校長説教集52 ~父ヨセフの苦悩と優しさ~

2021年4月13日(火)

朝 の 説 教
- 父ヨセフの苦悩と優しさ-                  『マタイによる福音書』1章18~25節

 

1 はじめに
今日学ぶ聖書は『マタイによる福音書』1章18節からです。すぐ開(ひら)けるように、1年生は聖書に栞を挟んでおきなさい。大事なところには「傍線を引きなさい」とか「~を書き込みなさい」と言いますので、必ず筆記用具を手元に置いておきなさい。2~3年生もです。また、教会の礼拝では絶対にいことですが、睡眠防止もあり、時には質問しますので、指名された生徒は「ハイ!」と大きく手を挙げ、それから答えなさい。年と共に耳が聞こえにくくなってきました。協力してください。 続きを読む →

新井秀校長説教集51~洗礼とは~

校長

- 洗 礼 と は -

『使徒言行録』19章1~7節

今日与えられた短い聖書箇所に、「洗礼」という言葉が4回も出て来ました。そこで今朝は、私が洗礼を受けた体験を交えながら、洗礼の意味について話します。洗礼とは、人がクリスチャンになることを決心して教会で受ける儀式です。キリスト教の中には無教会やクエーカーなど洗礼をしない教派もあります。 続きを読む →

新井秀校長説教集50~死を覚悟した伝道~

2021年1月28日(木)

朝 の 説 教

- 死を覚悟した伝道 -

『使徒言行録』17章1~9節

今、パウロとシラスはギリシャのテサロニケという町に来ています。フィリピでは、群衆に扇動された高官たちから衣服を剥ぎ取られ、何度も鞭で叩かれて血だらけになり、牢に閉じ込められていました。でも二人の祈りが神様に届き、奇跡的に牢から脱出することができました。 続きを読む →

新井秀校長説教集48〜命がけでイエス様の愛を伝える〜

校長

2021年1月14日(木)

3学期始業 礼拝説教

〜命がけでイエス様の愛を伝える〜

『使徒言行録』14章1~7節

 

年末・年始を終え、3学期が始まります。寮生諸君は久しぶりに帰省したことでしょう。久しぶりの家族との再会、故郷との再会はどうでしたか?コロナの影響で思い切って外出もできず、不自由な日々だったことでしょう。一体いつまで続くのだろうと悩んでしまいますが、出口のないトンネルはありません。 続きを読む →

新井秀校長説教集47<終業礼拝>~行いをもって誠実に愛し合おう~

2020年12月24日(木)

2学期終業 礼拝説教

- 行いをもって誠実に愛し合おう -

『ヨハネの手紙 一』3章18節

2学期終業の日を迎えました。毎日コロナの影響で辛く苦しい日々でした。でも、先生方の丁寧な指導・助言を生徒諸君がしっかり守ってくれたお陰で、一人の罹患者も出すことなく今日を迎えられたことを嬉しく思います。新しい年がどうなるのか楽観できませんが、守るべきことをしっかり守り、正常な学校教育を続けていきたいと思います。 続きを読む →

新井秀校長説教集45~エチオピアの高官への伝道~

2020年11月26日(木)

朝 の 説 教

- エチオピアの高官への伝道 -

『使徒』8章26節~40節

1 はじめに・・・今フィリポはサマリア地方にいます。福音伝道はうまく進んでいました。聖書に「フィリポが神の国とイエス・キリストの名について福音を告げ知らせるのを人々は信じ、男も女も洗礼を受けた」(12節)とある通りです。でもそんな成功の中、神は「ここをたって南に向かい、エルサレムからガザへ下る道に行け」と命じました。 続きを読む →

新井秀校長説教集44~ステファノの逮捕~

校長

2020年11月16日(月)

朝 の 説 教

- ステファノの逮捕 -

『使徒』6章8節~15節

1 あらすじ・・・前回からステファノのことを学んでいます。エルサレム教会では、人数が増えるに従って雑用も増え、イエス様の弟子たちが伝道に専念できなくなってきました。そこで、エルサレム教会に集まる人々の食事の世話をする人が特別に7人選ばれました。その一人がステファノでした。 続きを読む →

新井秀校長説教集43〜使徒たちへの迫害〜

2020年11月12日(木)
朝 の 説 教
- 使徒たちへの迫害 -
『使徒』5章33節~42節

1 あらすじ・・・今日の話は、イエス様が復活なさり、弟子たちに聖霊が豊かに下った後のエルサレムの議会での出来事です。妬みに燃えて弟子たちを牢屋に閉じ込めた筈なのに、天使の助けで牢から脱出し、エルサレムの街中で堂々とイエス様の復活と愛を語っている弟子たちを、再度捕らえ、今度は殺してしまおうという場面です。自分たちの地位や権威が脅かされると知ると、人間は平気で殺人まで犯すのだと考えさせられてしまいます。
続きを読む →