第59回入学式を挙行しました(写真を掲載しています!)

本日(2020年4月9日)、第59回入学式を行いました。新型コロナウィルスの影響が非常に大きく、卒業式に続きこの入学式も規模を縮小し、各クラスに分かれ放送形式で行われました。新入生の皆さん、聖光学院高等学校への入学、誠におめでとうございます。これから始まる3年間の高校生活、スタートは難しい状況下ですが、きっと3年後には明るい光が降り注ぐ卒業式になるはずです!本当におめでとう!

以下、写真を掲載しますが、後日、本日公開できなかったクラス写真などを載せますので、楽しみにしていてください!

続きを読む →

「特別な」卒業式。本当におめでとう!

新型コロナウィルスの拡大、内閣総理大臣からの休校要請という異例の事態が吹き荒れる中、「特別な」卒業式を行いました。各教室において担任から卒業証書を手渡す異例の「卒業式」。しかし、教員が各教室や廊下などに例年にはない装飾を施し、手作り感満載の温かな「卒業式」になったのではないでしょうか。

3年生には本当に申し訳ない。教職員一同、心からそう思っています。卒業生には新しい進路先で、頑張って欲しい。きっと君たちの人生の中で大きな意味を持つ聖光学院での3年間を原点に、素晴らしい人生のスタートを切って欲しいと願っています。

卒業生の皆さん、本当におめでとうございます!

大盛況!だてなものづくりスタジオ開催!

伊達市や福島市の教育委員会などが後援し、本校を会場として行われた「だてなものづくりスタジオ」が、15日(土)に開催されました。20組40名の伊達市や福島市内から親子が集まり、ミニ四駆製作やこけしの絵付け、組子細工、表札づくりなどを行いました。

この企画は、(有)白井木工所・飯坂山根屋・KOIKEDESIGN様のご協力を頂き、本校の機械科教員が運営する地域貢献事業です。

参加頂いた親子は、楽しそうに会話をしながら、そして真剣な表情で親子で協力してそれぞれの作品を製作、完成した時の嬉しそうな表情は輝いていました!

参加されたある保護者は「子供の遊びというとテレビゲームなどが主流になってきている中で、親子でこのように‟モノ‟を作るという機会はなかなかなかった。とてもいい時間を過ごすことができた」と話して頂きました。

参加された皆様、そしてご協力いただいた企業の皆様、本当にありがとうございました!

<どんなことをしたの?>
ROOM 1
「君は小さなメカニックマン! 楽しくミニ四駆を作ろう」
対象:小学3年生~4年生

ROOM 2
「けずる・はかる・ほる! ”手わざ”から学ぶオリジナル表札つくり」
対象:小学3年生~6年生

ROOM 3
「伝統こけし工人から学ぶ、こけし絵付け教室」
対象:小学3年生~6年生

ROOM 4
「福島発見、組子コースター制作を体感して日本の伝統工芸
”組子細工”を体験しよう!」
対象:小学3年生~6年生

今日は3年生の登校日です!

今日は3年生の登校日です!

高校最後の卒業試験を終え、自宅学習期間であった3年生が今日登校しました。

やっぱり3年生は大人っぽいですね。

今日の流れは卒業式の練習からロングホームルーム(LHR)です。LHRでは成績発表がありますね。

卒業式の練習では、式の流れを確認し、歌の練習です。

本校はキリスト教主義の学校ですから、「仰げば尊し」等の定番ソングはなし。その代わりに讃美歌を歌うのですが、讃美歌556番「神の賜物を」は名曲です。毎年、この讃美歌が歌われる時にはすすり泣くシーンが見受けられますから・・・。しっかり練習して、厳かで素晴らしい卒業式にしましょう!


讃美歌を練習する3年生