剣道部が全国へまずは地区制覇!

第32回東北高等学校剣道選抜優勝大会にも出場する剣道部が、令和元年度県北高等学校剣道選手権大会に出場し、見事優勝を飾りました。

本大会は全国大会にも繋がる非常に大切な大会。まずは順調な滑り出しといえますね!おめでとうございます!

東北大会出場のサッカー部・柔道部・剣道部に激励金贈呈

11月16日(金)に、学院・同窓会・保護者会より、東北大会出場のサッカー部、柔道部・剣道部に激励金が贈呈されました。

3年生の大会で、野球・剣道・サッカー・女子バレー・ラグビーと5競技で県大会の決勝まで進んだ本校の部活動ですが、その勢いは新人戦になっても衰えません!

東北大会での活躍を期待しています!

サッカー部
第19回東北高等学校新人サッカー選手権大会

剣道部
第32回東北高等学校剣道選抜優勝大会 <男子団体>

柔道部
第42回全国高等学校柔道選手権大会東北地区大会
女子個人 土井 風さん(2年普通科 福祉コース
<男子団体><女子団体>

女子バレーボール部が新人戦で県北大会優勝!

令和元年度福島県高等学校新人体育大会県北地区大会で見事優勝を果たしました。

先日の春高バレー県大会決勝で敗れてから間もない中でのこの優勝は地力がある証拠ですね!部員に聞いても、新チームいい感じです!と手ごたえがあるようです!

来年こそ!念願の春高出場へ向けて好スタートです!

女子バレー部 県北新人優勝!!

12月7日〜9日に行われた「令和元年度福島県高等学校新人体育大会県北地区大会」において優勝することができました。

新チームになって約2週間という短い期間でしたが、苦しい戦いを耐え、戦い抜くことができたと感じます。

決勝戦は橘高校でした。1セット目は自分たちのミスが続き、相手の勢いに飲まれ終始劣勢でセットを落としました。

相手を見過ぎて、自分たちの戦いができなかったのが、敗因です。

2セット目は相手との戦いではなく、自分との戦いだということを思い出し、一人ひとりが自分のやるべきことをしっかりと行うことができ、2セット目は取ることができました。

3セット目もいい流れで進み、セットカウント2ー1で勝利を収めることができました。

先月の春高予選を通して、1・2年生の成長が見えた大会でした。

春高予選のリベンジを果たすべく、また新チームが始動しました!

今後とも応援よろしくお願い致します。

【試合結果】
<予選リーグ戦>
聖光 2−0 福島西
聖光 2−0 保 原
<予選上位リーグ戦>
聖光 2−0 福島南
聖光 2−1 福島成蹊
<決勝リーグ戦>
聖光 2−0 福島東
聖光 2−1 橘

 

柔道部が全国高校柔道選手権県大会で好成績!

12月5日(木)~7日(土)に福島トヨタクラウンアリーナで開催された第42回全国柔道選手権大会の県大会で、柔道部が好成績を挙げました。

団体戦では男女とも第3位。個人戦でも土井風さん(2年普通科福祉コース 信陵中)が第2位、遠藤佳奈さん(2年普通科進学 福島第三中)が第3位となりました。

この結果、来年1月に青森県八戸市体育館で開催される第42回全国高等学校柔道選手権大会東北地区大会に出場が決定し、活躍が期待されます!頑張ってください!

日体大記録会

  1. 11月30日(土)、12月1日(日)に日体大記録会に10名が参加してきました。ほとんどが自己記録を更新し、素晴らしい記録会となりました。また、この冬、力をつけてインターハイシーズンへ繋がる走りをしていきたいと思います。 続きを読む →

男子バレーボール部 冬の戦いに向けて

今週末から新人戦が始まります。

昨年は助っ人を借りての出場であったり、新人戦県大会はインフルエンザ罹患により出場辞退と苦い思い出の新人戦。。。

今年こそは聖光学院男子バレーボール部用意周到で戦い抜きたいと思います!

大会を前に顧問のえみ先生から一足早いクリスマスプレゼントを頂いた選手達。

お揃いのてぶくろで大事な手を温め、いざ大会へ!!

新人戦 決勝

2019.12.1.Sun
新人戦県大会 決勝
いわきグリーンフィールド

0ー3 学石

『完敗!』
全力で闘った。
初優勝をめざしたが、実力が足りなかった。
少ない準備の時間のなかで、選手はよく頑張った。先輩に追い付く、決勝進出。
東北大会のチケットを得た。
ここからがスタートである。
しっかりと地に足をつけ、自分たちにむきあって、成長につなげてほしい。
大きな可能性を感じさせる大会だった。

大会を通じて、多くの方々に熱い応援を頂いてました。皆さんと共に闘うことができたことで、ここまで来ることができたと思いますし、大きく成長できたと思います。
心から感謝申しあげます。

1月下旬には、東北大会があります。
また一体感をもって、一緒に闘いましょう。

ありがとうございました。

新人戦 準決勝

2019.11.30.Sat
新人戦県大会 準決勝
いわきグリーンフィールド

2ー0 福島東

『持ち味❗』
東北大会のかかる一戦。
相手は、前の試合で王者尚志を破り、波に乗る名門、福島東。
今年のヒガシは、『強い』とだれもが口を揃えるタレントの宝庫。
胸を借りるつもりで力強くぶつかった。

でも、その前提は相手のプレー分析から強みを消す守備。
走ること、球際の強さ、連動性。
すべてにおいて、勝った。
その勤勉さが、このチームの持ち味‼️

そして、奪ったボールを勇猛果敢にしかけ、コーナーキックから2得点。
見事、東北大会のチケットを得た。

明日は、4年連続となる決勝。
相手は学石。
頂点を目指し、全力で挑む❗

本日もグランドに足を運んでくれた、多くのサポーターの皆さん、力強いご声援、ありがとうございました。
あすも一緒に闘いましょう❗

新人戦 準々決勝

2019.11.25.Mon
新人戦県大会 準々決勝
いわきグリーンフィールド多目的

2ー0 福島工業

『試合巧者❗』
ロングボールからフィジカルを全面に出した攻撃が特徴の福島工業。
ツートップに強烈な選手を配置。そして、ボランチに展開力がある選手、サイドにはスピードのある選手とテクニカルな選手。
新人戦とは思えないほどのタレントが揃っている。そのような相手にどのように守備をし、ボールをゴールに運んでいくか、我がチームの対応力が試される。
まずは、相手にやりたいことをさせない守備。そして、奪ったボールを同サイドでゴールまでやりきる。そのなかで、ボールを動かせるチャンスが来たら、サイドチェンジ。
見事なまでにハマる。
粘り強い守備からカウンターをしかけて、ゴールを奪い。終始聖光学院のペースで試合を進めることができた。
2020チームは、献身的、勤勉、ひたむきさがある。この強みがいい結果をつながっている。

次戦は、東北大会のキップをかけ、名門福島東と対戦。胸を借りるつもりで力強くぶつかるだけ。熱く挑む❗

本日、平日にも関わらず、グランドに足を運んでくれたサポーターの皆さん、ありがとうございました。