新人戦県3位!女子バレーボール部

令和元年度福島県高等学校新人体育大会において女子バレーボール部が県3位で再スタートを切りました。昨年は惜しくも県大会の決勝戦で敗れ、今年は悲願の春高バレー出場を目指す女子バレーボール部。

課題あり、手応えありの新人戦だったようで、これからの成長に期待がもてますね! 応援しています! 頑張ってください!

女子バレー部 県北新人優勝!!

12月7日〜9日に行われた「令和元年度福島県高等学校新人体育大会県北地区大会」において優勝することができました。

新チームになって約2週間という短い期間でしたが、苦しい戦いを耐え、戦い抜くことができたと感じます。

決勝戦は橘高校でした。1セット目は自分たちのミスが続き、相手の勢いに飲まれ終始劣勢でセットを落としました。

相手を見過ぎて、自分たちの戦いができなかったのが、敗因です。

2セット目は相手との戦いではなく、自分との戦いだということを思い出し、一人ひとりが自分のやるべきことをしっかりと行うことができ、2セット目は取ることができました。

3セット目もいい流れで進み、セットカウント2ー1で勝利を収めることができました。

先月の春高予選を通して、1・2年生の成長が見えた大会でした。

春高予選のリベンジを果たすべく、また新チームが始動しました!

今後とも応援よろしくお願い致します。

【試合結果】
<予選リーグ戦>
聖光 2−0 福島西
聖光 2−0 保 原
<予選上位リーグ戦>
聖光 2−0 福島南
聖光 2−1 福島成蹊
<決勝リーグ戦>
聖光 2−0 福島東
聖光 2−1 橘

 

男子バレーボール部 3年生祝賀会

11月3日、男子バレーボール部で3年生の進路決定の祝賀会をしました。

3年生は選手2名、マネージャー1名の少人数ではありますが、昨年度チームを支えてきてくれた3人です。

そんな3人も無事にこれからの進路先が決定し、その祝賀会をさせてもらいました。

新メンバーも合わせて3学年揃ったのは初めてで15名みんなで食事会してきました。

3年生、残りの学校生活を謳歌してください。

1・2年生、3年生を超えれるように頑張るぞ!

明日は第3回オープンスクール

明日は第3回オープンスクールです。

中学生のみなさんと会えることを楽しみにしています。

授業体験コースによって受付場所が異なるので、ご注意ください。

また明日は猛暑が予想されます。

特に部活動体験者は、昼食や水分補給の準備を行い、

熱中症対策をしてお越しください。

○受付時間:7時45分〜8時15分

《工業コース・福祉コース》体験者:第1校舎礼拝堂

《進学コース》体験者:第2校舎職員室前

※詳しくはホームページの会場案内図をご覧ください。

○準備物:筆記用具,上履

※部活体験希望者は、運動のできる服装と用具、昼食

生徒会任命式

生徒会任命式を行いました。2学期は競技大会、3年に一度の公開学院祭もあります。スポーツ、文化の秋、生徒会中心となって学校行事を盛り上げていきましょう!

伊達市 ヤングサポーター委嘱認定式

伊達市のヤングサポーター委嘱認定式を行いました。登下校や普段の生活の中で、子供達に目を向け、安心安全な環境作りをする取り組みです。伊達警察署から学校を代表して前生徒会長の角田琉河君(3年情報電子科)が委嘱状を受け取りました。

子供たちから信頼される“温かく心強い”見守り活動をしていきましょう。

9月7日(土)第3回オープンスクール実施

今年度最後となる聖光学院高校オープンスクールが開催されます。

日時:2019年9月7日(土)

日程:授業体験・部活体験

準備物:筆記用具,上履

※部活体験希望者は、運動のできる服装と用具、昼食

授業体験:工業コース,福祉コース,進学コース

部活体験:野球(男),ハンドボール(男),山岳(男女),

柔道(男女),バレーボール(女),剣道(男女),

陸上競技(男女),ラグビー(男),卓球(男女),

ブラスバンド(男女),ハンドベル(男女)

申込締切は、9月3日(火)で中学校を通してお申込ください。

夏休み期間に第1情報室のリニューアルをし、初お披露目となります。

多くの中学生の皆さんとの出会いを、楽しみにしております。

野球部「2019夏 甲子園日記」4 開会式

8月6日(火)

いよいよ大会が開幕しました。13年連続で経験する甲子園の開会式。何度経験しても身震いするほどの感動。聖地に立った選手達。大観衆の温かい拍手に迎えられながら、選手たちは堂々と行進をしてくれました。

開会式後は同じ東北勢の光星学院の開幕ゲームを観戦。選手達は光星の堂々たる試合運びで勝利した姿に大いに刺激を受けた様子でした。

今日はその後休養日。ホテル住まいが続く選手達を温泉施設に連れていき久しぶりのリラックスタイム。体の力を抜き、リフレッシュです。明日からしっかり練習を再開します。

今日になって相手高校の情報も少しずつ入ってきています。相手主戦は緩急を駆使し、コントロールよく打者を打ち取る好投手。そして打線もそれぞれの役割をしっかり果たしていく俊足巧打の打者ばかり。手強い相手のようです。もちろんここは甲子園。弱いチームなどあるわけもなく、気を引き締めて練習と分析に精を出したいと思います!

2019年

テニス部のブログ始まります。昨年はシングルス、ダブルスで30数年ぶりにインターハイ「2018 彩る感動 東海総体」に出場を果たしました。2019年、全国インターハイには出場できませんでしたが、新チームは始動しており9月の県北新人戦に向けて頑張っていきます。ご声援宜しくお願いします。