1年普通科進学進路ガイダンス 「先輩の話を聞いてみよう!」

1年普通科進学コースで進路ガイダンス「先輩の話を聞いてみよう!」を実施しました。講師は本校を卒業後福島大学に進学した赤塚眞穂さん。赤塚さんは在学中普通科進学コースに在籍し勉強をする一方で、剣道部に在籍し全国大会に出場するなど大活躍!

赤塚さんは講演の中で、大学でも剣道部に所属し頑張っていること、その中で大学の勉強は思っていたよりも大変で努力したこと、またボランティアやアルバイトも行ったこと、など先輩の立場から非常に率直に話してくれました。これには1年生も興味津々、さすがに「生の声」は生徒の心に響いたようですね。

赤塚さん、本当にありがとうございました。夢は小学校の教員になることという赤塚さんのご活躍をお祈りいたします!

陸上競技部安田友香さんが県2位で東北大会出場!!

陸上

令和元年度福島県高等学校新人体育大会で陸上競技円盤投げで、1年生ながら第2位に輝いた安田友香さん(1年普通科進学)が第24回東北高等学校新人陸上競技選手権大会に出場します。昨日学院、保護者会、同窓会から激励金の贈呈が行われ、安田さんは「全力で頑張ってきたい」と力強く話してくれました。

東北大会は明日9月27日(金)~29日(日)まで青森市で開催されます。安田さん、頑張ってください!

陸上競技部県北地区大会 駅伝で優勝!

陸上

第65回福島県高等学校体育大会県北地区大会駅伝競走競技で本校陸上競技部中・長距離チームが見事優勝を飾りました。区間賞にも全7区間のうち3区間を聖光学院の選手が受賞するなど、見事な走りでした!おめでとうございます!

区間賞
2区(3km) 佐藤望君(3年機械科 桃陵中) 9分54秒
5区(3km) 小林晴樹君(2年普通科進学 福島第三中) 9分47秒
7区(5km)     吉田光希君(3年電気科 二本松第三中) 16分46秒

剣道部が県北大会で第3位!県大会での巻き返しを誓う!

令和元年度福島県高等学校新人体育大会剣道競技で、剣道部男子が第3位となりました。全国大会出場を目指す本校剣道部にとっては悔しい結果ですが、まだ地区大会。県大会での巻き返しを期待したいですね!個人戦では鈴木太陽君(2年普通科進学コース 北信中)が2位となり、その他菅野竜馬君(2年普通科進学コース 渡利中)、女子では羽田亜由美さん(1年普通科進学 北信中)が県大会出場を決めています。是非とも頑張ってください!

 

2学期始業式

本日2学期の終業式を行いました。

新井秀校長は説教のなかで、3年生には進路実現に向けしっかり頑張ってほしいと話をされ、1,2年生には、「培其根」という言葉を送りました。教育者東井義雄先生の言葉で、しっかりとした根を培う事で、立派な木が育つということ。1,2年生はしっかりとした根を張るよう努力をして欲しいと語りました。

生徒の皆さん、2学期は1年間の学校生活では折り返しであり、進路活動、学校行事など盛り沢山です。1学期の反省を生かし、目標をしっかり持ち頑張りましょう!

陸上部表彰

2学期は各競技、2年生がメインである新人戦が始まります。先駆けて陸上部が新人戦を終え表彰されました。陸上部の皆さん、県大会に向けて頑張ってください!

令和元年度 ジュニアマイスター顕彰(前期)表彰

令和元年度ジュニアマイスター顕彰(前期)表彰されました。ジュニアマイスター顕彰制度とは、工業高校の生徒が、資格・検定の合格を通して身につけた知識・技術・技能を評価するものです。取得した資格や競技会の成績などに点数をつけ、その合計点により 『(社)全国工業高等学校長協会』 が表彰する制度です。

今年は、ゴールド9名、シルバー5名、ブロンズ11名、合計25名の生徒が受賞となりました。資格は技術や知識を証明するだけではなく、進路希望に応じて自分の「やる気」を企業や大学に大きくアピールすることができます。後期表彰(1月)に向け頑張ってほしいと思います。

9月7日(土)第3回オープンスクール実施

今年度最後となる聖光学院高校オープンスクールが開催されます。

日時:2019年9月7日(土)

日程:授業体験・部活体験

準備物:筆記用具,上履

※部活体験希望者は、運動のできる服装と用具、昼食

授業体験:工業コース,福祉コース,進学コース

部活体験:野球(男),ハンドボール(男),山岳(男女),

柔道(男女),バレーボール(女),剣道(男女),

陸上競技(男女),ラグビー(男),卓球(男女),

ブラスバンド(男女),ハンドベル(男女)

申込締切は、9月3日(火)で中学校を通してお申込ください。

夏休み期間に第1情報室のリニューアルをし、初お披露目となります。

多くの中学生の皆さんとの出会いを、楽しみにしております。

野球部「2019夏 甲子園」接戦も惜敗。

本日阪神甲子園球場で開催された第101回全国高等学校野球選手権大会2回戦は長崎の海星高校と対戦し、2対3と惜敗となりました。

聖光学院の先発はエース須藤翔君。須藤君は昨年もベンチに入っていましたが、登板はなく今日が初甲子園マウンド。しかし須藤君は動じることなく持ち前のコントロールと緩急を武器に海星打線を封じます。一方海星高校もエース柴田蓮人君の好投によりチャンスを掴むことができません。

試合が動いたのは4回でした。二死から4番打者に二塁打を放たれると、5番打者に初球を三遊間に運ばれて先制点を奪われます。さらに6回にも2番打者にライトスタンドに運ばれて1点を追加されます。

しかし聖光打線は2点を先制された7回裏、先頭打者の荒牧樹君が左中間最深部に飛び込むホームランを放ち1点差に詰め寄り、後半の反撃に期待がかかり、試合は9回の攻防に入ります。

9回表海星打線は失策を足掛かりに1点を追加、結果的にこの1点が非常に重いものになります。9回裏、聖光学院は荒牧君がなんとこの試合2本目となるホームランをバックスクリーン左に叩き込み1点差とし、二死から吉田修也君がヒットを放ってチャンスを作りますが、反撃もここまで。最後は西牧航君がセカンドゴロに打ち取られてゲームセット。エース須藤君の好投虚しく打線に援護がなく2年連続の初戦敗退となりました。

結果は初戦敗退となりましたが、春の敗退から見事にチームを作り直し聖地に立った聖光学院。多くの方々からご声援を頂きましたことに、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

速報!剣道部インターハイ2019 団体戦

インターハイ剣道競技の団体戦は、残念ながら予選敗退となりました。

剣道部は島根県の大社高校、沖縄県の小禄高校と戦いましたが、1勝1敗で大社高校に及びませんでした。

皆様方のご声援に心より感謝申し上げます。ありがとうございました!